ビューティ

流行りのチャイボーグに八木アリサが挑戦!女度も気分もアガる♡

2020.01.07

ViViの美容オタク・八木アリサの連載「やぎのヲタ美容。」。美容が大好きなアリサから『美容って楽しいよ!!』『化粧品スゴくね!?』ってことをどんどん発信していきます。今回は、最近流行りの『チャイボーグ』をアリサがやってみました!

#チャイボーグ やってみた♡

『チャイボーグ』のことはもちろん知ってたけど、何やらそんなに流行っているのですね?! なんだろ、最近までヌケ感メイクがトレンドだったからかなー? その反動なのかなぁ? というわけで今回初めて挑戦してみたんですけど、中国にゆけたかどうかわかんないんですけど、なんかやぎ的には……盛れた気がする!! バーン!って女スイッチ入るし、気合入るよね、うん。

なんかね、メイクのプロセスぜーんぶ丁寧にキレイにやったって感じ。アイラインもぎゅぅうっと引くし、眉毛もきちんと描くし、リップも真っ赤!って感じだし。肌が真っ白なのはやぎが目指すところでもあるわけで……アガッた♡

ブラウス¥36000、かぼちゃパンツオールインワン¥49000/SIIILON ピアス¥34 00/Lily Brown

最初ね、『やぎがやったらなんか怖くなっちゃうかな?』って思ってたの。アジアンビューティって感じで、似合うかなぁ?って。でも、やってみて分かったの。これはね、きっと女の子の理想形がぜーーんぶ詰まった、憧れのメイクなんだと思う! 目鼻立ちもくっきりだしね。なんかキブンは、中国の女優さんって感じ!?

Page 2

HOW TO ちゃいぼーぐ♡

お肌

【1】フーミー コントロールカラーベース パープル 15g ¥1800/Clue、【2】ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション 6600 30ml ¥6100/NARS JAPAN、【3】レオスールデクラ 17 ¥8000/ク レ・ド・ポー ボーテ、【4】ルナソル コントゥアリングスティック 01 ¥3000/カネボウ化粧品、【5】ケイト クリエイトパウダーN EX-1 ¥1300(編集部調べ)/カネボウ化粧品、【6】アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル ¥6500/イヴ・サンローラン・ボーテ

陶器のように真っ白で光と影でメリハリのあるくっきり立体感がカギ。

  1. ❶のラベンダー色の下地を、顔全体だけでなく首まで塗ってトーンアップ。
  2. ❷の白めのリキッドファンデーションを顔全体に。
  3. ❸で眉間~鼻筋に光を加えて、中間を飛ばして鼻先にもチョン。アゴ先や唇の山、目尻Cゾーンにも。
  4. ❹を顔のサイド、フェイスライン、アゴ下と頰骨、鼻の下にも影を入れる。
  5. ❺で右の影色を、眉頭下からノーズシャドーの影にひとはけして。
  6. ❸でのせたハイライトを避けて、❻を大きなブラシでサッと。

【1】フーミー アイブロウパウダー N bright brown、【2】KANEBO ペンシルアイブラウ 02 ¥2000/カネボウインターナショナル Div.

くっきり山あり&長めなシェイプがチャイボーグっぽい。

  1. ペンシル❷で眉下と眉山~眉尻のアウトラインをとる。
  2. ❶一番右の濃いパウダーで全体を埋めながら長めの眉に。

Page 3

【1】ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 1191 ¥4500/NARS JAPAN、【2】ザ カラーシック アイライナー 10 ¥2500/アディクション ビューティ、【3】UZU アイオープニングライナー Black ¥1500/UZU by Flowfushi、【4】フィルム マスカラ ボリューム&ボリューム ¥3200/アディクション ビューティ

シャドウもラインもマスカラも、全力のせで目指すは美人目♡

  1. アイホールに❶のaをのせて、bを目尻のキワにライン風に重ねる。
  2. 下まぶたの目頭以外にcをのせ、dで目尻をくの字に囲む。次に上インサイドに❷でラインを引き、上まつ毛のキワ全体に❸でハネ上げラインを長めに。
  3. ビューラーでまつ毛をしっかり上げて、上下に❹をたっぷり塗る。

くちもと

【1】ケイト カラーハイビジョンルージュ RD-1 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品、【2】ヴィセ アヴァン リップスティック 026 ¥1600(編集部調べ)/コーセー

2色レイヤードして、とことんダークな赤で引き算ナシ!

  1. 赤リップ❶を塗って「んまんま」と馴染ませる。
  2. ダークな赤の❷を唇の中央に重ねて深みをプラスする。

やぎのヲタ美容。

Model:Alissa Yagi(ViVi exclusive) Photography:MARCO(model),Makoto Muto(still) Styling:Yurika Nakano(LOVABLE) Hair&Make-up:Ken Nagasaka Text:Kazuko Moriyama