イケメン

母性本能をくすぐるタイプなラウールと女子が喜ぶデートを考えるのが苦手な深澤辰哉【Snow Manのトリセツ】

2020.01.03

かつてアイドルといえば、無垢で、繊細で、今にも壊れそうで。美しさと残酷さを内包した、ガラスのように脆い存在だった。でも、新時代のアイドルは、愛されることと引き換えに、「僕らがあなたを必ず幸せにします」と宣言する。「だから一緒に生きていこう」と歌う。長い下積みの中で育まれた友情と、諦められなかった夢。少年の危うさや妖しさも残しつつ、盤石のチームワークと圧倒的なスキルを手に入れた彼らの名は、Snow Man。

Snow Manのメンバーによる
メンバーのトリセツ

Snow Manは、ViVi初登場。そこで、ビジュアルや音楽以外の部分でも、もっと彼らに興味を持ってもらうために、メンバーによるメンバーのトリセツを作成。デビューしたばかりなのに、ハマるべき魅力の沼が多すぎ?! 今回は、ラウールさんと深澤辰哉さんをピックアップ!

PROFILE
Snow Man2020年1月22日、Snow Manは、Jazzin’ parkの栗原暁が作詞、HIKARIが作曲を担当した「D.D.」(Dancing Dynamiteの略)でSixTONESと同時デビューを果たす。CDは、ソニー盤、avex盤ともに両者のデビュー曲を収録する販売形態が取られている。公式WeiboアカウントはJ_SNOWMAN

Page 2

破格のスケール、
世界を翔ける翼を持ったダンサー

ラウール

メンバーからみたラウールって?

from 深澤辰哉
彼は成長がエグい。逸材です。兄としては、その才能を最大限に開花させられるように導きたい

from 宮舘涼太
とにかく天真爛漫。これからも伸び伸びとさせてあげたい

from 渡辺翔太
若い勢いもあるけれど、それをうまく利用して、みんなが言いにくいことを代弁してくれるところがある。精神年齢は絶対僕より上(笑)

from 岩本照
好奇心旺盛。携帯アプリのゲームとか、意外なところでハマっているものが被る

from 目黒蓮
若いこともあって、母性本能をくすぐるタイプ。あと、言葉のチョイスにセンスがあって面白い。伸び代も含めて目が離せません!

from 阿部亮平
踊りのスキルもあるし、可能性も感じるけど、未知数という意味で“真っ白”なイメージ。いつか、「彼には、天が二物も三物も与えたね」って言われるような存在になると思う

from 佐久間大介
一度ハマったらそればっかりやっちゃう人。だから、彼が興味を持てるものを見つけて一緒にやったりすると、近づける

from 向井康二
可愛い中にカッコいいがあるね。実年齢は16歳やけど、僕は同い年やと思ってます

PROFILE
ラウール
2003年6月27日生まれ
東京都出身
A型

Page 3

物真似と仕切りと自虐の達人、
頼れる最強兄貴

深澤辰哉

メンバーからみた深澤辰哉って?

from ラウール
“優しい” という言葉が誰よりも似合う人。一緒にご飯を食べに行く、僕が食べているところを親のような視線で見つめています(笑)

from 宮舘涼太
流行り物に、いい意味で執着するタイプ。彼を見れば世の中の流行がわかります(笑)

from 渡辺翔太
ゲーマー。YouTubeではクレーンゲームが有名ですが、ケータイのゲームもよくやってる。男が好む遊びが得意なイメージ。女子が喜ぶデートを考えるのは苦手だと思う

from 岩本照
平和主義者。かつ、今を全力で生きる人。僕と二人でいる時はなぜかいつもテンション高めです(笑)

from 目黒蓮
「面白いね」よりも、「可愛いね」って言ってあげると喜びます

from 阿部亮平
僕は彼の演技がすごく好き。すごく引き込まれる。映像にも舞台にもきっちり対応できる人だと思う

from 佐久間大介
ハマっているものがある時は喋りたがり。たまに聞き役になってあげるとすごく喜ぶ

from 向井康二
基本いじられ役で面白いんですけど、何やかんや言っても、どんな服でも似合う。あ、うっかり褒めてしまった(笑)

PROFILE
深澤辰哉
1992年5月5日生まれ
東京都出身
B型

Page 4

あわせて読みたい♡

Composition:Noriko Yoshii Text:Yoko Kikuchi Interview:Satoshi Asahara,Kazeno Arai