イケメン

「犬みたい」神木隆之介と中村倫也の関係性に思わずほっこり♡

2019.12.12

昨年、国内の主要ミステリー賞を総なめにした『屍人荘の殺人』が、ついにこの冬、映像化! コミカルな探偵コンビを演じる神木隆之介さんと中村倫也さんにお話を伺いました。

一筋縄でいかないコミカルは役者にとってやりがいがある

ViVi 出演オファーがきたときの気持ちは?
神木 こんな1位だらけの作品を演じるなんてプレッシャーだな、でしたね。
中村 そうなの? 僕は「中村さんの役は変わり者の探偵です」と言われてまず楽しみで、さらにリュウ(神木さん)と浜辺さま(浜辺美波さん)とのトリオと聞いて、ますます楽しみになったよ。

ViVi どのような役作りをしたんですか?
神木 僕が演じる葉村譲は、正直あまり特徴のない男子なんです。だから埋もれないよう、葉村は普通で周囲の人が変わっている、というバランスを取ろうと気をつけましたね。
中村 明智は、小物でダサくてズレているんだけど、たまにオシャレでカッコよく見えます。感情の折れ線グラフが激しいヤツだけど、一貫して信頼できるヤツではある。そう思って演じました。
神木 僕が想像した明智より暴れん坊でした。
中村 んふっ。横にリュウがいたからこそ、好き勝手に演じることができたんだよ。

Page 2

ViVi 二度目の共演で気心知れているかと思いますが、撮影中はどんなふうに過ごしていたんですか?
神木 3年ぶりぐらいでしたけど、「おっ」みたいな感じでスッときてくれて。トモくんはブランクを感じさせない魔術師ですね。
中村 だって会うなり「トモくん!」て駆け寄ってきてくれて。フリスビーをくわえて戻ってきた犬みたいで、そりゃ「おう」となるよね(笑)。
神木 でも撮影中は普通だったよね。話さないときは話さないし。
中村 話してもゲームか漫画の話か……。
神木 トモくんに水筒を買ってもらったことはあったよね。トモくんが持ってきたスープを飲ませてもらったら温かくて感動して、「どこで買ったんですか⁉」と聞いたら、「頼んどいてやるよ」ってお金も払ってくれた。さすが兄さん!
中村 お前、その後2回くらい、俺の服を「これいいっすね♪」と言ってきたよな。絶対、水筒で味しめただろ。
神木 違いますよ! 僕、服のセンスが絶望的にないから。親からも本気で言われるほど……。
中村 お前の人生に何があったんだ?
神木 でも最近、アースカラーというヒントを得て。僕、キャンプによく行くんですけど、土の色って自然の色だから何にでも合うんですよ。
中村 もう、レベル高過ぎて誰も評価できないものを着ればいいんじゃない? 甚平とか。
神木 寒いし!

【左・中村さん】全てスタイリスト私物 【右・神木さん】ブルゾン¥60000、 バギーパンツ¥35000(kazuyukikumagai)、タートルネックカットソー¥20000(UHA)/STUDIO FABWORK

PROFILE
神木隆之介
1993年5月19日生まれ。埼玉県出身。『桐島、部活やめるってよ』『3月のライオン』、『君の名は。』(声の出演)など代表作は数えきれないほど。1月より出演映画『ラストレター』が公開予定。中村倫也 1986年12月24日生まれ。東京都出身。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)、『初めて恋をした日に読む話』(TBS)、『凪のお暇』(TBS)など代表作多数。来年は出演映画『影裏』、主演映画『水曜日が消えた』などが公開予定。
INFORMATION
映画 『屍人荘の殺人』
原作は、奇想と本格ミステリーの融合で大ヒットした『屍人荘の殺人』。大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は、謎の美少女・剣崎比留子(浜辺美波)に誘われロックフェス研究会の合宿に参加する。その合宿では昨年、女子大生が一人、行方不明となっていた……。12/13より全国公開。
©2019『屍人荘の殺人』製作委員会

撮影/tAiki スタイリスト/百瀬豪(神木さん分)、小林新(UM・中村さん分) ヘアメイク/MIZUHO(vitamins・神木さん分)、Emiy(中村さん分) 取材・文/山本奈緒子