イケメン

女性の裸がどうでもよくなった撮影って?山田孝之×玉山鉄二×満島真之介が裏話を語る

2019.08.15

8月8日から配信されているNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』。放送禁止のパイオニア・村西とおるの半生を描いたことだけでなく、山田孝之×満島真之介×玉山鉄二という豪華なタッグも話題。その3名の先輩たちが、ViVi読者にエロスとは何かを語ってくれました!

撮影期間中、女性の裸とかどうでも良くなってました……

撮影中の出来事で、一番印象に残っていることは?

山田さん:ハワイロケ中、共演の柄本時生と後藤剛範で、伊藤沙莉に下着を買ってあげようと、ヴィクトリアズ・シークレットに行ったことです。

玉山さん:女性下着専門店のヴィクトリアズ・シークレットに入っても何も思わないくらい、鈍感になってたってことだよね。

満島さん:分かる。僕も撮影期間中、女性の裸とかどうでも良くなってましたもん!

女性の「ここが分からない」というところってありますか?

玉山さん:よく怒ったときに「私ってこうじゃん⁉なのに何で……」とか主観でくるじゃないですか。あれは「知らないよ!」と思います。

山田さん:あるある!主観じゃなくて客観で自分を見られるようになったら、エロスも増すかもしれませんね。

満島さん:でもそれでいい。分からないところがあるからこそ男女は面白いんですよ!

Page 2

役作りで本人に似すぎてしまい、自分でも気持ちが悪くなった

山田さんは主人公の村西とおる、満島さんと玉山さんはその仲間であるチンピラのトシと、出版社社長の川田を演じています。それぞれキャラの濃い役ですが、どのように役作りをされたのですか?

山田さん:撮影前にある食事会で村西さんご本人とお会いできたんです。そこでずっとご本人を観察していたら、話す相手によってスイッチを切り替える方だな、と感じて。普段から自分を演出しているというか、常に良い映像を撮っている感覚というか。そこを役にも取り入れさせてもらいました。

満島さん:僕が演じたトシは、ただのチンピラといえばそれまでですけど、一方で愛情深くて憎めない男なんです。多分、こういう人って世の中にいっぱいいると思うんですよ。強く生きるために背伸びして、格好も見た目で威圧感を出しているけど、根はとてもいい奴は。だからその両極をどこまで広げられるか。そこがテーマでした。

玉山さん:僕が演じた川田は、村西の作品を製作する出版社の社長です。これは完全に僕の妄想なんですけど、川田は若いときに学生運動とかやっていて、レールから外れて社会からの疎外感を抱いていた。そこに、今までにないものを作ろうとする村西という光が現れ、生きている感覚を取り戻した。だからこの作品は、川田に関してだけ言えば、成長物語でもあるんです。あくまで妄想ですけど、僕自身はそうイメージして川田を演じていました。

満島さん:山田さんは話し方もそっくりだったよね。僕はドラマの打ち上げで初めて村西さんご本人にご挨拶したけど、話しているところを見て「山田さんのモノマネしてる!」と思ったもん。

山田さん:俺も気持ち悪くなった。俺がいるって(笑)。

エロが当たり前になり過ぎてて、本番とリハの区別がつかなくなってた

皆さんとても仲が良さそうですが、撮影中はどんなことを話していたんですか?

満島さん:ほぼ雑談(笑)。

玉山さん:満島君が童謡をアダルトな歌詞に変えてずーっと歌ってたよね。すごいうっとうしかった(笑)。

山田さん:でも止むと、ちょっと欲しがるっていう。みんな、もうエロが当たり前になり過ぎてて、本番とリハの区別がつかなくなってたよね。

満島さん:どんなアドリブを振っても、全員100%返してきてくれるし。

玉山さん:実際、リハだと思ったら本番だったときもあったよね。

満島さん:だからといって本筋から外れていかない。本当にすごい現場で、めちゃくちゃ楽しかった!

山田さん:俺も終わるのが寂しくて。

玉山さん:満島君、「終わっても絶対電話ちょうだいね!」って何度も言ってたよね。

満島さん:本当に、そう思えるチームに出会えたことに痺れます。

山田さん:ポップで笑える作品です。

Page 3

SNSを1日やめてみればエロスが生まれるはず

作中ではエロスという概念が鍵になっていますが、女性のエロスはどこから生まれると思いますか?

満島さん:やっぱり自分を解放することじゃないですか? でも今って、SNSとかでいつでも見られているから、常に背伸びしたり、疑心暗鬼になったりしていますよね。

山田さん:週に1日は投稿しない日を作るといいと思う。それで一人じゃなくて、友達と一緒に過ごす。第三者に見せないとなったら、絶対に行動も、醸し出す空気感も変わると思うから。

玉山さん:俺はブログもTwitterもやってないから人のを見ることもないんだけど、そこを覗いても情報が上がっていない、という女性に対してのほうがエロスを感じると思う。

満島さん:表に出さないとなると、真の自分の欲求と向き合うようになるだろうしね。そういう意味で、自己が解放されるはず。

Page 4

ViVi世代って自分をどこまでさらけ出していいのか、一番悩む時期かも

ViVi世代は自己を解放できず、聞きたいことも我慢して悩んでいる子が多いんです。たとえば「何も言ってくれないけど、私たち本当に付き合っているのかな?」とか……。

玉山さん:男って言葉にして言う奴と言わない奴がいる。だから俺は、行動で感じてほしいと思います。それは、相手がいないときに相手のことをどれだけ思っているか、が見える行動。たとえば「このパン美味しいから彼女に食べさせてあげたいな」と買ってきたとか、「ここ、好きそうだから今度行こうよ」と言ってきたとか。

満島さん:彼女の誕生日とか特別な日だけなら頑張れるんだよね。でも何でもない日に、どれだけ相手のために行動しているか。ドーナツ1つ、タピオカドリンク1杯、買ってくるとかね……。そこ、大事!

山田さん:言葉がたくさんあっても怪しいもんですよ。女の子が言ってほしい言葉を言う奴って、絶対他でも言ってる。

玉山さん:でもViVi世代って、彼氏に自分をどこまでさらけ出していいのか、一番悩む時期かもね。

山田さん:そういう世代こそ、この作品で、自己を解放した恵美を見てほしい。性欲の強い自分は異常なのか、誰のせいでこうなったのか、と悩んでいる女性っていると思うんだけど、恵美を見たら、多感な子は変われるかもしれない。

玉山さん:日本は恥じらいの文化だもんね。でもそういう異常な執着って誰にでもあって、人によってはそれがファッションだったり食だったりする。対象が違うだけで、本質は差がないと思うんだけどなあ。

満島さん:そうです! 自分が自分のままでいられること以上に幸せなことはありません。皆さん、僕たちと一緒に自己を解放しましょう!!

山田孝之さん・シャツ¥120000、パンツ¥58000/YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト プレスルーム)、シューズ¥21000/Dr.Martens(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)玉山鉄二さん・ジャケット¥78000、パンツ¥42000/YUKI HASHIMOTO(ユウキ ハシモト) 満島真之介さん・シャツ¥62000/ISSEY MIYAKE MEN(ISSEY MIYAKE INC.)、パンツ¥34000/08sircus(08book)、ブーツ¥37000/ASICS Walking(アシックスジャパン株式会社)

PROFILE
山田孝之/1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身。代表作に『闇金ウシジマくん』シリーズ、『勇者ヨシヒコ』シリーズ等がある。9/1より主演舞台『ペテン師と詐欺師』の公演がスタート。
満島真之介/1989年5月30日生まれ、沖縄県出身。出演作に映画『キングダム』、NHK大河ドラマ『いだてん』等がある。今秋より配信のNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』に出演。
玉山鉄二/1980年4月7日生まれ、京都府出身。代表作に映画『ハゲタカ』、NHK朝ドラ『マッサン』等がある。10月より主演ドラマ『トップリーグ』(WOWOW)がスタート。
INFORMATION
『全裸監督』
バブル絶頂期の’80年代を駆け抜けた《放送禁止のパイオニア》村西とおるの半生を描いた作品。職も家族も失った村西(山田孝之)はある日トシ(満島真之介)と出会い、一緒にビニ本の販売を始める。さらに出版社社長の川田(玉山鉄二)の協力を得て、無修正のビニ本を製作し大儲けするが、様々な妨害に遭い一転、追われる身に……。8/8(木)よりNet flixにて全世界独占配信スタート。

photo:Ikemitsu Kodai(TRON) Stylist:Kazuhiro Sawataishi,DAN,Yoshio Hakamada(juice&juicy) Hair-make:Toh(Rooster),Masashi Saito, TAKE(3rd) Interview&Text:Naoko Yamamoto