エンタメ

成人式は人生で一回の「分析イベント」。楽しむことがすべてじゃない佐藤ノア流の楽しみ方【佐藤ノア コネクト#36 】

2020.01.13

SNS総フォロワー180万人越えのインフルエンサー、佐藤ノアちゃん。可愛い見た目とは裏腹に、その独特の視点と考え方で大人も唸らせる彼女が、今年成人式を迎えるみんなへメッセージをくれたよ! 一生に一度の晴れの日だけど、人によっては憂鬱なイベントであることも事実。それでも、迷ってるなら行った方がいいと話すその理由とは?【佐藤ノア コネクト#36 】

前回の記事はこちら

未来で起こるかもしれない悲劇。冬休みは『ブラック・ミラー』でゾクッとしよう。【佐藤ノア コネクト#35 】

いろんな同い年と会える最後のチャンス。
楽しめなくても、ネタになるから大丈夫!

今年成人になったみなさん、おめでとうございます!

今日が成人式という子も多いはず。その中には、あんまり成人式が楽しみじゃないって子もいると思う。
嫌なのを無理して行く必要はないと思うけど、ただ成人式はクリスマスやお正月と違って、1年経てばまた来るってものでもないよね。
一生に一度、二度はない。たった1日のことだし、迷うくらいなら行った方がいいと思う。
で、どうしても憂鬱な人は「今後のネタづくりだ」って思うのもいいんじゃないかな。

着物とか準備が大変だからどうしても構えちゃうけど、別に昔の友達と仲良くしていい思い出をつくるのがすべてじゃない。
それに大人になって成人式のこと聞かれた時、楽しかった話より不幸な話のほうが絶対ウケるしみんな好きだから。「実はずっと1人だったんです」とか「私一人だけ私服でした」なんてエピソードがあったら、その後の飲みの席でどれだけ役に立つか分からない(笑)。
ものは考えようだから。

あと写真は撮っておいたほうがいいかも。見せてって言われる機会が多いし、「この頃ブサイクだったなー」でも「可愛かったな」でもどちらでもいいから、自分で見返すことがあっていいと思うし。

もちろん、どうしても嫌なら行かなくても全然いいと思う。
「行かなかった」っていうのもそれはそれでネタになるしね。私だって、高校の卒業式は式だけ出て、その後のパーティーは出ないで友達と2人で岩盤浴行ったし(笑)。
成人式の楽しそうな写真をSNSに載せるのは楽しんだ人「だけ」であって、全員じゃないから。

Page 2

同い年があそこまで集まるイベントって二度とないかも

せっかくなら行った方がいいもう一つの理由は、私は、成人式って絶好の“分析イベント”と思っていて。

成人式で会うのって中学時代の友達がほとんど。公立の中学校だと同じ地域に住んでるってだけで集められてるから、いろんな人種がごちゃ混ぜなんだよね。
それに20歳って年齢でみても、大学生の人、社会人の人、もう子どもがいる人、って感じでいろんな人がいるし。

それが完全な社会人になると、自分と同い年の人が何百人も集まるイベントってまずない。あとは多分同窓会くらいだし、いつのタイミングになるか分からないよね。
20歳という節目の年、しかも同い年っていう共通点がある中でいろんな人を見てみると「この人、私と同い年なのに達観してるな〜」って思うこともあれば「20歳にもなってまだこんなことやってんの?」って思うこともある。
つまり、やっぱり人は年齢じゃないなってことを改めて理解できるいい機会になると思うんだよね。

大人になると交遊関係も自分で選べるから、周囲も自分と似た人たちばかりになっちゃう。
それが悪いわけではないけど、いろんな人種の人と話をして、いろんな意見を聞くのってやっぱりすごく大事だし貴重なこと。
だから、成人式をいっそ“分析イベント”として行ってみるのもいいんじゃない? 自分の今の立ち位置を確認する、絶好のチャンスだと思う。

もちろん、行ってみたら意外と楽しかった!ってなればそれはそれでラッキー。
みんなにとって、今日がいい一日になりますように!

Page 3

今日のオフショット

「ワコールさんの撮影オフショット」

PROFILE
佐藤ノア(ViVi creator)
Birth:1997年7月9日生まれ
City:北海道出身
Instagram、Twitter、YouTube、TikTok。全方位に多数のフォロワーをもち、若い女性から圧倒的支持を集める超人気インフルエンサー。2016年にバンド『suga/es(シュガレス)』を結成。裏表のないキッパリした発言でも話題に。

ケーブルニット¥8990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 麦わら帽子¥33000/ル・シャルム・ドゥ・フィーフィー・エ・ファーファー(MOMOKO CHIJIMATSU) ソックス、サンダル/スタイリスト私物

佐藤ノア『コネクト』連載一覧 

Text:Noah Sato Photo:Kenji Nakazato Styling:Hitomi Imamura(io) Hair&Make-up:Naya Composition:Megumi Yamazaki ArtDirection:Mayuko Kobayashi