エンタメ

未来で起こるかもしれない悲劇。冬休みは『ブラック・ミラー』でゾクッとしよう。【佐藤ノア コネクト#35 】

2019.12.30

SNS総フォロワー180万人越えのインフルエンサー、佐藤ノアちゃん。多方面で活躍している彼女は、普段一体どんな映画やドラマを見てるの? 今週ノアちゃんがおすすめする作品は、Netflixでシーズン5まで配信されている、ドラマ『ブラック・ミラー』。作品の見どころ、そして「ハッピーエンドよりバッドエンドが好き」というその理由とは?【佐藤ノア コネクト#35 】

前回の記事はこちら

言葉が長けている人は気が弱い!? 佐藤ノアのイチオシ映画『愛なき森で叫べ』はグロくてエグいらしい【佐藤ノア コネクト#34 】

バッドエンドが好きなのは、たくさんの選択肢で、私の想像力を掻き立ててくれるから。

Page 2

『ブラック・ミラー』は毎回モヤっとさせてくれる

ダークなビジュアルから「怖い?」と思うかもしれないけど、毎回怖いわけじゃない。
人間のテクノロジーの進化がこのまま加速していったらいつかこういうことも起こりえるんじゃないか、という世界を見せてくれる、未来ディスSF作品、という感じかな。

例えばある回では、奥さんを亡くした男が、死んだ脳から奥さんの“記憶”だけを取り出して、そのICチップを自分の脳に埋め込んで脳内で会話できるようにする。
亡くなった奥さんとまた話せるようになって最初は幸せなんだけど、「男の脳内に奥さんの記憶もある」ということは、男の視界や、今どこに視線があったかとかも全部わかってしまうということで、そのうち別の女性と話すだけでモメるようになっちゃう……。

こういう、バッドエンドとまではいかないにしても、なんとなくモヤっとすることが毎回必ず起こる。
だって本当の奥さんじゃなくて、奥さんの記憶とだけ会話するのってすごく悲しいというか……。

Page 3

未来で起こりうるかもしれない話

ほかにも人間がAIに恋してしまったり、娘を守るために監視用のチップを埋め込んだり、VRのゲームで対戦していた男と男が、ゲームの世界の中で互いに恋に落ちてしまったり……。
あと特にはっきりとしたメッセージがあるわけじゃなくて、ただ毎回「いつか私たちもこうなってしまうんじゃない?」って思ったところでバッサリ終わる。
で、それもいい。

前に紹介した『ヴァージン・スーサイズ』も『愛泣き森で叫べ』もそうだけど、そもそも私はバッドエンドだったり、最後まで明確な答えが出ない作品が好き。

Page 4

どう不幸になるか。想像を掻き立てられる

ハッピーエンドって「主人公やヒロインがハッピーになること」が最初からゴールとして決まってるから、正解が一つしかないし、結局途中で結末が分かっちゃうことが多いでしょ?

でもバッドエンドはどうバッドになるかが分からない。
どう傷つけられるのか、サスペンスやスリラーだったら最悪死んでしまうかもしれないし、不幸になるのは主人公だけとも限らない。

予想と違った結末になって期待を裏切られる方が「観てよかった!」ってなれるし、あらゆる選択肢を与えてくれる、想像を掻き立ててくれる作品の方がグッとくる。

『ブラック・ミラー』は全部がバッドエンドなわけじゃないけど、でもそういう作品。

一話完結なのも観やすいと思うのでぜひ観てほしい。面白いです!

Page 5

今日のオフショット

「ViViさんからチョコいただきました!」

Text:Noah Sato Photo:Kenji Nakazato Styling:Hitomi Imamura(io) Hair&Make-up:Naya Composition:Megumi Yamazaki ArtDirection:Mayuko Kobayashi

PROFILE
佐藤ノア(ViVi creator)
Birth:1997年7月9日生まれ
City:北海道出身
Instagram、Twitter、YouTube、TikTok。全方位に多数のフォロワーをもち、若い女性から圧倒的支持を集める超人気インフルエンサー。2016年にバンド『suga/es(シュガレス)』を結成。裏表のないキッパリした発言でも話題に。

グリーンのボアコーデ:ファーコート¥18000/X-girl store(X-girl) キャミワンピ¥16000/MELANGE ウェスタンブーツ¥9991/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ)
デニムのワンピースコーデ:デニムロンパース¥15800/ザ・ウォール ショールーム(FINDERS KEEPERS) ティアラ、首に巻いたリボン、ソックス/スタイリスト私物

佐藤ノア『コネクト』連載一覧