2015.11.18

11303

【志尊淳】新感覚すぎる‟超骨太スイーツ男子”に急接近♡

新感覚! 甘いのに歯応えアリな ‟超骨太スイーツ男子” 志尊淳くんにドキドキキョリまで近づいてみたよ! キャー×100♥

やさしくて強い
理想の王子様

「じゅんじゅん♡ 」。

所属する俳優集団D-BOYSやまわりの先輩たちからは、愛を込めてそう呼ばれている。デビュー当時、舞台では何をやっても「可愛いなぁ♡」とイジられた。

チャームポイントはタレ目。‟人に優しく” をテーマに掲げていることもあり、「彼女ができたら、めっちゃ優しくします」と宣言する。

でも!!! 人を外見で判断してはいけない。彼の一番の ‟ドッキドキポイント” は、甘ーい見た目と超骨太な中身とのギャップにあるのだ。

「子どもの頃から、格闘技の番組を観るのが好きで、総合格闘技、ボクシング、キックボクシング、ブラジリアン柔術、グラップリング(組み技格闘技)などを習っていました」

と話すように、‟強さ” への憧れは人一倍。中学1年生のときに、友達と池袋で映画『クローズZERO』を観たあと、物語の世界に入り込みすぎて、「いつでもかかって来い! 」な気分で、サンシャイン通りを歩いたことも。

「クローズはそのあと、一人で何回も観に行きました。僕の ‟バイブル” です」

メールの返信、早いです!
寂しい思いさせたくないから。

16歳の時、初仕事で舞台に挑戦。右も左もわからない状態で飛び込んだ分、悔しい思いをすることも多かったという。

「求められていることができない。毎日怒られて。アクロバットをする役だったのですが、稽古を始めたときには全然できなかった。本番までにはなんとかしたのですが ‟芸能界ってこんなに厳しいところなのか” って思いました」

「いっそ辞めてしまいたい」と弱気になる心に、生来の負けず嫌いがハッパをかけた。

「自分でやると決めたことだから、絶対に逃げたくなかった。だから、 ‟考えるな、動け” って。ひたすら身体を動かしました」

いつかはアクション映画にも出てみたい。

「キレイなアクションがしたいわけじゃなくて、ケンカアクションがやりたいです」

PROFILE

志尊 淳

生年月日:1995年3月5日

出身地:東京都

血液型:A型



'11年、舞台「ミュージカル テニスの王子様2ndシーズン」でデビュー。'14年「烈車戦隊トッキュウジャー」で主演。先日終了したドラマ「表参道高校合唱部!」でも好演。主演映画『先輩と彼女』は10月17日から公開。
photographs:Mai Touse styling:Yosuke Tezuka hair&make-up:Suga Nakata text:Yoko Kikuchi

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!