ビューティ

眉アートメイク施術に密着!気になるレビュー盛りだくさん

2019.12.28

最近、ViViスタッフの間でも眉アートメイクをしている人が急増中。とにかく「メイクが時短になりラク!」との声多し。確かに、1分1秒でも無駄にしたくない忙しい朝に、眉メイク時間が削れるのはうれしい!! ただ、「やってみたいけれど、痛いの?」「どんなことをするの?」と不安な人も多いよう。今回、日本で最先端のアートメイク技術を誇る「渋谷の森クリニック」で、進化した眉アートメイクの施術に初体験するOさんに密着! そのプロセスを完全密着でリポート!

眉アートメイクとは?
真皮の上層部に色素を入れた、良くも悪くも1年くらいで脱落していくという画期的なメイク。眉の流行りもある程度対応できる、ふわっとしたアートメイクが主流になっています
――渋谷の森クリニック

みんなの不安をまるっと解決!
・「痛みはある?」
→麻酔で施術中は寝てしまう人もいるほど!
・「ベタっとした太眉にならない?」
→真皮の浅い層に色素を入れるので濃くならない!
・「不自然に思われない?」
→進化した毛流れをデザインする3D施術なのでナチュラル!

Page 2

まずはカウンセリングから

アートメイクは医療行為です。病院と同じように、施術前に問診票と同意書に記入。(※未成年の場合は親の同意書が必要)。ドクターの診察と施術者である看護師のカウンセリングからスタート! 今回の施術者は看護師の山崎瞳さん。

最近、まわりで眉のアートメイクをしている人が多く、みんな「やってよかった!」と絶賛していて、以前から興味があったので楽しみです! 朝、眉を描く時間がなくなったらラクだろうな~って。日中メイク直しするときも、肌とリップを軽く直せても、なかなか眉までは直すタイミングがなく、夕方には眉尻がなくなって、くたびれた顔になっていることもしばしば……。カウンセリングも丁寧にしていただいたので安心して施術にのぞめます(Oさん)

看護師・山崎さん

最近の眉アートメイクはナチュラルさ重視。ベースにアートメイクを入れることにより、メイクで描き足したい人は1回の施術で満足いただけるキレイな眉になります。よりキレイに仕上げていきたい場合は1か月後に2回目の施術をしていただく形になります。まずは1回目の施術後の眉を見て判断していただいてよいかと思います

料金:眉のアートメイク:初回¥70,000~ 2回目以降のメンテナス¥40,000~
(渋谷の森クリニックの場合)

Page 3

施術スタート!

まずは眉のデザインを決める。

眉アートメイクで一番重要なプロセスが、施術者と患者で「眉のデザイン」を共有すること! 妥協してデザインにズレが生じてしまうとトラブルにつながるので、しっかりと時間をかけて納得のいくデザインを見つけていく。

まずは眉の黄金比に沿って実際にメイクするように眉ペンシルで描いてから、さらに相談しながら細かくデザインをすり合わせていく。

いつも眉メイクは眉頭と眉尻を足すくらい。年齢とともに眉毛がまばらになってきている気がしてパウダーでササっと埋めています。今回は、普段のメイクで迷っていた眉頭の下の部分を少しアーチ型にデザインしてもらいました(Oさん)

看護師・山崎さん

もともと眉の骨格に沿って、キレイなメイクをされていたので、そちらを生かしながら微調整させていただきました。みなさんよく迷われる眉山ですが、筋肉の位置で変わってくるのであまり角度をつけずにメイクで足していただくイメージに。眉頭の下の部分も、ストレートではなく、少しアーチに型にしたやわらかい雰囲気がお似合いになるかと思いました。それでも迷う場合は、他の看護師に意見を聞くこともできます

Page 4

【色合わせ】

看護師の山崎さんが、髪の色、メイクの色み、もともとの眉の色み、それらが赤み系か黄み系かなどを見て、全体のバランスを考慮。退色しにくくその人に似合う色をセレクト。3パターンほどの濃淡のサンプルをつくり、相談しながら決めていく。

色が決定したら、眉に麻酔を塗布する前に眉の輪郭をペンでなぞる。

眉アート体験者の知り合いから、もっと色が濃くてもよかったかも! と聞いていたので、真ん中の色に決めました!(Oさん)

看護師・山崎さん

色はご本人のお好みです。その方の体質によって速度は違いますが、色素は少しずつ抜けていきます。1回目の施術後に、もっと色を濃くしてもよかったとおっしゃる方が多いですね。心配性の方は明るめの色をおすすめします

Page 5

【麻酔・色入れ・色素パック】

眉に麻酔を塗布してから、手彫りで眉毛の1本1本毛並みをつけ足すように色素を入れていく。最後に色素パックをして色を浸透させていく。

眉に麻酔を塗布してから、手彫りで眉毛の1本1本毛並みをつけ足すように色素を入れていく。最後に色素パックをして色を浸透させていく。

何も感じないわけではないけど、痛くはない。ジリジリッと音だけは聞こえます。色素を浸透させるときに、ちょっぴりしみるくらいかな(Oさん)

Page 6

【眉頭&眉尻を微調整】

色素を浸透させた後、肌表面を軽くふき取る。最後は眉頭の下の欠けている部分と眉尻を、マシン彫りで色を入れていく。眉のすき間を高速で点状に色素を浸透させていくので、パウダーっぽいふんわりとした仕上がりに!

個人的な感覚ではジェルネイルをオフするときよりも痛くないかも。振動が似ている感じでした(Oさん)

看護師・山崎さん

アートメイクはすり傷と切り傷の中間くらいの傷。施術後の2~3日はヒリヒリし、3日目くらいからかゆみを感じることがあります。

眉を強くゴシゴシこすってしまうと色素が一緒に抜け落ちてしまうこともあるので注意を!

かゆみを感じたら、冷やしたり、朝晩のスキンケア後や、日中に軟膏を眉に塗って常に潤っている状態をキープさせて下さい。

洗顔は術後の当日から可能です。

むしろ感染を起こす可能性もあるので、よく泡立てた泡でやさしく洗って軟膏を落として下さい。メイクを落とすクレンジングの場合は少し洗浄力が強いので、眉に触れないように避けて。

スキンケア時のオイルも、色素を浮かせて排出させてしまう可能性があるので、眉にあたらないように塗布を。いずれも色が定着する1週間を目安に注意して下さい

Before→After

「眉の色が濃くなった」というよりは、「眉毛の量が増えた」という印象の仕上がりに、取材スタッフ一同もびっくり!!

さすが進化した3D技術の賜物! ガタガタだった眉上のラインも、施術でキレイな毛並みができ、整ったおかげで、一気に洗練された印象に。トゥーマッチ感がなく、“元から美人眉”の完成!

色素は少しずつ抜けていきますが、眉の形は残るので、眉パウダーでササっとメイクすれば数秒で終わる!

“施術後は眉表面がじんわり痛みがあるくらい。ちょっとヒリヒリするくらいの感覚で、すぐに目も開けられます。

アートメイク後の眉は、実際にどこをどう足したのか、自分でさえ分からないほど。「私の眉、もともと、こういう眉だったよね」と思ってしまうほど自然な仕上がり。それが本当にすごいと思いました!

眉の色も、今後少しずつ色が抜けていくことを考えると、これくらい濃いほうがいいのかなと。なんだかちょっと大人っぽくなった気がします(Oさん)

看護師・山崎さん

今回はすごくやわらかい毛質の方でしたので、毛並みになじみやすく眉を1本1本描いていく手彫りの3Dと、眉頭と眉尻はマシン彫りでふんわりと仕上げた2Dを組み合わせた4Dで仕上げました。

眉のデザイン共有の段階でも、ご本人のやりたい眉とこちら側のご提案させていただくデザインのすり合わせがスムーズに進んだので、違和感のない仕上がりになったかと思います。

眉は、顔の骨格にあわせることも大事なんですが、実は普段のメイクも重要なのです。メイクや髪の色などを考慮した上で、眉デザインや色をご提案させていただくので、施術当日はメイクをしてきていただくことをおすすめしています。

当クリニックでは最新の4Dをされるかたが多いのですが、2Dでも以前と異なりベタっとせずに、ふんわりとした仕上がりになります。眉毛がしっかり生えているタイプの方は、2Dで眉の輪郭を入れるだけで印象が変わるので、お気軽にご相談ください。

また施術の回数も、当クリニックでは1回の施術で満足される方も多いことから、お値段の設定も1回からとさせていただいております

術後2週間、眉メイクを一切せず
軟膏を塗るだけで生活した結果……

毎日ちゃんと軟膏を塗っていたので、かさぶたもできず、かゆみも痛みもありませんでした。

とにかく自然な仕上がりで、まわりにも眉アートをしていることに気づかれなかったくらい。

なぜかすっぴんでも「顔が白くなった?」と友達に聞かれたりして、眉がはっきりすることで美白効果もあったみたい(笑)。いつも「すっぴん?」て聞かれがちだったので、メイクしてる感が出たことがとても嬉しかったです。

余談ですが、術後、すぐに海外(北京&上海)に行って、いつもと違う水で顔を洗ったりもしたんですが一切問題なし。また薄くなってきたら、必ずメンテナンスするつもりです!(Oさん)

Page 7

Information
渋谷の森クリニック
保険医療のような美容医療”をコンセプトにしたクリニック。アートメイクメディカルセンターを併設し、医療アートメイクに力を入れている。3年連続アートメイク国際大会で最優秀賞を受賞。安全かつデザインセンスのある技術で日本のアートメイクを索引。女優やモデルなど著名人からも信頼が高い。
【住所】東京都渋谷区神宮前6-18-1 クレインズパーク4F
【電話】0120-612-777
【診療時間】10:00~19:00
【休診日】水曜
http://shibuyamori.com/

Photos:Mitsuru Murata Text:Miyuki Nezasa