エンタメ

正座に太もも浸かりに影は死守。知ってるだけで得する、ビーチ写真の極意

2019.07.17

写真をたくさん撮りたい夏のメインイベントといえばビーチ! 「わざとらしい“映え”を撮ろう」っていうよりは、「自然に盛れてる写真撮ろうよ!」くらいの感覚がしっくりくる令和最初の夏。ただし、自然だけど可愛いってコトが相も変わらず一番大事!! 今回はみんなの憧れのラテ肌ガール、山中美智子さんさんにビーチ写真の極意を大公開♡

山中美智子さん「知らない人から、『あ、テラハ』と呼ばれた日々」インタビュー前編

正座スタイルで海をもっと近くに感じて!

「正座すると水面が近くなるから、海!っていうインパクトのある写真が撮れるし、水面のきれいさも際立つ! 下半身を自然に隠せるのもポイントです。ViViの水着企画の撮影でも正座ポーズ、結構してましたよね! 座ってる方がポージングのバリエも多いし撮りやすい!」

ビーチに似合う、健康的なラテ肌&白い歯を保つ!

セルフタンニングクリーム Bronze body

「健康的なラテ肌にしたいから、肌の色が今日は白いなって思ったらセルフタンニングクリームのBronze bodyを塗ってこんがり肌に。印象が良く見える白い歯を保つために、3年に1回はホワイトニングに行くし、ホームホワイトニングの型も作ってもらってます。」

Page 2

太ももまで海に浸かってスタイルUP!

「一番太い太ももは海で隠しちゃうっていうテク(笑)。ポージングは自然だけどおしりは見せるっていう、割と計算された写真です、実は。」

脚をちょっとだけ浮かせて美脚撮り!

「ビーチに居ると撮りたくなる脚の写真。べたーっと脚を砂浜につけて座ると太ももの肉が横に広がって太く見えるから、少し地面から浮かせて少しでも脚が細く見えるように、少し脚を浮かせて撮ります。」

Page 3

影を効果的に使う!見つけたらとりあえず撮影♡

「影は写真をイイ雰囲気にするのに効果的。ヤシの木の影はthe ビーチ!って感じなので、見つけたらとりあえず撮影します。影がメインで、その中に自分が居るってイメージ。」

右から・Lightroomはシャドウを調整。Snapseedでは粒子を粗くしたり、雰囲気を出しています。Unfoldで写真枠をつけたりして。最後にフィードに並べた時に写真が切れないようInstasizeでリサイズします!

PROFILE
山中美智子さん
インスタフォロワー数74万人という驚異の人気を誇る、ビーチウェアブランド『ALEXIA STAM』デザイナー。ラテ肌でナチュラルにビーチライフを楽しむ写真に、憧れる人多数。

Page 4

この夏映える!ビーチネイルはクリアスカルプ

左上・ラメのスカルプネイルが2000年代のギャルっぽくて新鮮。@mari.lovl 右上・炎モチーフのクリアスカルプ。夏だから炎は涼しげなブルーで。@lovlnail 下・芸術的なクリアスカルプ。とんがった形も2000年代っぽい!@hiro.sucre

その他記事もCHECK♥

ビーチでは色んな手を使って、徹底的に盛っちゃう♡♡

Composition: Yumiko Ito, Julie Giesen