エンタメ

誰にも媚びない。宇垣美里がプラム色のメイクをする理由

2019.09.12

「自分らしく生きる」ということは、かんたんなようで難しい。フリーアナウンサーとなり、次のステップへと歩みはじめた宇垣美里から見えている世界は、もしかしたら私たちとは少しだけ違うのかも。9月のテーマは「ルージュ」。先週に引き続き、コスメやメイクが大好きな宇垣さんがルージュに込める想いについて綴っていただきました。宇垣美里のエッセイ【私から見えている景色】

第三章 『ルージュは語る』

(二)

最近プラム色にはまってる。チークに入れたら一気におしゃれだし、意外と肌になじむ。目じりにスッといつもより長めにアイラインを引いたら流し目がとっても色っぽくて綺麗。

中でも一番取り入れやすいのは、やっぱりリップ。
うるうるなグロスで取り入れたら最高にモードでクール、ちょっぴりマットめな口紅ならこっくり果実みたいで魅惑的。

何よりも男受けガン無視で自分メイクに全振りできている解放感ってたまらない。最高。

顔色悪そう? なんだか怖い? そんなこととやかく言うあなた誰ですか。誰に媚びるわけでもない、私は私のテンションあげるためにメイクしてるのさ。

Page 2

使う前はなんだか難易度が高そうでしり込みしていたけれど、一度はまってからはどんどん数が増えていくばかり。
デパートの化粧品売り場にふらっと立ち寄っても、いつの間にか目はプラム色の口紅ばかりを追っている。

ちょっとはまりすぎだなあ。

青みが強いハッとするような発色のものなら肌まで白く見えてオススメ。
あえてマットな仕上がりのものを選べば大人でセクシーなお姉さんになれる。中身がどんなズボラな少年でもね。

ラメが多くて艶っぽいグロスを使ったら、ヘルシーさはそのままに大笑いしても平気なの。はあ、奥が深い、まだまだ集め足りない。

Page 3

宇垣美里にQ&A

Q. 好きな人ができません。恋愛って生きてく上で大事だと思いますか?(28歳・女性)

別に異性や性愛に限定する必要はなくて、あなたにとって大切な友人や家族や、かけがえのない人がひとりでもいるなら十分だと思います。何かキレイなものを見たり、いいことがあったり、悲しかったり、それを伝えたいって思える人がいるなら、別にそれが異性であったり恋人であったりする必要ないでしょ。もはや人である必要も無いと思います。
もちろん、恋愛はすばらしいものではあるけど、必要不可欠ではないです。

 

NET ViViでは宇垣さんへの質問を募集中

宇垣 美里(うがき みさと)
兵庫県出身。2019年3月にTBSテレビを退社し、4月からフリーのアナウンサーとして活躍中。無類のコスメ好きとしても有名で、コラムやエッセイなど執筆活動も行っている。

宇垣美里マネージャーアカウント
▶︎@ugakimisato.mg

宇垣美里『私から見えている景色』 連載一覧

※衣装は全てスタイリスト私物
Text:Misato Ugaki Photo:Kota Shouji Styling:Mana Kogiso(io) Hair&Make-up:Sayoko Yoshizaki(io) Composition Mayuko Kobayashi