イケメン

注目イケメン!仮面ライダージオウ卒業生たちがわちゃわちゃ男子会♡【奥野壮・押田岳・渡邊圭祐】

2019.11.07

大好評の中8月いっぱいで終了した『仮面ライダージオウ』。早くもそのロスを訴える声が続出! とくに、主人公のソウゴ(仮面ライダージオウ)と仲間のゲイツ、ウォズのイケメン3人による掛け合いが見られなくなって寂しい!という嘆きが圧倒的。そこで3人を演じた奥野壮さん、押田岳さん、渡邊圭祐さんが再集結。萌えがすぎる男子会の模様をご覧あれ♡

左・渡邊圭祐 中央・奥野壮 右・押田岳

撮影現場での過ごし方

――撮影の合間は何をして過ごしてしていたんですか?

奥野さん

みんなでチームを組んで携帯ゲームとかやってたよね?

押田さん

あと、アクロバットの練習もしたよね。アクション部の方たちがいたので、一緒に教えてもらって

――アクロバットは誰が一番上手くて、誰が下手?

奥野さん

一番上手いのはガクくんじゃない?

渡邊さん

僕は髪型が崩れてはいけないというプロ意識から、アクロバットはやってないですね

奥野さん

いや、僕らは分かっている。ケイスケさんはできないんだ!

渡邊さん

全宙ぐらいはできるよ! トランポリンがあれば

奥野さん

撮影が終わった後は、トランポリンを使ってよく遊んだりもしたよね

Page 2

――みなさん本当に仲がよさそうですが、普段どんな話をするんですか?

奥野さん

他愛もない話ばかりだよね

渡邊さん

僕はあんまり喋らないから

奥野さん

僕らがアクション起こさないと……

渡邊さん

誰かが話してたら入るけど、僕発信でということはあんまりなかったよね

奥野さん

だいたい僕かガクくんが話してた

押田さん

でも何喋ってたんだろう?

Page 3

――女のコの話とかはしないんですか?

渡邊さん

なかったよね。びっくりするぐらい

押田さん

マジでシモネタとか話さないよね?

渡邊さん

女性=シモネタという発想! これは絶対に書いてくださいね!!

奥野さん

恋愛の話だから(笑)

押田さん

わかってるよ!

渡邊さん

よく話してたのは学生時代のことかな

奥野さん

ケイスケさんの過去の話ってほんと面白い。留学してたときの話とか、よく聞いてたよね

渡邊さん

フィリピンに留学してたときの話ね(笑)。その頃は、今より20センチぐらい髪が短くて。フィリピンって日本から4時間ぐらいなんだけど、着いて学校に行って学生証用の写真を撮ったら、それがもうフィリピンの人にしか見えなくて! 4時間でフィリピンに馴染んだ男って話題になった話とか

奥野さん

そうそう! その頃の写真を見せてもらって爆笑したよね!!

――マジメな話は?

押田さん

面白い映画があったら、「あれ見た?」とか話したりするよね

渡邊さん

そうだね。でも毎日3人一緒の撮影じゃないから、前日現場であった出来事を、いなかった人に話したり

奥野さん

それは多かったね!

渡邊さん

マジメな出来事報告から、下世話な出来事報告まで……(笑)

Page 4

マジメ、クール、王様etc. それぞれの性格を分析!

――それぞれの性格について教えてください。

渡邊さん

ガクはマジメ!

押田さん

マジメっていうのが、一番言いやすいよね

奥野さん

言いやすいから言ってるんじゃないよ! 本当にそうなんだって!

押田さん

もはや言われ過ぎて拒絶反応……

渡邊さん

本人の嗜好的には、マジメよりヒップホップとかそういうカルチャーに惹かれる傾向にあるんだけどね

奥野さん

その言い方、何かダサくない!?(笑)

渡邊さん

どこが!

奥野さん

でもマジメってすごい素敵なことじゃない?

押田さん

なのかなあ……

Page 5

――奥野さんの性格についてはどうですか?

押田さん

基本的に王様気質。いい意味で。「僕はこうやります!」っていうのがしっかりある人だよね。あとは……、何だろう……、ね?

奥野さん

僕の話だけ何も出てこないの、やめて!

渡邊さん

んー、頑固なのかな。こうと思ったら曲げないし、すぐ行動するし

奥野さん

頑固といったらケイスケさんもそうじゃない?

押田さん

けっこうね

奥野さん

というか、みんな頑固よ!(笑)

――渡邊さんの性格は?

奥野さん

ケイスケさんはいろんな面があるよね。クールにしてるときもあれば……、っていうかただ疲れてるだけっていう説もあるけど(笑)

渡邊さん

いや、違う違う! 人って、誰とも関わりたくない瞬間てあるじゃない? それが僕は多いんだよ、多分

奥野さん

バスの中でも、音楽を聞きながら寝てるふりしてたりね。

でもクールでありながらも場を和ませるというか、人とのつながりを持つのが得意な人っていうイメージはある。あとケイスケさんにクールな一面があるからこそ、僕らがハッちゃけ過ぎない。ケイスケさんを見て「あっ、ちょっと冷静にならなきゃ」と思い直すこともあったよね

押田さん

その指標でいてくれたよね

奥野さん

多分、本人はそんな考えてなかっただろうけど(笑)

渡邊さん

いや、めっちゃ考えてるから! 僕、すごく気を遣うタイプなんだよ

押田さん

んふっ、自分で言うなよ

渡邊さん

あと、怒られるのって嫌じゃん。僕はフザけても、怒られないラインでやめるのがポリシー。「怒られるなら勝手に怒られて」って、やりすぎだなって感じたら自分は枠の外に行く

押田さん

だいたい怒られるのは僕とソウだったよね

奥野さん

でも一回、僕とケイスケさんでフザけ過ぎて怒られたことはあったよね?

渡邊さん

あれはお前が一人で怒られたんだよ(笑)。あのときは俺、さっさと引いてたから

奥野さん

引いてた!? 僕を見捨てたってこと!?

押田さん

そういうとき、ケイスケさんて確実に自分のポイント上げにいくよね

渡邊さん

違うよ、僕がポイント上げてんじゃなくて、二人のポイントが下がってるからそう見えるだけだよ!

奥野さん

ずるーい(笑)

Page 6

どんな女の子が合うか、お互いに勝手に予想!

――お互いをよく知る3人ですが、それぞれ好きな女性のタイプってどんな人だと思いますか?

奥野さん

ケイスケさんはすごい料理上手な人が好きそう。「ご飯作って」って言ったら、ほうれん草のおひたしをパパッと作って出してくれるような人

押田さん

でもあれでしょ? 絶対お酒を一緒に飲める女性でしょ。程よいところで酔って、ちゃんとマジメな話もフザけた話もできる女性

渡邊さん

そうですか? どうなんでしょうね(笑)

押田さん

ソウは……

(シーン)

奥野さん

何なの? さっきから、僕の話になると何も出てこないスタンス!

渡邊さん

んー、とりあえず可愛い子がいいでしょ?

押田さん

普通に「女子高生!」みたいな子が好きでしょ?

奥野さん

何その大雑把な……

渡邊さん

外見で言うと、スラッとした背の高い女性が好きそうなイメージを持っている

押田さん

でも甘えるのが上手いから、年上のほうがいいんじゃない?

渡邊さん

年上で、スラッとしてて。で、多分さっき僕に言ってた「和食をパパッと作る女性」っていうの、あれソウの理想だと思う

奥野さん

え、よく分かったね

押田さん

こういうところが王様っぽいんだよね。結局自分のことを言ってるっていう

渡邊さん

わりと母性に溢れる方というか、家事全般をしっかりやってくれる方がソウはいいんじゃないかな

奥野さん

でも別に背が高くてスラッとした人のほうが好きっていうことはないよ。俺がちっちゃいから

渡邊さん

あ、そっか! ごめんね(笑)

奥野さん

ガクくんは、顔まで想像できる。カワイイ子!

渡邊さん

やさしい人……

奥野さん

急にやる気なくした!?(笑)

渡邊さん

いやいや(苦笑)。“尖ったオシャレじゃないオシャレ”な人と付き合ってそう

押田さん

なるほどね

Page 7

――皆さん、それぞれの予想は当たってます?

奥野さん

けっこうケイスケさんが言ってた、「自分の理想じゃん」ていうのは当たってる。だって自分で言ってて、「これ、自分の理想やん」と思ってましたもん

渡邊さん

「一緒にお酒が飲める人」っていうのは、多分僕が前に取材か何かで言った気がするんだよね

押田さん

だからすぐに出てきたんだ!

渡邊さん

でもまさにそうで、一緒にお酒飲んで楽しめる人がいいな

奥野さん

たしかに、一緒に笑ってる姿が想像できるもん

渡邊さん

あとショートカットね

奥野さん

それ、めちゃくちゃ言ってるよね! そうだった、忘れてた!

渡邊さん

それだけは外さないでほしかったね

――けっこう“そういう話”もしてたんじゃないですか。

奥野さん

ケイスケさんのタイプが気になって、一回聞いたことはあったと思う

押田さん

それ、俺にも聞いてきたよ

奥野さん

それはケイスケさんに聞いたときの流れで。でも具体的な恋愛の話はしたことないよね。好きなタイプくらいかな

Page 8

――じゃあ、お互いの好きなタイプはよく分かってる?

押田さん

まあ、そうだね

渡邊さん

ガクは優しい人好きだもんな

奥野さん

カワイイ人が好きだもんな

押田さん

でも、やっぱり家事ができる人がいい

奥野さん

分かる! やっぱそこになるよね

渡邊さん

これって男全員そうなんじゃない?

押田さん

いや、俺やるもん

奥野さん

そうか〜、俺は家事したくない

渡邊さん

結婚まで考えた場合だけど、専業主婦になって家にいるならやってほしいかな

奥野さん

自分が苦手なことを、相手が好きでやってくれる人だったらすごく嬉しくない? 向こうも苦手だったら僕もやるけど、一応。でも理想は全部やってくれる人

押田さん

僕、連携きく感じが理想だな

渡邊さん

ゴミがたまってるのを見たら捨てるとか、早く帰ってきたほうがご飯作るとかが理想ではあるよね

奥野さん

それ超いい!

押田さん

なんか、「今から帰るけどご飯何作るの?」って聞いて、材料は俺が買って、ご飯は作ってもらって、洗いもんは俺がやるとか。それを言わずにできるといいね

渡邊さん

俺、洗いものは二人で一緒にやりたい。向こうが洗って、こっちが流して

奥野さん

それいい! 洗う担当と流す担当ね

渡邊さん

あと「今日早めに帰るけどご飯いる?」ってメッセージ送ったら、「もう作っちゃった」っていうのもやばくない?

奥野さん・押田さん

分かる分かる!!(笑)

Page 9

3人で鍋パーティーをしたことがあります♥

――3人で食事に行くことはありましたか?

押田さん

いろんなペアでの2人ご飯はよく行ってたけど、3人はあまりないよね

奥野さん

僕とケイスケさんが2人で行ったのは1回だけ。お好み焼き食べに行ったよね。ケイスケさん、基本的に断るから

渡邊さん

家大好きだから♥

奥野さん

あと僕が未成年でお酒飲めないから

押田さん

2人が突然僕の家に来たことはあるよね

渡邊さん

発端は、僕がフルーツを買いたいって言ったら、ソウが「僕も欲しい」って付いてきて

奥野さん

寂しがり屋だから付いて行きたくなっちゃって(笑)。行ったらお腹が空いてきて、「鍋する?」みたいになって、唐突にガッくんに電話したんだよね。「今から材料買って行くから待ってて」と

押田さん

僕も暇してたから嬉しかったんだけど、第一声が「暇でしょ?」だったの。ひどいよね……

渡邊さん

言ったの、俺な

奥野さん

そういうとこ、ほんとに良くないよ〜

――撮影が終わって、今はどのくらいの頻度で会っているんですか?

渡邊さん

1年間ずっと顔を合わせていたので、休みの日も何となく何してるか把握できる状態だったんだけど、終わってからは一切分からなくなったから、かえって声かけづらいよね

奥野さん

連絡しようかな~、でも二人とも多分忙しいだろうな〜って

渡邊さん

ソウは実家帰ってたよね?

奥野さん

帰ってた帰ってた。けっこう僕らのSNS、チェックしてる?(笑)

渡邊さん

ちゃんと見てるよ。1年間休みがなかったから、みんな実家に帰ったりいろいろやってるんだろうなって遠慮してる。あと、ずっと一緒にいたから、ちょっともういいかなというのも……(笑)

押田さん

連絡こないってことはそうなんだろうな、とは思ってたよ……

奥野さん

あ、でもこないだ「焼肉いこ」って連絡したよね? スケジュール合わなかったから行けなかったけど

Page 10

――途切れちゃったら寂しいですよね。じゃあ今は焼肉を楽しみに待ってると?

全員

そうですね

渡邊さん

ていうか、明日また会うけどね

奥野さん

朝早いんだよね。いや、早くないか、7時過ぎ集合だし。撮影中はもっと早いのが普通だったから、7時集合とかだと「よっしゃ!」と思ってたけど、終わったら早くも「7時か〜!」ってなってる

――モーニングコールをかけ合うとかどうですか?

渡邊さん

いや、それないでしょ

押田さん

なんかケイスケさんにモーニングコールしたら無駄に怒られそう。「あと5分寝ようと思ってたのに(怒)」とかって本気のトーンで……

奥野さん

理不尽やわ〜!!

渡邊さん

怒んないよ!!

奥野さん・スタイリスト私物 押田さん・カットソー¥8000/ファクトタム ラボ ストア(イチエフ) その他/スタイリスト私物 渡邊さん・パンツ¥17000/ジョンブルカスタマーセンター(ジョンブル) その他/スタイリスト私物

PROFILE
奥野壮(おくの・そう) 2000年8月21日生まれ。大阪府出身。170cm。男劇団 青山表参道Xのメンバー。『奥野 壮ファースト写真集 so far』が発売中。
押田岳(おしだ・がく) 1997年4月9日生まれ。神奈川県出身。175cm。『押田 岳ファースト写真集 岳歩 -がくふ-』が発売中。
渡邊圭祐(わたなべ・けいすけ) 1993年11月21日。宮城県出身。182㎝。
3人が出演している映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』が12月21日(土)公開。

Photos: Koichi Tanoue Styling: Waku Iwakawa Hair&Make-up: MAX(Lila) Model: So Okuno, Gaku Oshida, Keisuke Watanabe Text: Naoko Yamamoto