ビューティ

寝ても寝ても寝足りなくて、起きれません!【こっそり相談。ViVi保健室】

2019.12.20

朝、「ヌクヌク感が恋しくて、お布団から出られません!」というレベルではなく、たとえば、大切な試験や仕事があったとしても起きられない、、、と悩んでいる人もいるのでは? 薬に頼るのも不安だし、おおげさにしたくないしというあなたへ。今回は漢方の視点からズバッとアドバイスをいただいてきました! ViVi世代が気になる悩みを、専門家にしっかり取材。信頼できるアドバイスをもらおうという企画『ViVi保健室』で解決しよう。

今回の相談
Q.とにかく朝、起きられなくて、遅刻の常習犯。まわりからは夜ふかしを疑われていますが、12時には寝るようにしているんです。でもいつも眠い! 助けてください!
答えてくれる先生はこの人!
樫出恒代さん
『漢方カウンセリングルーム Kaon』代表。漢方薬剤師。漢方ライフクリエーター。『対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座』にて行っている漢方カウンセリングが好評。女性特有の悩みに対して漢方の知恵で解決するスペシャリストであり、「ViVi世代の女の子にももっと漢方によるヘルス&ビューティ対策を知ってもらいたい」との熱い想いも。
https://kampokaon.com/academy/

A-1:本当に寝てる? 連続睡眠してる?
A-2:連続して寝られないのは、老化です(涙)
A-3:気の使いすぎ、動かない、冷え、が原因
A-4:漢方のお茶という解決策も!

A-1:本当に寝てる?連続睡眠してる?

私のカウンセリングルームにもViVi世代の女の子は来ますが、やはり「寝ても起きられない」「昼間も眠い」というお悩みを訴える子がいます。彼女たちは「ちゃんと寝ている」と主張しますが、根ほり葉ほり聞いてみると、途中で目が覚めたり、トイレに起きたり、夢見が悪かったり。

一般的に7時間、睡眠時間をとれるとベストですが、この7時間は、途中で起きずに朝を迎える連続睡眠で、ということ。自分では寝ているつもりでも、途中で起きているのなら、それはきちんと寝れていないことになるのです。

A-2:連続して寝られないのは、老化です(涙)

本来、ViVi世代なら7時間はぶっ続けで寝ていられるはず。実は、寝続けるためにはチカラが必要で、そのチカラが衰えてくると連続して寝られなくなってしまうのです。

たとえば、中学生の頃はぶっ続けで15時間は寝られていたのに、おばあちゃんになると夜中に何度もトイレに起きてしまう。これは漢方でいうと腎が弱ってきているから。腎とは泌尿器、生殖器、腎臓などのことで、ここでは膀胱のこと。つまり尿を溜めておけるチカラが衰えてしまうことで、連続して寝られなくなってしまうのです。

A-3:気の使いすぎ、動かない、冷え、が原因

では、なぜ若いのに腎のチカラが弱ってしまうのか。そのいちばんの原因は冷え。脚やお腹を露出したり、さっとシャワーで済ましたり、冷たいものを好んで飲んだり食べたり。とくに白砂糖たっぷりの生クリームは要注意。そういうものを毎日食べていると冷えに繋がります。

そして、スマホ世代はカラダを動す機会が減っているのも問題。パソコンやスマホなどの画面を見ている時間がとにかく長く、それも冷えを招いてしまうのです。

さらに気を使いすぎるのも一因。SNSで人にどう見られているか、自分をどうキレイに見せるか、いろんなことに気を使うことで気力が減り、寝続けるために必要なパワーが不足してしまうんです。家に帰って、すぐお風呂に入ればいいのに、ぐったりしてソファから動けなくなってしまう人は、まさにそれ。

A-4:漢方のお茶という解決策も!

まず試してほしい解決策としては、お風呂に入って、カラダをよく動かすこと。SNSやネット上でのやりとりに縛られすぎないことも大切です。
あとは漢方のお茶。ナツメや朝鮮人参、生姜などにはカラダを温める効果があり、クコの実や菊の花などには目の疲れをとる効果が。それらを含んだ『Kaon茶 こころからだあたため茶』https://kampokaon.com/kaon-tea/などがオススメです。よく眠れるようになりますので、ぜひ飲んでみてくださいね。

先生のアドバイス
カラダを冷やさないようにすると同時に、気を使いすぎないことも大切。スマホだけで満足しないで、自分でカラダを動かして体験することで、いい眠りにも繋がります。

ビビ子

私が人生で一番好きな瞬間は布団に入る時☆
私が人生で一番嫌いな瞬間は布団から出る時★

二キビのこと、臭いのこと、生理のこと、Hのこと……見ためとか身体にまつわることって、「人には相談しづらいけど、信用できる答えが知りたい!」ですよね。そこで! ViViがみなさんにかわって信頼のおける医師のかたがたにお悩み相談をして、キチンとしたアドバイスをもらってこよう!というのが『ViVi保健室』なのです。人気クリエイター、Pantovisco(@pantovisco)さんが毎回描くイラストも注目です!

illustration/Pantovisco