ビューティ

きちんと避妊できているか、心配。でもピルも飲み忘れそうだし……。【こっそり相談。ViVi保健室】

2018.12.01

人には聞きづらい“女子の保健室的なお悩み”について、専門家にしっかり取材をして信頼できるアドバイスをもらおう!という企画『ViVi保健室』! 彼と仲がいいのはとってもいいことだけど、まだ子どもは早いと考えるViVi世代にとって、どう避妊するかは大切なテーマ。マジメに先生に聞いてきました。

今回の相談
Q.彼はコンドームをつけてくれますが、先にちょっとだけ生でってことも……。そのたびに妊娠していないか心配になるんです。私だけで防ぐ方法って何かありませんか?
答えてくれる先生はこの人!
産婦人科医 福山千代子先生 「アヴェニューウィメンズクリニック」院長。月経やPMSといった婦人科的トラブルに関する相談はもちろん、膣やセックスに関する悩みまで医学的にアドバイス。ViVi世代はもちろん、多くの女性と日々向き合っているので、みんながこっそり悩んでいるようなリアルな問題にも詳しく、「日本は性教育の“後進国”。正しい知識を得ることで、もっと女の子は幸せに過ごせるはず!」と力強く語る、ViVi読者にとって“頼れるお姉さん”でもある。
https://www.aw-clinic.com/

A-1:日本人は、セックスや避妊に関する知識レベルが低すぎです!
A-2:コンドームの避妊成功率は約85%です!
A-3:フランスでは避妊のファーストチョイスはミレーナ!

A-1:日本人は、セックスや避妊に関する知識レベルが低すぎです!

“避妊、どうしていますか?”と聞くと“外で出すようにしてます”と答える人がまだまだ多い日本は、性教育に関しては完全に“後進国”。ピルの内服率も低く、普及率はなかなか伸びません。もちろん、国によっては宗教上の問題(中絶は絶対にしてはいけないといった戒律など)があるため、避妊に対する関心度が高い、という場合もあります。

私は六本木で開業しているせいか、ハーフの子やインターナショナルスクールに通っている子、海外留学を経験している子から相談を受けることも多々。付き添いで来るママたちよりも、とてもよく避妊について知っていて、自分に合う避妊法を選び取ることに積極的です。

そのレベルにまで今すぐなるのは難しくても、すべての女の子に、自分のために、ぜひ正しい知識を身につけて欲しいなと思います。

A-2:コンドームの避妊成功率は約85%です!

さすがに子供が欲しいわけでもないのに中出ししている子はいないと思いますが、コンドームの使用で安心している子は多いはず。性行為のはじめからつけるのが理想ですが、現実はそうではないことも多いのでは? 相談にある、最初は“生で”という話もよく聞きます。また、正しく使っているつもりでも、外すときに漏れてしまうといったことは起こりがちです。

こういった一般的な使い方(理想的な使い方ではなく)の避妊成功率は約85%。ということは、約15%が避妊に失敗しているということなんです。

それに対して、内服する低用量ピルによる避妊成功率は99.7%。女性主導で避妊できるのが魅力(性感染症の予防のため、コンドームとの併用が◎)で、とても高い確率で望まない妊娠を防げますが、毎日、忘れずに飲まなくてはいけないのが、ハードルが高いところ。“サプリを飲む習慣が定着しない”“風邪薬をもらっても途中でやめがち”という人にはなかなか難しいかも、というのが現実です。

A-3:フランスでは避妊のファーストチョイスは『ミレーナ』!

毎日、きちんと飲めるというなら低用量ピルもオススメですが、子宮内に避妊具を入れるという方法もあるんです。

そのひとつが子宮内避妊システム(IUS)。代表的なものに『ミレーナ』があります。医師によって装着、除去する必要がありますが、子宮内に一度装着すると最長5年間(ミレーナの場合)は避妊が可能。黄体ホルモンを放出し続けることで、受精卵の着床を防いだり、精子が子宮内に進入するのを妨げる効果があります。また、このミレーナによって経血量が少なくなったり、生理痛が軽くなるというメリットも。避妊率は99.8%を誇ります。
そして、ミレーナは、フランスでは避妊法のファーストチョイス。10代の子でも選んで使っているケースが多いのです。
ただし、出産経験のない人は避妊方法の第一選択にしないように、という注意もあるので、お医者さんと相談してくださいね。

また、皮膚の下に埋め込むタイプの薬も。アメリカでは、一度埋め込んでしまえば、最長3年、避妊効果を発揮するタイプが使用可能。飲み忘れがないので人気があるようです。

この機会に一度、自分にはどの方法が向いているのか、ベストなのか、考えてみるのもオススメです。

先生からのアドバイス
彼任せの避妊に不安がある人はもちろん、自分できちんとコントロールして、より確実に避妊したいという思いがあるなら、ぜひ一度、恥ずかしがらずに婦人科に相談してみて

ビビ子

私はイザという時のためにちゃんと鞄のポーチの中に1コ入れてるわヨ! 3年前くらいに入れたヤツ。

二キビのこと、臭いのこと、生理のこと、Hのこと……見ためとか身体にまつわることって、「人には相談しづらいけど、信用できる答えが知りたい!」ですよね。そこで! ViViがみなさんにかわって信頼のおける医師のかたがたにお悩み相談をして、キチンとしたアドバイスをもらってこよう!というのが『ViVi保健室』なのです。人気クリエイター、Pantovisco(@pantovisco)さんが毎回描くイラストも注目です!

illustration/ Pantovisco