ビューティ

実は歯を傷つけている!?デンタルクリニックの院長に聞いたNGケア8選

2019.11.03

肌をトーンアップするのが当然な今、肌を白くすればするほど気になってくる歯の色み。あれ?もしかして黄ばんでるかも……と感じたら、歯のホワイトニングを始めてみましょう! クリニックに頼る前にセルフでできる歯の美白ケア法を、まとめてレクチャーします。今回は普段の生活でやりがちな“歯のNGケア”をご紹介。「歯が白くなる」と噂されるケアで、知らぬ間に歯を傷つけているかも……!

NGケア1 食後すぐに歯をみがく

食後の歯は傷つきやすい。歯みがきは30分経ってから!
そんなに待てない時は、水で口をゆすいで着色を防いで。

NGケア2 重曹で歯をみがく

重曹で歯をみがくのはクレンザーでみがくのと同じこと。
歯が傷つくと、そこに汚れや食べ物の色素が残りやすくなり、歯のくすみや黄ばみにつながります。

NGケア3 メラミンスポンジで歯の着色をこすりとる

歯が傷つき、より着色しやすく!
茶渋が落とせるメラミンスポンジを歯に使うのは×。一時的にきれいになっても、歯の表面が傷ついてしまい、より着色しやすい状態に。

Page 2

NGケア4 間食するたび歯をみがく

みがきすぎはダメ。間食事態も歯に悪影響
過剰にみがくのも、歯を傷つけてしまう原因に。また、間食す
るとそのたびに口内が酸性になり、歯がもろくなるリスクも高まります。

NGケア5 マウスウォッシュでこまめに口を洗う

アルコール含有のマウスウォッシュを一日に何度も使うと、口内を乾燥させてしまうことも!
食器と同じで、歯も乾燥すると色や汚れがこびりつきやすくなってしまいます。

NGケア6 毎回、歯の広い面ばかりゴシゴシ強くみがく

基本は歯と歯茎の間を軽いタッチでみがいて!
まず、強くみがくのは×。強くみがかなくても汚れは落ちます。また、汚れは歯の根元に残りやすいので、面より根元をよくみがいて。

Page 3

NGケア7 研磨剤入りのペーストを毎回使う

使い過ぎは×。スペシャルケアと考えて。
美白ペーストには硬い研磨剤入りのものが多いですが、歯を白くしたいからと、それを毎回使うのは避けて。スクラブ洗顔と同じで、やりすぎはダメージのもと。

NGケア8 5分以上じっくりみがく

歯の裏表ともに、1~2本ずつ10~20回小刻みに動かして!
トータル2~3分みがくのが理想。それ以上長くみがくと歯が傷つく可能性が。

Page 4

Q.刺激が少なくて乾かないマウスウォッシュって?

ノンアルコールの低刺激タイプが◎
マウスウォッシュはノンアルコールがおすすめ。口内の乾燥や使用時の刺激を防げる!

右・ミネラル塩などの天然成分で口内を洗浄。おいせさん お浄め口漱塩水 10ml×12包 ¥1800/コスメキッチン 左・ノンアルコールのやさしい使い心地。クリアクリーンデンタルリンス ソフトミント 600ml¥400(編集部調べ)/花王

Q.ステインって何?

歯の表面についた「着色汚れ」のこと
ステインとは、飲食物やタバコなどにより歯の表面についた着色汚れのこと。ステインオフとはそれを除去すること。

良かれと思ってやってることが逆効果になっているかも……今一度ケアを見直してみよう!

合わせて読みたい♥

お金をかけずにホワイトニング!歯磨きを変えて白い歯を手に入れよう

市販のグッズで歯を白く!おうち専用の美白セルフケアグッズ7選

答えてくれた先生はこの人!
PURE WHITE あおばデンタルクリニック 院長 小室千春先生
「歯が白いと清潔感がUPしたり、肌が明るく見えたり、笑顔に自信がついたりと、印象やメンタルにもいい影響が。まずは歯みがきや食事習慣から見直してみて」

ホワイトニングに関する記事はコチラ

illustration:Emi Ozaki photo:Young Ju Kim text&composition:Hiroe Miyashita