レンアイ

彼女への愛は底なし。#リア充カップル、長続きの秘訣 を探る!【今どきカップル定点観測】

2019.08.14

SNSで話題のイマドキ憧れカップルは、みんなの憧れ! どうしてそんなに仲良しなの? どうやって撮ってるの? 見ていると幸せになるし真似したい、でもなんだかちょっと笑えるところも……。そんな人気カップルの実態に迫る本連載。インスタやYouTubeだけではわからない、BUZZ COUPLEのリアルをお届けします!

彼はイケメンDJ、彼女はモデル! 誰もが憧れるふたりは、付き合って3年目の今でもラブラブ♡ 気になる馴れ初めから、ずっとラブラブでいられる秘訣、人気者ならではの悩みなどなど、ふたりの本音を探ってきました!

#BUZZ COUPLE
今どきカップルを定点観測!

-COUPLE 14 -
モデル&DJカップル
ジュリ&ケンタの場合。

ちょっぴり人見知りなジュリちゃんを、フォローするように話すケンタくん。ふたりの馴れ初めからも伝わる、ケンタくんの底なしの愛! 例えるなら「生真面目な猫」の彼女に「仕える忠犬」の彼みたいな関係。仲の良さが伝わるふたりの会話から、人気カップル投稿の秘密を紐解いて。

下見ばっちりで挑んだ鎌倉デート。だけど、2回目は流された⁉︎

Q.付き合うまでの経緯は?

[KENTA]
A.みんなで飲んだ帰り道、車通りのない横断歩道の赤信号を、僕とジュリだけが止まって待っていて。お互い「赤信号は絶対に渡らない主義」が一緒なことを知って、(ジュリのことを)気になり始めました。

[KENTA]
4年半くらい前から知り合いで、僕の軽い片思いだったんですけど、だんだん共通の知人が増えて距離が縮まって、思い切って鎌倉デートに誘ったんですよ。下見もばっちりして、完璧にセッティングしたんですけど、次のデートは流されちゃって。

友達に相談したら「軽く誘った方がいいよ」ってアドバイスをもらったんで、タコベルにふたりでランチしに行って、その帰りに「本気だから」って伝えました。それからも、クラブまで車で迎えに行って家まで送ったり、連絡取る口実で一緒に写真を撮ったり、いろいろやりましたね(笑)。最終的に夜、車で送った帰りに家の前で告白しました。

[juri]
私も酔っ払っていたので、その日は帰ってもらって、次の日に会って返事しました。答えは決まってたんですけど、なかなか言い出せなくて、結局お酒の勢いで返事しました(笑)。でも、ママに聞いたら当初から彼のことを「かっこいい」って言ってたみたいです。

View this post on Instagram

#Boyfriend#Wasted#Night#FeriaTokyo 酔っ払うと大体おんぶして貰ってる気がする😂😂

A post shared by جوري (@juri_tokyo) on

View this post on Instagram

😎😎😎 #悪だくみ#悪い顔#新年会 #drink#music#dance

A post shared by Kenta Imai (@_kentaimai_) on

Q.お互いの性格を一言で表すと?

[juri]
A.忠犬(笑)。大人なんだけど最終的には子供っぽい。信頼できる人。

[KENTA]
ピュア。小学生の頃に「やっちゃだめだよ」って言われたことを未だに貫いてる人。あと、こう見えて人付き合いが苦手。

Page 2

彼女の存在を隠すDJが多いけど、僕は公にしたいって思った

Q.カップル投稿に対して、まわりからの反応は?

[juri]
A.当時所属しようと思ってた事務所には、「今後(二人の写真は)あげないで欲しい」って言われました。

[juri]
けど、それってリアルじゃないし自分っぽくないって思って。今はフリーモデルなので自由に投稿しています。

[KENTA]
DJでも彼女がいることを隠す人がいるんですけど、だからこそ僕はアップして「彼女いる」って公にしたいって思ってました。

View this post on Instagram

#BirthdayParty#Boyfriend#Rose#Bouquet Thanks for the bouquet🌹💜💕

A post shared by جوري (@juri_tokyo) on

View this post on Instagram

誕生日おめでとう #girlfriend#happybirthday#happy #smile#beautiful#22

A post shared by Kenta Imai (@_kentaimai_) on

Q.フォロワーからの反響は?

[juri]
A.カップル投稿をはじめてからフォロワーが増えたし、ストーリーズで「何投稿すればいいかな?」って質問すると「ケンタとのラブラブな写真が見たい」っていう意見が多いです。

[KENTA]
僕ひとりの写真とふたりの写真をアップするのだと、いいねの数が300~400くらい違います。

[juri]
あとDMで恋愛相談が増えたのと、男の子のフォロワーも多くて、「ケンタとのラブラブな写真が見たい」ってコメントくれたのも男の子でした。

Q.一番「いいね」が多かった投稿は?

[KENTA]
A.付き合って1年記念の写真。

[KENTA]
アップしたタイミングは記念日とは関係なくて、『坂上忍と〇〇の彼女 』ってバラエティ番組にジュリが出た時にこの写真を出していたので、放送翌日に同じ写真をアップしました。

[juri]
ふたりとも全然顔が盛れてないけど、自然体な感じとバラを持ってるのが良かったのかも。

View this post on Instagram

昨日はジュリが一番可愛かったね🤑 . そしてやっぱり僕は髪短い方が良いぽいですね🤔誠実で清潔感あって。かっこよくて。うん。そーだね確かに . . . . #カップル #坂上忍と〇〇の彼女 #記念日写真 #couple#couplegoals#cutecouple#onlylove #girlfriend#love#loveher#couplephoto

A post shared by Kenta Imai (@_kentaimai_) on

Page 3

自然体なふたりのほうが人気だし、お気に入り。

Q.お気に入りの1枚を教えて!

[juri]
A.はじめて彼が作ってくれた動画投稿。

[KENTA]
付き合って10キロ太ったんで、最近の写真はあんまり盛れてないんですけど、一昨年の夏の写真はふたりっぽくて好きですね。

[juri]
付き合った当初に友達が撮ってくれた、クラブでの1枚。ナチュラルな雰囲気でお気に入りです。

View this post on Instagram

#Me#Boyfriend#わんぱく#Madden#Tokyo made by. @_kentaimai_ 🐶💙 ♬Madden – Alive

A post shared by جوري (@juri_tokyo) on

View this post on Instagram

👸🏽&🦁 . . . #love#girlfriend#snap#couple #beast#beauty#カップル#彼女 #美女と野獣

A post shared by Kenta Imai (@_kentaimai_) on

View this post on Instagram

#Me#Boyfriend#Drunk#Night お気に入りの1枚😋 w/Kenta🦁💖 📸 : Ren Ishimaru

A post shared by جوري (@juri_tokyo) on

Q.写真のこだわりは?

[juri]
A.自撮りでキメキメっていうよりも、友達が撮ってくれた自然な写真のほうが、画質が悪かったとしても反響があります。

[KENTA]
冷たい感じが好きで、昔はVISCOのC1を使ってたんですけど、ジュリが嫌がるので、今はそのままの色であげてます。

[juri]
私は、楽しい雰囲気になるようにVISCOのA6を使ってます。生活リズムが違うので、頻繁には無理だけど、暇な時は同じタイミングで同じ写真をあげることも。

View this post on Instagram

この日はジュリと付き合っえ3年記念!! 死ぬほど喧嘩しますが、それ以外の日はすごく仲良くやってます大好きです笑😂

A post shared by Kenta Imai (@_kentaimai_) on

Q.関係を長続きさせる秘訣は?

[juri]
A.3日に1回くらい喧嘩をしたほうがいい。

[juri]
これはケンタとは違う意見だと思うんですけど、喧嘩するってことはお互い我慢しないで言いたいことを言えてるのかなって。本音で話せないといい関係は続かないと思うので、我慢しないで思ったことを言う。それで、喧嘩して惚れ直すっていうのを続けていくのがいいのかなって思います。

[KENTA]
そういうジュリを受け入れる。やられてもやり返さない精神。あと、なるべく女性目線に立つようにしてます。

Q.もし別れちゃったらカップル投稿はどうする?

[juri]
A.インスタからは消します。でもカメラロールには残すかも。

[KENTA]
消す、……(ちらっとジュリちゃんを見て)いや消さないかな。わからないです。自分ではズバっというくせに、俺に言われるのは嫌なんですよね(笑)。

♡カップルプロフィール

juriさん(24)@juri_tokyo
KENTA IMAIさん(26)@_kentaimai_

♡交際期間
3年

text:Akiko Tomita