エンタメ

宇垣美里の至福のひとときは、自分を可愛いがって甘やかしてあげる時間

2019.07.25

「自分らしく生きる」ということは、かんたんなようで難しい。フリーアナウンサーとなり、次のステップへと歩みはじめた宇垣美里から見えている世界は、もしかしたら私たちとは少しだけ違うのかも。先週に引き続き、コスメやメイクが大好きな宇垣さんに、スキンケアに込めた想いを教えていただきました。宇垣美里のエッセイ【私から見えている景色】

第一章 夏は敵が多すぎる

(四)

東京砂漠を戦い抜いて、夜。戦士はその傷を癒やすために丁寧に丁寧にケアをする。
まずはお風呂。心を落ち着かせたい日はラベンダーやローズの香りの入浴剤を、とにかく汗をかきたい日にはバスソルト、泥のように疲れた日はバスオイルでとろっとろに。

身体の中に溜まったやなことが全部溶け出すまで湯船に浸かり続けなければならないの。

お風呂から上がったら、まずは顔にオイルを塗って水分を閉じ込め、即パック。
体全体にボディクリームをくまなく塗って、マッサージで残りのむくみを流し切ってしまえば、すっきり体も軽くなる。
ふう、まずひとつ解放された。

次に、パックを取ったらコットンを使って、化粧水と乳液をこれでもかと肌に叩き込めば、すぐにぷりんぷりんになってくれて、なんて素直なんだろうと感動すらしてしまう。

あなたが大事だよ、いい子いい子って念じながらクリームを肌に滑らすと、日中ついてしまった眉間のシワも、食いしばりすぎて強張ったあごも、だんだん緩んできて、ようやくホッと一息つける。

この時間があるから、私は生き延びてこられたんだと思う。
誰よりも大切な自分のことを甘やかして可愛がって丁寧に扱うことが、何より他の人からも大事にしてもらうために重要なこと。
自分すら大切にできない者を、誰が大事にしてくれるだろう?

おつかれ、今日の私。明日もどうぞ生き抜いて。

Page 2

宇垣美里にQ&A

Q. 好きな食べ物。先に食べますか?後に食べますか?

真っ先に食べます。好きなものが悪くならず誰にもとられずそこにあるだなんて、いつから錯覚するようになってた!? 急にお腹痛くなるかもしれないし、その場から離れなくちゃいけなくなるかもしれないし、シーンによっては空気が悪くなってあんまり味わえなくなるかもしれないし。好きなものをみつけたらさっさと食べちゃった方が何かと安全じゃないですか?

NET ViViでは宇垣さんへの質問を募集中

宇垣 美里(うがき みさと)
兵庫県出身。2019年3月にTBSテレビを退社し、4月からフリーのアナウンサーとして活躍中。無類のコスメ好きとしても有名で、コラムやエッセイなど執筆活動も行っている。

宇垣美里マネージャーアカウント
▶︎@ugakimisato.mg

宇垣美里『私から見えている景色』 連載一覧

※衣装はすべてスタイリスト私物
Text:Misato Ugaki Photo:Kota Shouji Styling:Mana Kogiso(io) Hair&Make-up:Sayoko Yoshizaki(io) Composition Mayuko Kobayashi