ビューティ

口を開けるとゴリゴリ鳴る!これって顎関節症ってやつですか?【こっそり相談。ViVi保健室】

2019.12.27

「口を開けるとガクッて音がするし、なんだかいつでも顎が痛くて……。これって、顎関節症なのかな?」顎まわりに関するお悩みを抱えている人、意外と多いって知ってた? そこで今回は、専門家に「そもそも、顎関節症とは?」、「放っておくとどうなっちゃうの?」、「治すにはどうすれば?」といった質問をぶつけてみました! ViVi世代が気になるお悩みを、専門家にしっかり取材。信頼できて役に立つアドバイスをもらおうという企画「こっそり相談。ViVi保健室」。

今回の相談
Q.昔から、口を開けると音がするし、そもそも口が開けにくい。歯医者さんとかで、ずっと口を開けてるのも辛いし、ガムを噛んでると痛みも出ます。友達には「それって顎関節症だよ!」って言われたけど、そもそもそれってどんな病気? 病院に行くほど辛いわけではないんだけど、割と不快だし、なんだか不安。どうしたらいいのかな?
答えてくれる先生はこの人!
アトラスタワー歯科 藤田博紀院長 美容業界にもファンの多い歯科医院の院長。特に、歯列矯正の患者数は全国有数! 月に約100人の患者さんが来院している。経験豊富な敏腕ドクターが、多彩な治療法の中から、なりたい仕上がり、予算などに応じてベストなものを提案してくれると人気。
https://8wa.jp

A-1:放っておくと、顔が大きくなるかも!?
A-2:ストレスが顎関節症を悪化させてる!
A-3:ナイトガード、ボトックスといった治療法もあります。

A-1:放っておくと、顔が大きくなるかも!?

顎関節症の主な症状は、顎が痛む、口が開かない(開けにくいも含む)、顎を動かすと音が鳴る、の3つ。放置するとこれらの不快な症状だけでなく、稀に顎が外れやすくなったり、口の中の骨が膨らむ“外骨症”になることも。また顎に常に負担をかけている状態のため、そこだけ筋肉が発達してエラが張り、顔が大きく見えることもあります。

A-2:ストレスが顎関節症を悪化させてる!

顎関節症は、稀に噛み合わせなど骨格によることもありますが、そのほとんどが、寝ている間などに無意識にしてしまう、過度の食いしばりや歯ぎしりによって起こります。実はこれらはストレスが原因。つまり、ストレスフリーな生活を心がけるのが、予防にも改善にも効果的なのです。

A-3:ナイトガード、ボトックスといった治療法もあります

顎関節症を根本的に改善することは難しいのですが、眠る時に歯に装着し、食いしばりによる衝撃を緩和するナイトガードは症状緩和におすすめ。ほとんどの歯科医院で作れますし(※型を取って作成するのに1週間前後必要)、費用も数千円程度と手頃です。

またボトックス注射をエラに打ち、その部分を麻痺させることで食いしばりを防ぐのもひとつの手。このボトックスにはエラ張りを軽減するため顔をすっきり見せるという美容効果もあります。ただ、効果の持続期間は半年程度で、自費診療となるため費用もちょっとお高め(アトラスタワー歯科では4万円)というデメリットもあります。また妊娠中、または妊娠の予定がある人はできません。

顎関節症は急に重篤な状態になる疾患ではありませんが、不快な症状が続くのはさらにストレスを増やすことにもなります。なるべく早いうちから、対策をしておくことをおすすめします。

先生のアドバイス
今すぐすべきはストレス対策! まだそこまで症状がひどくない場合でも、ストレス対策は始めておきましょう。顎関節症だけでなく、ストレスは美容にも、健康にも悪影響を及ぼしますから。

ビビ子

私は最近、減塩のあごだしにはまっています。

二キビのこと、臭いのこと、生理のこと、Hのこと……見ためとか身体にまつわることって、「人には相談しづらいけど、信用できる答えが知りたい!」ですよね。そこで! ViViがみなさんにかわって信頼のおける医師のかたがたにお悩み相談をして、キチンとしたアドバイスをもらってこよう!というのが『ViVi保健室』なのです。人気クリエイター、Pantovisco(@pantovisco)さんが毎回描くイラストも注目です!

illustration/Pantovisco