エンタメ

北海道の夏には家族との思い出と、音楽があった【佐藤ノア コネクト#9 】

2019.06.17

“夏の思い出”を聞くと、音楽一家で育ったノアちゃんならではの家族の思い出を話してくれました。そして今年はsuga/es(シュガレス)として、サマソニに初出演! この夏も快進撃が止まらないノアちゃんから、ますます目が離せません!【佐藤ノア コネクト#9 】

前回の記事はこちら

服が大好きだからこそ運命の一着に出会いたい。佐藤ノアのファッション論【佐藤ノア コネクト#8 】

「私たちの出演になんで?って感じの人もいると思う。
その人たちには、まあ見ててよ、って」

ロゴTシャツ¥6500/DEICY ルミネ新宿(DEICY) スイムウェア¥7408/H3Oファッションビュロー(CALZEDONIA) イヤリング¥2800 ヘアゴム/スタイリスト私物

東京には5番目の季節がある

東京に来て3年になるけど、実はまだこれといった夏の思い出がない。

だって東京の夏、北海道に住んでいたらまず体験することのない暑さだから!
湿気すごくてまるでサウナの中にいるみたいだし、気温が体温より高いとかちょっとよくわかんないし。

私にとって東京は四季じゃなくて“五季”というか、今まで知らなかった季節がいきなり入ってきた感じなんだよね。
正直、どこか避暑地みたいなところに逃げたい……(笑)。

家族で観た景色は鮮明に覚えている

それでも北海道時代は、少しはアウトドアっぽいこともしてたんですよ?
あ、とはいっても日焼けしそうな場所は基本的に苦手なので、海は行かないけど(笑)。

北海道石狩市で開催される「RISING SUN ROCK FESTIVAL」には、それこそ幼稚園の頃から毎年家族で行っていました。2日間開催の野外フェスだから、通しで行くと夜はキャンプ泊なの。

とくに印象に残っているアクトは、家族全員大好きな東京スカパラダイスオーケストラとか、KEMURIとか。あとは9mm Parabellum Bulletや、フラワーカンパニーズもかっこよかった!

いつも会場では個別行動で、それぞれ好きなアーティストを自由に観る感じ。
だけど、今でも鮮明に覚えているのは家族みんなで一緒に観たライヴが多いかもしれない。

やっぱり、私にとって夏といえば音楽ですね。

Page 2

サマソニやってやろうぜ

そんな私が今年、suga/esとして「SUMMER SONIC2019」に出演します。なんか、出るんですよ(笑)。

きっとコアな音楽ファンの人達からしたら、私たちくらいのバンドが出るのは「え、なんで?」って感じだと思う。それに対しては、まあ見ててよ、って感じです。

今はちょうどツアー真っ最中だけど毎回ばしばし鍛えられてるし、ツアーが終わってもサマソニまではめっちゃ練習するんじゃないかな。

あと私は次のライブに“染まる”傾向があるから、サマソニに向けてまた自分が変わっていきそうな気がしていて。
どうなるのかは自分でも全然予測がつかないけど、とりあえず「サマソニやってやろうぜ」って気持ち。

だから本番ではきっと何かあるんじゃないかなって思います!

今日のオフショット

『夏』画:佐藤ノア

PROFILE
佐藤ノア(ViVi creator)
Birth:1997年7月9日生まれ
City:北海道出身
2016年にバンド『suga/es(シュガレス)』を結成、同時期からインフルエンサーとしての活動も開始。裏表のないキッパリした発言でも話題に。2月25日に1stフォトブック『白昼夢』が発売されたばかり。

NET ViViで新連載がスタート!
『佐藤ノア コネクト』
これまでの半生から仕事、SNSのコツ、おうち美容……etc。佐藤ノアにまつわるあれこれを、撮り下ろしフォトとともに綴ります。毎週月曜更新!!

佐藤ノア『コネクト』連載一覧 

Text:Noah Sato Photo:Kenji Nakazato Styling:Hitomi Imamura Hair&Make-up:Naya Composition:Megumi Yamazaki ArtDirection:Mayuko Kobayashi