ビューティ

肌質って遺伝する?小鼻がザラザラ。美容皮膚科医に聞いた美肌のヒント教えます

2019.10.01

毎月1テーマでお届けしているスキンケア連載の特別編。今回は、監修・髙瀬先生がViVi上でクリニックを開院して、読者の肌悩みをカウンセリングします!

あらゆる美容情報が溢れている今。なのに、そのどれにも当てはまらないお悩み、ViVi世代にはありがちなトラブルだけに今更聞けなかったこと……。ViVigirl4名がドクター髙瀬に本音をぶつけてみました。美肌のヒント、ココにあり!

ViViʼs美肌ドクター

美容皮膚科医 髙瀬聡子先生 この連載の監修を務める、ViViの肌の主治医。明快な肌ケア解説が人気でメディア出演も多数。

日焼け止めを塗っても美白ケアしても焼ける

牧野:私、日焼けしやすくて日焼け止めを塗っても黒くなって。

髙瀬:日焼けしやすいかどうかは、メラニンをどれだけつくる肌タイプかによるので、牧野さんはメラニンをたくさんつくるタイプの肌なのでしょうね。残念ながら肌タイプは変えられないので、ケアでメラニンを過剰につくらせないようにすることが大事。日焼け止めをこまめに塗り直すのはもちろん、抗酸化力の高い食材を積極的に摂ることを心がけて。

牧野:どんな食べものが、抗酸化力が高いんですか?

髙瀬:カラフルな南国フルーツなど、紫外線が強い地域でとれる食材には抗酸化力が高いものが多く、オススメですよ。

牧野:南国フルーツ、絶対食べます!(笑) 美白ケアもしてるのにどんどん焼けちゃうんですよね。特に腕がほんとに黒くて。

髙瀬:焼けやすい人には、塗る日焼け止めにプラスして〝飲む日焼け止め〟もオススメ。普段は実感しにくいかもしれませんが、紫外線が強い場所に行くほど効果が実感できますよ。また、腕が黒いということですが、体は顔よりターンオーバーが遅く肌色が戻りにくいから、顔以上に日焼け対策をしてくださいね。

飲む日焼け止めをあらかじめ飲んでおくのも◎

Recommend Item

UVダメージにカラダの中からアプローチ。ヘリオホワイト 24粒 ¥2400/ロート製薬

母や祖母と肌が似ていて……肌質って遺伝しますか?

牧野:最近、鼻まわりとか、毛穴の開きが気になり始めていて。そのうち肌がたるんで毛穴がもっと大きくなるんじゃないか……って怖いんです。

髙瀬:今から毛穴に対するケアをしておくといいですね。毛穴の中で炎症が起き、コラーゲンやエラスチンが破壊されると毛穴が開いてしまうので、炎症を防ぐケア、例えばビタミンCの美容液やサプリなどを、毎日のケアに取り入れるといいと思います。大事なのは、無理なくちゃんと続けられるケアを取り入れることです。

牧野:私だけじゃなく、母も祖母も鼻まわりがテカテカする肌質なんですが、肌質って遺伝するんですか?

髙瀬:肌質は遺伝によるところが大きいんです。つまり、お母さんやお祖母さんの肌を見れば、将来の自分の肌を想定することができるので、「将来こうなるんだな」と意識しながらスキンケアするといいかもしれませんね。

将来の自分の肌を想定してケアを!

Page 2

小鼻がザラザラ……

内藤:私は小鼻やアゴのザラつきが気になってます。酵素洗顔ってザラつき解消にいいんですか?

髙瀬:酵素洗顔は毛穴づまりを分解してくれるので、ザラつきケアにはとてもいいですよ。毎日使えるものも多く、ケアに取り入れやすいのも魅力ですね。ほかにもスペシャルケアとして、皮脂や不要な角質を吸着するクレイマスクや角質を除去するゴマージュなどを、週1〜2回、ザラつきが気になるところにだけ使うのもオススメ。

内藤:毛穴づまりを取りすぎると毛穴が開いちゃったりしませんか? 洗いすぎはよくないと聞いて……。

髙瀬:ゴシゴシこすったり、洗浄力の強いもので一日何回も洗うのは、毛穴に限らず肌のダメージになるのでNGですが、洗顔そのもので毛穴が開くことは基本的にはないので大丈夫。むしろ、毛穴に皮脂や角質がたまっているとその状態の毛穴の形をコラーゲンが記憶してしまい、毛穴の開きの原因に。皮脂や角質がたまりきってからゴッソリ取るのではなく、酵素洗顔やクレイマスクなどでこまめにつまりを取って、毛穴が締まった状態を保つ=記憶させることが大事です。

内藤:毛穴が開いた状態を記憶しちゃうなんて怖すぎる〜! これからはちゃんとケアします!!

肌は記憶するもの。毛穴のつまりをとって引き締まった状態を覚えさせることが大事! 特に鼻は角質がたまりやすいからこまめに取りましょう。

混合肌なのかな? 鼻だけがカサカサする

渡邊:みんな鼻だけベタつくって言うけど、私の場合はファンデが浮くくらい鼻だけカサカサするんです。なのに頰にはニキビができやすくて。これってどういうことですか?

髙瀬:渡邊さんは、鼻が乾燥して頰がベタつくタイプの混合肌なのかも。混合肌というと、Tゾーンがベタついて頰などはカサつく人が多いですが、肌質は本当に人それぞれなので、渡邊さんのような人も少なくないですよ。

渡邊:どうケアしたらいいですか? ケア迷子で……。

髙瀬:混合肌は2つの肌質が混在しているので、ケアも、ベタつくところは皮脂ケア、カサつくところは保湿というように2通りした方がいいですね。面倒くさく感じるかもしれませんが、年齢を重ねて肌の脂分が減ってくれば皮脂ケアの必要がなくなるので、今だけと思ってがんばって!

渡邊:ニキビやニキビ跡が気になって市販のピーリングソープを全顔に使ってるんですが、それはOKですか?

髙瀬:ソープによるトラブルはまだ出ていないようだけど、乾燥する鼻を避けて使った方が安心かもしれませんね。

8割の人は鼻がテカリやすい。でも2割の人はそうじゃないんです。

Recommend Item

【A】乾いた肌ならしっかり、濡れた肌なら手軽に角質ケアできる2wayクレイマスク。ルミナイジングクレイe 100g ¥4000/イプサ 【B】美容成分たっぷり。クレイソープ 80g ¥2400/ヴァーチェ

Page 3

ニキビが右頰だけにできやすく……

菅澤:私はニキビが悩み。2年前までは頰全体がニキビだらけで。ヨモギ蒸しに通うようになってからだいぶよくなりましたが……。

髙瀬:ヨモギ蒸しで改善されたのなら、ホルモンバランスに原因があったのかもしれませんね。そこに自分で行きついたのはスゴイ!

菅澤:エステのトリートメントとかいろいろ試した中で、ヨモギ蒸しが合ってたみたいです(笑)。でも、今でもなぜか右頰にだけポツンとニキビができるんです。なぜ右頰にだけできちゃうんでしょうか?

髙瀬:手は右利きですよね? そういう左右のクセで右側を洗い残しやすかったり、逆に洗いすぎたりするのが原因かも。なるべく左右差がないように、意識して洗顔や保湿をすることを心がけてみて。

菅澤:結局、ニキビを防ぐには何をするのが一番いいんですか?

髙瀬:ニキビは、古い角質、過剰な皮脂、肌に常在するニキビ菌の3つが揃うことで発生するので、角質ケアや皮脂ケアを取り入れるのがオススメ。ただし、若い世代には角質ケアを過剰にやりすぎたり皮脂を取りすぎたりして敏感肌になる人も多いので、マイルドなものを使う、もしくは気になる部分だけ週1~2回やるなど、アイテム選びや頻度には注意が必要です。また、菅澤さんがヨモギ蒸しで子宮を温めることでニキビが改善したように、スキンケア以外のアプローチも大切。肌は内臓の鏡なので、食べ物、冷え、睡眠などなど、生活習慣を見直すことも忘れないでくださいね。

肌は内臓の鏡! 体調が悪ければニキビはできます。

写真左から、ViVigirl・内藤沙季さん、渡邊りつさん、牧野桃美さん、フリーモデル・ 菅澤麻華さん。写真手前、髙瀬聡子先生

photo:Akiko Mizuno text:Hiroe Miyashita composition:Masami Oguma