ビューティ

真珠みたいな発色で瞳ウルル〜♡TOPSHOPのコスメがますますイイ感じにリニューアル

2019.11.23

インスタグラムで見るあのカワイイ海外コスメ、どう? 美容誌等でひっぱりダコの美容ライター・もりこさんにインスタを賑わしている未上陸コスメを紹介してもらう『インスタKawaiiコスメニュース』!! あっという間にすっかり年末に!って、ついこの間も同じようなことを書いたような……。一年の早さにビビりつつ、今月はお久しぶりなあのブランドのコスメをピックアップ!!

女性誌や美容誌等で活動する、フリーのエディター&ライター。小さな頃からコスメとメイクが好きで、日々優秀なプロダクトをリサーチしている。4月末から私を悩ませていた湿疹が、皮膚科4軒目にして解決(涙)。再びメイクが自由に楽しめるようになって、コスメ愛を噛みしめている今日この頃です。
Instagram:@CAZUCO

Instagram:@topshop

日本撤退した“TOPSHOP”のコスメが新しくなってますます使えすぎる!!

さかのぼること約4年前、2015年の1月末に急遽日本から撤退してしまったTOPSHOP。サイズもアイテムも豊富で、ちょこちょこ覗いていた一人としては、なくなってしまって未だにとっても残念です。

というわけで海外に行ってお店があれば必ずチラ見しに行くんですけど、実はコスメもすっごくいいんです!!! ド派手な色も使いやすい色もそろってて、価格もお手頃。そんなコスメラインが2018年の10月にリニューアルされて、シックなパケに。色もプロダクトも新しくなって、イイ感じに盛り上がってました! 今回は購入してないですが、ベース類やネイル、ハイライト、アイライナーやマスカラ、チークとかももちろんありますよ! ぜひチェックしてみて下さいね~♡

【左】シルキーメタリックな真珠色のアイクレヨン
太めのアイクレヨン、日本でもたくさん売ってますよね~。これを買った一番の理由は、白でもベージュでもない、真珠みたいな発色だったから! 塗り心地はスルスルスル~っと滑らかで、瞳がウルル~っとなるのでインサイドに引いてます。落ちにくいし粘膜に引いても痛くないし、ぼかしやすい! Longwear Eye Crayon REALM $14

【中央】シルキーマットなリップで塗りごこち抜群。色もおしゃ♡
昔から基本的にリップはマット派であれこれ試してきたんですけど、マットといえどその塗り心地や付け心地はさまざま。これはしっかりマットになるけど、しなやかさがあって乾きにくい! かつ、色が見たままに発色してお洒落~♡ 塗るだけで顔にファッション感が出るというか、ま、早い話こなれます。A:アクセになるオレンジレッド。Matte Lipstick TERN、B:コンサバにならないダスティモーヴ。同 BEAT、C:モードなカカオブラウン色。同 DIARY 各$14

【右】まさにサテンな光沢で不思議な陰影が生まれる!
ごく普通の粉状アイシャドウなんですけど、塗り心地がすごく軽くて薄膜に広がって、まさに名前どおりサテンの光を放つんです。色もこれまた普通の茶色に見えつつ、まぶたにのせるとほんのり赤みと黄みを感じる色になって、立体感が! これ在庫ラスイチで、やっぱりこういう色が人気なんだなぁと実感。Satin Eyeshadow WILY $13

Page 2

実は未だに愛用するマットなリップクレヨンが。
あれだけ復活しないかな……

今回リニューアルしたアイテム、すごくよくて好きなんですけど、ちょっと個人的小バナシをば。というのも、リニューアル前にあった“LIP STICK”というリップクレヨンの中に“Cluless”という色名のブライトピンクというか、ネオンがかった鮮やかなピンク色があったんです。それが思いのほかつけるとすごく馴染むというか、とにかくめちゃくちゃ好きで、マジでマジでマジで大好きで未だに大切に使っているんですが……リニューアルしてこの色がなくなっちゃったんですーー(大号泣)。というわけで、海外旅行に行くときは必ず持って行って、似た色を探し続けているほど。もちろん国内でも。

しかし、絶妙微妙に違うんですよどれも。惜しいと思っても違う。ちょっと違えばそれは別の色!!! 同じような色のリップでも次から次へと買っちゃうのって、完全に同じ色なんてないからなんですよねぇ。その差に惹かれる。あ~いつか復活してくれないかなぁ(切望)。

チークが苦手な人もOK!バーツビーズの100%ナチュラルコスメが秀逸すぎる
LAで発見した一歩上行くシンプル至上コスメ!プロがつくったブランドNOTOとは?
どんな肌もキレイに見せる!LA発のハイライター&チークパレットが最高すぎ♡
世界一高発色!海外から取り寄せたい美しさ爆発系コスメ4選
プロのヘアメイクさんが爆買いしちゃう!買って損なしの海外コスメ

Photographs/Takehiro Uochi(TENT) Composition&Text/Kazuko Moriyama
※紹介した商品は、全て私物です