イケメン

清原翔、好きな女性のタイプは“透明感がある人”「いつかは結婚するんですよね、きっと」

2019.09.12

モデル出身ならではの高身長と親しみやすい笑顔がトレードマーク。NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』に出演中の旬な清原翔さんがViViに登場! 「クールに見えるけどじつはおしゃべり」、「こっそり甘党」などなど、今一番知りたい“きよたん”の意外な一面をたっぷりとお見せします♥【きよたん24H 夜編】

▼朝編はコチラから
▼昼編はコチラから

PM10:00

クレジットカードの請求が
2桁いったときに
大人になったなーと感じました

ロンT¥11000/JUHA パンツ¥23000/HEMT PR(bukht) シャツ¥39000/not wonder store(wonderland) シューズ¥31200/STUDIO FABWORK(BLOHM) その他/スタイリスト私物

Page 2

“きよたん”に聞いた
仕事のコト・恋愛のコト

役者には向いていないと思っていました。

モデルという職業はすごく好きなので、仕事があればぜひやらせて頂きたいけど、今後は状況をみて仕事のバランスは変化していくだろうと思います。役者をやり始めた頃、自分でも感じるほどけっこう演技がひどくて。正直自分は(役者には)向いていないだろうなって思っていたし、一度ある作品で心身共にボロボロになったことがあり、そのときはもう役者は辞めようと思うと周囲にこぼしていました。

でも、いろいろありながらも頑張って撮影を終えることができて、モチベーションや考え方が少し変わったんです。そこからちょっと気持ちにゆとりがうまれて、やっと楽しいと思えることが増えた気がする。その時の監督から撮影終了間際にもらった熱い長文LINEはスクショして大切に保存してあります。いつかまたあの監督と一緒に作品をつくりたいですね。演技のなかでも“普通”を演じることが一番演技力が必要だと思うので、いつかヒューマンな役を演じられるようになりたいです。

暖をとっている姿、
熱いコーヒ— を持っている仕草にキュンときます。

今後は、同性にもかっこいいって言われる男になりたい。30歳ぐらいになったら今よりも余裕をもって仕事をしていたいです。実力も役者としてのネームバリューも上がっているのが理想です。あと、周りへの配慮ができる人でいたいと思います。いまはまだ想像はできないのですが、いずれは結婚とかもするんですよね、きっと。

僕は透明感がある人が好きで、ポジティブで一緒にいて楽な方が素敵だと思うのですが、結婚ってどうやって決めるんですかね。誰かと結婚したいと思えるってすごいこと。いつかそういった理屈ぬきで一緒になりたいと思える人に出会いたいです。

今は俳優業がやっと楽しくなってきたところ
PROFILE
清原翔(きよはら しょう)
1993年2月2日生まれ。神奈川県出身。身長185㎝。ファッション誌『MEN’SNON-NO』の専属モデルを務める。2016年からは俳優としても活動中。NHK連続テレビ小説『なつぞら』に柴田照男役で出演中。

Model: Sho Kiyohara Photos: Mariko Kobayashi Hair&Make-up: Katsuyoshi Kojima(TRON) Stylist: Lee Yasuka Composition: Nirai Ikeshiro