エンタメ

夏ネイルは海や夜空を爪に描く。宇垣美里流・ペディキュアの楽しみ方

2019.07.18

「自分らしく生きる」ということは、かんたんなようで難しい。フリーアナウンサーとなり、次のステップへと歩みはじめた宇垣美里から見えている世界は、もしかしたら私たちとは少しだけ違うのかも。先週に引き続き、今週もコスメやメイクが大好きな宇垣さんにとっての”夏”の景色をお届けします。Q&Aコーナーではもしダイエットするなら?に答えてもらいました。宇垣美里のエッセイ【私から見えている景色】

第一章 夏は敵が多すぎる

(三)

夏ならではの楽しみといえば、ペディキュア。
普段は靴の中でなかなか見せる機会がないけれど、大手を振ってサンダルを履けるこの季節なら、ドヤ顔で道行く人に、いかにおしゃれな爪をしてるかをお伝えできるってもんです。

やっぱり一番好きなのは赤。意外とどんなファッションにも合うし、なにより華やかで気分が上がる。

原色そのままの赤も大好きだけど、少しニュアンスの入ったとろけるような朱色も大好物。溶けかけのろうそくの炎みたいで、うっとりしてしまうんだなあ。
青系もシックで大人っぽく仕上がるのでよくチョイスします。
青は緑が混ざったターコイズや、深い群青にキラキラとゴールドをちりばめて海や夜空を爪に描くのが私流。

Page 2

辛い時、はあとため息混じりに俯けば、視界に入る綺麗に彩られた足の爪。
なんて、おしゃれで可愛いんだろう。
足元に輝く自分の美意識と大好きをぎゅっと詰め込んだ小さな世界にうっとりしちゃう。

こんな可愛い爪してるんだから、背筋をピンと伸ばして前を向いて歩いた方がもっと爪が映えるよなあ、なんて、姿勢まで変えてくれる力があるんです。

これがおしゃれの魔法。私が私を彩る理由。

Page 3

宇垣美里にQ&A

Q. ダイエットをしようと思っているのですが中々はじめられません。宇垣さんがもしダイエットするとしたら何からはじめますか?

爆走します。とにかくジムで走る。食べるのが何よりも幸せなので食事制限とか絶対無理だし、そもそも健康に悪いので、気が済むまで走り続けます。見れてなかったアニメや仕事の音源を流しながらだとあっという間に時間がたつのでそんな苦にならないです。小難しいこと考えないでとにかくカロリーを消費するに限る。

NET ViViでは宇垣さんへの質問を募集中

宇垣 美里(うがき みさと)
兵庫県出身。2019年3月にTBSテレビを退社し、4月からフリーのアナウンサーとして活躍中。無類のコスメ好きとしても有名で、コラムやエッセイなど執筆活動も行っている。

宇垣美里マネージャーアカウント
▶︎@ugakimisato.mg

宇垣美里『私から見えている景色』 連載一覧

【2枚目写真衣装】カーキウールBIGシャツ¥25000/roundabout 【その他衣装】スタイリスト私物
Text:Misato Ugaki Photo:Kota Shouji Styling:Mana Kogiso Hair&Make-up:Sayoko Yoshizaki Composition Mayuko Kobayashi