エンタメ

長谷川潤が見た目もココロも美しい理由。日常生活で実践している5つのキーワード教えます

2019.08.06

キレイな女性がしていること。それは自分の内側へと目を向けること。自分の本能に耳を傾け「こうしたい、こうありたい」という理想や願望を持つことで、その人のキレイは育てていける。そう、美とは=心の健やかさ。いつも自然体でありながら、その美しさを進化させている長谷川潤ちゃんが実践してきたメソッド、第2弾をご紹介いたします!

▼前回の記事はコチラ

仕事や人生に悩む20代へ。長谷川潤からのメッセージ「騙されたと思って一度やってほしい」

腰に巻いたジャケット¥53000/ステディ スタディ(トムウッド) ボディースーツ/スタイリスト私物

Exercise

体を動かして心も健やかに

ヨガ→バール→ピラティス、そして最近またヨガを再開させたけど、とにかく体を動かすことはフィジカル、メンタル、両方においてバランスを整えてくれる。エクササイズの種類は何でも良くて一番大切なのは、自分が楽しいと思うこと、気持ちいいと感じること。

流行っているから、痩せるから、じゃ続かない。ここもやっぱり自分の体の直感を信じて。私も実際ヨガをキッカケに、考え方が変わって、食生活が変わって、いろんなことが好転していった。運動とはまさに“運”を動かしていくもの。

Eating Healty

食べるもので体のリズムを整える

体と心を健康的に保つにはやっぱり日々、口にする食べものが大きく影響。何も気にせず食べたいものを食べていた10代〜ハタチの頃は、いつも脚がむくんで真っ赤になっていたけ(笑)、ヨガを始めてからは自然と体が気持ちいいと感じるクリーンなものを欲するようになって、疲れにくい体質に。

外食するときは神経質になりたくないから、その分、家でのご飯は野菜を中心としたメニューでオーガニックなものを。海外ロケが続いて体が疲れたときも、家に戻ってきたらまずチャイニーズチキンスープを1週間分作って食べるものでゆっくりと体のリズムを回復。

Transcendental Meditation

1日2回の瞑想で頭の中をシンプルに

ストレスが溜まると人はイライラして感情的になって、結局何をすればいいのかわからない、そんな状況に陥りがち。そして、ついつい心ない言葉で一番身近にいる大切な人を傷つけ、悪循環を招いてしまったり……。ストレスを感じない、というのは無理だからだったら、そのストレスをうまく手放せるようになるしかないと思うの。

毎晩スマホの充電を100%にするのと同じ、心の充電をしてくれる大切な日課として私が続けているのが、トランセンデンタルメディテーションという通称TMとして世界中で広く知られる瞑想法。朝と夕方1日2回、20分ずつ行うんだけど、それをすると頭のザワつきが静まり、思考がシンプルになって、何が一番大切なのか、を教えてくれる。いろんな事との向き合い方を改めて、友達、恋人、家族……一番身近にいる人にこそいつも前向きな言葉をかけたいと思う。

PMS care

女性特有のデトックス期の過ごし方

イライラしたり、感情的になったり、落ち込んだり……、そんな不調が2週間も続くほど、私、PMSが酷くて「これはもう何とかしなきゃ!」と本気で向き合うように。アーユルヴェーダの解釈によると、女性の体にとって重要な働きをする月経は、大事なデトックス期なんだとか。

とにかくその時期は休むことが必要で、ついついせわしなく動いちゃう私も、この時ばかりはキャンドルを焚いて、心地いい音楽を聴いて静かに過ごすことを心がけるようにしたら、ぐっすり眠れて、体もメンタルもだいぶラクに。毎月訪れるその期間をリセットするチャンスと捉えてちゃんと体の声に耳を傾けたい。

5minute Journal

感謝の気持ちを忘れない

誰にでもツラいことや大変な時期があるのは当たり前。それでも何かに感謝できる瞬間って、毎日必ずあってどんな些細なことにでも感謝できる心を持つとかすかな光や希望を見出せる。私自身ネガティブマインドが続いていたとき、とても救われたのが“5ミニッツ ジャーナル”というもの。感謝すること、嬉しかったこと、反省点など質問に従って自分の答えを書き込んでいく日記で、そのお手軽さもおすすめ。「こんな一日にしたい」「道端に咲いていた花に癒された」と、一日のことを5分でも考えたり振り返る作業はポジティブな心を養ういいトレーニングに!

その人の魅力をそのまま映し出す、白タンク+デニム。タンクトップ¥7000/ナゴンスタンス デニムパンツ¥11000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスⓇ)

PROFILE
長谷川潤・15歳の時にハワイ島から来日し、モデル活動をスタート。専属モデルを務めた本誌『ViVi』で爆発的な人気を博し、活躍の場をテレビ、CMへと広げる。ハワイに拠点を戻した現在も数多くの女性誌でカバーを飾り、唯一無二のモデルとして不動の地位を確立。自身のポッドキャストglenwood『HEART TO HEART』も随時更新。Instagram▶▶@liveglenwood
その他記事もCHECK♥

model:Jun Hasegawa photography:Bungo Tsuchiya(TRON) styling:Chiharu Dodo hair&make-up:Mifune(SIGNO) composition:Yuri Sugiyama