イケメン

セロリが苦手⁉︎プライベートまるわかり⁉︎な、新田真剣佑に12の質問!

2019.01.03

改名のきっかけであり、その年の日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した記念すべき作品『ちはやふる』で大ブレイクを果たした新田真剣佑。監督に今もっとも仕事をしてみたい俳優の一人と言われるまでに飛躍した彼は、その後は日本だけに止まらず海を超えて次々と話題の作品に出演し、今回の映画『十二人の死にたい子どもたち』では密室劇に挑戦。「役を生きる」と芝居に没頭する新田真剣佑の素顔をクローズアップ。プライベートがベールに包まれた新田さんのOFFの姿とは?12の質問から浮かび上がる彼の素顔をお届け。

Q1.休みの日はなにをしていますか?

休みは……ないです。お休み欲しいですね~。もし、まとまった時間をいただいたら、思う存分寝たいなと思います。ストレス発散が睡眠なので。それか、遠くに行きたいですね。海外でもどこでもいいです。

Q2.新田さんにとってのトレードマークは?

目です。とくに褒められたりするわけではないのですが、目力はあるほうかなと。あとは、よくわからないのでみなさんに教えてもらえると嬉しいです。

Q3.今一番楽しいことは?

趣味はあまりないので、今はとにかく芝居が楽しいです。役を生きている時間が一番、全身で生きているなって感じがします。あと寝るときですね。

Q4.長丁場の撮影が続くなかでのリラックス方法は何ですか?

大変なことをあまり考えないようにしています。お風呂にはゆっくり長く浸かって、心身ともにリラックスしていますね。入浴剤にはまったくこだわっていないです。

Page 2

Q5.2019年やってみたい役は何ですか?

狂気的な役とかやってみたいですね。ダークヒーローを演じたいです。いろいろな役を生きるということは、いくつもの人生を歩んでいる感じがするんです。まあ実際には生きられないんですけどね。芝居でしか生きられないです。

Q6.今一番怖いことはなんですか?

セリフを忘れることです。忘れたことは……ありますね。あれは怖いです。セリフは気合で覚えます。自宅のソファで覚えたり、カフェに台本を持ち込んで集中して覚えることが多いです。

Q7.新田さんがまだまだ自分は子どもだな、またはここは大人だなと思うときは?

役者の先輩に悩みを相談したときに、みなさんとっくの昔に乗り越えたことだと気づかされたときは、子どもだなと思います。

Q8.苦手なものは?

セロリです。

Q9.好きなファッションは?

僕たちは衣装を着るので、なるべく目立たない着替えやすい服でいますね。プライベートでもそんな感じです。ご飯も洋服もそんなにこだわりがないんですね、こだわるのは芝居だけです(笑)。

Page 3

Q10.一人と大勢どちらが好きですか?

一人は好きじゃないです。でも、一人焼き肉とか一人カラオケはできますよ。といって大勢もあまり好きじゃないので、2~3人がいい。なので坂東と利久といるぐらいがちょうどいいです。ちなみに、カラオケでは僕はミュージカルが好きなのでミュージカルの曲かDISH//の曲を歌います。匠海の前でも熱唱します!(笑)

Q11.プライベートで友達といるときはどんなポジションですか?

リーダー的な存在ですかね。何かしようと提案してみたり、集合をかけたりは自分がすることが多いです。最近だと映画の共演者とはご飯に行きました。撮影中は1週間ぐらい坂東龍汰と萩原利久がずっと家にいてくれたのでありがたかったです。そのときはずっとセリフ覚えを手伝ってもらいました。

Q12.芝居をしてなかったら何をしてる?

アメリカのポリスか弁護士になっていたかもしれないですね。

PROFILE
新田真剣佑

’96年11月16日生まれ。カリフォルニア州出身。ファースト写真集『UP THE ROAD』が2019年2月1日発売予定。映画『十二人の死にたい子どもたち』は1月25日より公開。

INFORMATION
『十二人の死にたい子どもたち』

「みんなで死ねば怖くない」とその日、12人の未成年が安楽死を求め廃病院の密室に集まった。ところが、密室にあったのは13人目のまだ生あたたかい死体。次々と起こる奇妙な出来事から目が離せない、監督堤幸彦が手がける未体験リアルタイム型・密室ゲームが始まる。1月25日より公開。

Photos:Yuzo Toge Hair&Make-up:Yusuke Kasuya(ADDICT_CASE) Stylist:Masayuki Sakurai(casico) Composition:Nirai Ikeshiro Design:ma-hgra