エンタメ

舞台にはハッピーになるパワーがある。吉岡里帆は変装せずに劇場に行くことも

2020.01.13

悪魔に魂を売った男の顛末を描いた『ファウスト』を現代のロンドンの映画業界に置き換えた舞台『FORTUNE(フォーチュン)』で、吉岡里帆さんはヒロイン・マギー役を演じる。

自分の中に渦巻いているエネルギーを舞台で見せたい

「この作品でViViさんに取材していただけるのは、意外でした!」吉岡さんがそう語るように、舞台『フォーチュン』は、主人公・フォーチュン(森田剛)が、悪魔との契約を結び、成功から闇へと堕ちていく、人類の永遠のテーマを描いた重厚な作品。戯曲、人間の業……、ViVi世代にとっては馴染みがなく、遠いことのように聞こえるかもしれない。

「でも、若い世代だからこそ、観劇はすごく刺激になると思うんです。私自身、10代の頃に初めて観た舞台に衝撃を受け、女優を目指すようになりました。『フォーチュン』は少し重めなストーリーですけど、エンターテイメントに昇華して演出されると聞きましたし、初めて観劇される方にとっても、素敵な出会いになるはず。舞台って、ライブやフェスでワァ〜!と騒ぐのと同じくらい幸せになる、ハッピーなパワーがあるんですよ!」

若くして結婚した向上心のあるプロデューサーというマギー役は、吉岡さんにとっても挑戦的だ。「これまで演じてきた役と比べて、マギーはすごく大人。それが背伸びして見えないよう、自分の中に落とし込んでいかなきゃいけないなと。ただ、真っ直ぐに愛を信じたり、心が折れそうになっても愛する人に向き合おうとする気持ちは、年齢は違えどわかるので、そういう部分を手繰り寄せてマギー像をつくっていきたいです。舞台自体が久々ですし、大きな劇場は一度しか立ったことがなくて。時間をかけて体を鍛錬していって、大きな空間でたくさんのお客さんに伝わるように、舞台上でエネルギーを放出できるよう大事に温存しておきたいなと思ってます(笑)」

Page 2

Q.ViViのイメージは?

キラキラでかっこいいお姉さんというイメージがあります。

Q.吉岡さんのようになる近道には?

私になりたい!? もしViVi読者の方がそう思ってくださってるなら、かなり嬉しいです! 「時間を無駄にしないこと」を大事にしているかもしれません。忙しさを理由にせず、ライブにしろ舞台にしろ気になるものがあればチケットを取って、できる限り生のパフォーマンスを見にいく。この間も下北沢の劇場へ遊びに行ってきました! 変装ですか? しません。メイクを落としていくと全然バレないので(笑)。

Q.2019年、激ハマりしたものは?

出演ドラマ『時効警察はじめました』でオダギリジョーさんが言う「だね〜」というセリフにハマっちゃって、最近ずっと言ってます。「朝早くて眠すぎる」「だね〜」みたいな感じで使うと、深刻なことでもゆる〜い気持ちに。

Q.ViVi読者のお姉さんとして、これだけはやっておいた方がいいよ!と思うことは?

海外旅行!! 私がViVi世代だった頃は、なぜかことごとく海外旅行に行けない運命で。高校生の頃はパスポートをなくし、大学時代に友達と計画した中国旅行では、オーディションが入りダメになって、番組でカメルーンに行こうとしたら黄熱病の予防接種が必要で生卵アレルギーの私は受けられず……(笑)。やっぱり若い頃に海外へ行くと、はしゃげるじゃないですか? 最近、10代のシンガーみゆなちゃんと出会ったのですが、とにかくパワフルでテンションが高い彼女を見ていると、私って大人になっちゃったんだな〜と気づいて! 言葉なんかわからなくても、10代のうちに、パワーと勢いで海外にぶつかっていくのがイイんじゃないかなって。大人になった今は、体調崩しそうだから1日早く帰ってこようとかすぐに考えちゃう(笑)。SNSの時代ですし、海外に友達もつくりやすそうですよね。

ドレス¥58000/ユグランス(ヴァネッサブリューノ)

PROFILE
吉岡里帆 1993年1月15日生まれ。京都府出身。大学時代から学生演劇や自主制作映画に参加。NHK連続テレビ小説『あさが来た』やドラマ『ゆとりですがなにか』で注目を集める。現在、金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』に出演。
INFORMATION
PARCO PRODUCE 2020 『FORTUNE』 喪失感を抱えて生きる映画監督のフォーチュンは、若きプロデューサーのマギーに好意を抱くが、彼女は幸せな結婚生活を送っていた。欲しいものが手に入らない焦燥、逃れられない悲しみから、悪魔との契約を交わしてしまう。2020年1月13日~3月1日、全国4都市にて公演。

撮影/前原哲也 ヘアメイク/Mifune(SIGNO) スタイリング/Eriko Suzuki 取材・文/吉井のり子