エンタメ

水着は自然盛れがポイント。背中から、下から、夏の思い出をおしゃれに撮る方法

2019.07.01

写真をたくさん撮りたい夏のメインイベントといえばビーチ! 「わざとらしい“映え”を撮ろう」っていうよりは、「自然に盛れてる写真撮ろうよ!」くらいの感覚がしっくりくる令和最初の夏。ただし、自然だけど可愛いってコトが相も変わらず一番大事!! そんなあなたへ。ビーチphotoを絶妙に盛れる簡単アイデアをご紹介します。

1.バックスタイルで背中と背中美アピール

バック撮影で背中やヒップを強調♡ ビーチもしっかり見えるし、後ろ向きならなんか恥ずかしくなく大胆に撮れちゃうもんなんです!

【Seika】レースアップで後ろ姿がセクシーな所が一番のポイント♡ バックショットがぴったりな一着。ワンピース水着¥6900/キャセリーニ 【Nicole】メインは背景!と見せかけて、おしりも見てね♡ ハイレグ感が今っぽい。ひょう柄ビキニトップ¥13000、ボトム¥9000/ALEXIA STAM フープピアス(3つセット)¥800/クレアーズ 原宿駅前店

美しい青い空と海の写真はマスト。

後ろ向きなら自然なポージングが誰でも様になる。色っぽい背中も◎。

2.ポラで特別な1枚に

ポラロイド写真はどんな写真も特別な1枚になるし、撮ったポラをさらにスマホなどで撮影してもオシャレ。ポラ加工できるアプリも大人気なんです。

カゴバッグ¥4620/ザラホーム・ジャパン カスタマーサービス シェルチョーカー¥3200/LIL POLGY 1993 サングラス¥2990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店

雰囲気作りには葉っぱやアクセ類を。

Page 2

3.空抜けでオシャレ度UP

下からあおって撮る空抜け写真のHappy感がたまらない! 周りに空を遮るものがないビーチの開放感が伝わる、夏らしい一枚を。

ワンピース水着¥15000/ジーエスエムジャパン(ビラボン) ショーパン¥4500/アダストリア(Heather) ハット¥3694/ザラホーム・ジャパン カスタマーサービス コインネックレス¥5300/Tothe sea

下からあおって撮っている人が多いよ。

ビーチでの空抜けphotoに小細工は不要。

スマホ撮影に慣れてきた今、写真への“おこだわり”が加速中! 盛れるテクで他の人と差をつけよう♡

その他記事もCHECK♥

Photo: Melon(model), Makoto Muto(Still) Styling: Yurika Nakano(LOVABLE) Hair & Make-up: Rei Fukuoka(TRON) Model: Seika Furuhata, Nicole Fujita(ViVi exclusive) Composition: Yumiko Ito, Julie Giesen