イケメン

撮影の裏話たっぷり♡GENERATIONSのデビュー7周年をViViがお祝い

2019.11.20

デビュー7周年を迎えるGENERATIONS from EXILE TRIBE。片寄涼太さんが表紙のViVi1月号特別版では、スペシャルインタビューを掲載! ホールツアーからアリーナツアー、ドームツアーへと、着々とライブの規模を大きくするとともに、感動も拡大させてきた彼ら。5大ドームツアー真っ最中の今、7年間を振り返ってもらいました。ここでは、彼らの仲の良さがうかがえる撮影中の様子をお届けしちゃいます♡

進化し続けるGENERATIONS from EXILE TRIBEのデビューをViViがお祝い

撮影中の裏話

「おはようございまーす」と元気よく入ってきたのは片寄涼太くん。

「今日も撮影ですけど、(後日行われる)表紙の撮影もあるし、ライブもあるし、まだまだ会えますね」と、取材前から王子発言。かっこよすぎてびっくりしていると「あれ、久しぶりでしたっけ? こないだも会った気がする」と白濱亜嵐くん。このナチュラルな人たらしがGENERATIONSの魅力の一つ。

デビュー7周年お祝いページにしたく、ケーキを用意していたViVi編集部。

GENERATIONSといえば黄色のケーキに、「うわーすごい、何味だろう」と興味津々だったのは小森隼くん。

同じく撮影に使うためのバルーンを渡すと、叩いたり回したりしてふざけあう7人。なんでも遊びに変えてしまうのもまた、彼らが人気の秘訣。

全員インタビューでは、佐野玲於くんが、隣に座る関口メンディーくんの時計を外して自分の腕につけ、取材陣を見てニヤリ。

みんなからのいじり全部に、突っ込んだりあえて受け流したりと忙しいメンディーくん。

中務裕太くんは出会ったときからずっとシャイ。裕太くんにインタビュー内容が合っているかを確認すると「はい。えへへ」と笑う姿が本当に可愛いのです。

デビューしてからこれまでViViが取材してきたのは全部で9回。

過去の掲載ページを見ながら「メンさん、この時期の髪型、綿菓子みたいやん」「亜嵐くん全然変わってなくない?」など、笑える掛け合いが繰り広げられていました。ずっと応援し続けたきたViViだからこそできるアーカイブもViVi1月号ではたっぷり紹介しています。ご期待あれ♡

ちなみに、ViViの撮影後、着替えなきゃいけなかったメンバーたち。メイクルームから「着替えるのやーだー」と駄々っ子の真似をして笑わせていたのは数原龍友くん。そんなお茶目な一面を見せてくれるのもViViだからこそ。ますますViVi1月号に期待大です。

ご購入はこちらから

音楽とグループのために人生を捧げた7人。5大ドームツアー間近のGENERATIONSにインタビュー

【マンガ試し読みつき!】片寄涼太が表紙を飾るViVi1月号増刊!撮影の裏側レポ

最旬のイイ男たちが大集結!ViVi国宝級イケメンランキング【2019年下半期】

Photos:Yuzo Touge Model:GENERATIONS from EXILE TRIBE Hair&Make-up:Takeshi Teramoto(JYUNESU) Styling:Keisuke Yoshida Composition:Yoko Kikuchi