2017.03.01

EXILE THE SECONDにお悩み相談しにいったらメロメロにされた話♡

初の全国アリーナツアーが大盛況のまま続行中のEXILE THE SECOND。"本格始動後、初"のアルバムとなる『BORN TO BE WILD』は、オトナの男性のワイルドな色気を醸し出すような楽曲ばかり♡ 今回はそんな"オトナの男性のワイルド&スマートさ"でいっぱいのメンバーに、ツアーや楽曲のことからViVi世代のギモンまでぶつけてきたよ! この魅力、ハマったら抜けられないかも♡

Q. アルバムに収録されるライブ映像の見どころは?

ケンチ
「『Choo Choo TRAIN』をJAZZアレンジっぽくREMIXしてやらせて頂いたんですけど、毎回すごく盛り上がったんです。全員EXILEメンバーなので、自分たちがEXILEをもっと盛り上げていきたいという気持ちも込めながら、この6人だからこそできる『Choo Choo TRAIN』の表現という意味ではSECONDの自由さも感じてもらえるシーンだと思います」
啓司
「盛り上がった曲といえばオープニングの『WILD WILD WILD』もすごいよね」
AKIRA
「意外でしたよね! 結構ゴリッとした曲なので、僕らがオープニングだから気合入れて『かますぞ!!』って感じで出ていくと、僕らを全然上回るような勢いで『WILD WILD WARRIORS』って大合唱してくれて。嬉しい半面ビックリしました」
SHOKICHI
「あとはやっぱり『DIRTY SECRET』ですね。女性と絡むシーンが結構……(笑)」
NESMITH
「今まで聞いたことのない、悲鳴に近い感じの歓声がすごかった!」
SHOKICHI
「ファンの方からは"オトナの魅力がスゴイ"って言われてます(笑)。啓司さんが最初に女性と絡むシーンからスタートして、僕はそこで背を向けて歌ってるんですけど、お客さんの歓声の隙間を狙って歌ってました。歓声が収まるまでひたすら待つ(笑)。でもそれこそが"ライブ"なので、毎回楽しかったですね」

Q. アルバムの中で特に好きな曲は?

ケンチ
「『SUPER FLY』です。この曲は、本格始動から1年くらい経ち、自分達で見つけ出した答えのような気がしていて。楽曲も、PVで表現している全体的な雰囲気も、もう少し若いときにこの曲をやったら背伸びしてる感じがしたかもしれないけど、今の等身大の自分達だからこそ似合うようになったんだなと。ライブでも予想以上にお客さんの反応が良か ったので、『あ、コレは僕たちにハマってるんだな』と自信も持たせてくれた曲です」

Q. 全国ツアー中、特においしかったものは?

ケンチ
「名古屋で行った立ち飲みの日本酒バーがすごく良かったです お店の大将が作ってくれるお寿司とかお刺身とかをつまみながら」
啓司
「お寿司と日本酒、合うよね〜」
SHOKICHI
「いいっすね〜!  いろんな種類を飲み比べたんですか?」
ケンチ
「そうそう、珍しい品種とかもあって。冷蔵庫に並んでる日本酒の中から気になるものを自分でピックアップして、セルフサービスで飲む感じもすごくよかったです」
 

Q. これまでずーっと続けていることってある?

SHOKICHI
「歌と楽器の練習、体づくりはずっと続けてます。仕事以外のことは結構三日坊主であんまり続かないんですよね……(笑)。でも、最近早起きは続いてて、7時くらいに起きることを習慣にしたいなと思ってるところです」
 

Q. 悩みが尽きないのですが、みなさんは悩みを相談するなら誰にする?
AKIRA
「悩みのタイプによるかもしれないですね。例えば、『WILD WILD WILD』のMVでは、新生EXILE THE SECONDとして、すごく大切な作品だったので、撮影前に啓司くんに電話してビジュアル面やファッション面のアイデアを聞いてもらったり。啓司くんはEXILE THE SECONDのファッションリーダーなんで。他に、SECONDを進行する上で"こういうアイデアいいな"と思うと真っ先にリーダーのケンチに相談したり、てっちゃんにはどんな些細なことでも聞けるようなフランクさがあったりで。それぞれ全員にできます。心配性だから色々聞きたくて、答えてもらうと安心するのかもしれないですね」
SHOKICHI
「僕も自分のアイデアをメンバーに相談すると何倍にもなって返ってくるんで、話すことでイメージをふくらませることが多いです」
TETSUYA
「僕は悩む暇もないくらい時間が足りないのが悩みだけど(笑)、それはメンバー全員同じ状況。だから、相談できなくても『僕だけじゃない』って安心感を得られるのがグループの良い部分だなって実感します」
 

Q. なんでもすぐサボりがち……メンバーの中で一番ストイックな人は?
SHOKICHI
「ミスターストイックといえばねっさんですよね」
ケンチ
「(NESMITHのマネをする感じで)ワシや!」
NESMITH
「いや(笑)、ケンチさんですね。さっき日本酒の話も出てきましたけど、酒蔵まで行ったりすごく勉強されていて。今年からLDHの新体制で海外の方と接する機会が増えていくので、それもあってケンチさんが日本酒について知識を深めてるのが流石だなと」
SHOKICHI
「それは知らなかった、素晴らしいですね!」
(啓司拍手)
NESMITH
「いろんなことにチャレンジして吸収していこうとしてるところがストイック。お店で飲み比べてるだけなのかと思ったら、まさか酒蔵まで行ってるとは思わなくて」
啓司
「俺は"酒蔵に行ってケンチ何してるんだろう?"ってずっと思ってた(笑)」
TETSUYA
「そのうち日本酒屋さん始めるでしょうね(笑)」
NESMITH
「"橘"っていう日本酒出してそう(笑)」
 

Q. ダンスがうまくなりたい! 上達の秘訣、教えてください!
TETSUYA
「己を知ること。ダンスってそのときの感情がそのまま出るので、その曲で自分をどう見せたいのかを意識することですね。最初はとにかく練習することで自分との会話をたくさんして、音楽を楽しめるようになった先に、自然と自分が求めるダンスができるようになると思います」
 
取材当日、現場入りすると、まず飛び込んできたのはギターを練習するSHOKICHIさんの姿!(かっこいい♡) そして取材を始めると、椅子が足りないことに気付いた啓司さんが「これ座っていいですよ」と自分の椅子を差し出してくれたのです!(惚れてまうやろー!!) 取材中は、じっと目を見て話してくれるAKIRAさん(目力にヤラレル)、ひそかに握力トレーニングしているTETSUYAさん(男らしすぎです!)、突然笑い出すケンチさんに突っこむNESMITHさん(仲の良さにキュン♡)。EXILE THE SECONDのみなさんにメロメロになってしまった担当編集でした。

『BORN TO BE WILD』
シングル「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」「Shut up!! Shut up!! Shut up!!」「WILD WILD WILD」「SUPER FLY」収録楽曲に新曲7曲を加えた全14曲収録。最先端のダンスサウンドはもちろん、 R&Bやʼ90年代HIPHOPテイストもふんだんに取り入れたSECONDならではの大人な魅力を堪能できる一枚です♡ DVDには全国アリーナツアーの様子を収録。最速でライブ映像を楽しめちゃうよ♪ 3月1日発売。¥6980(CD+3DVD)、¥3980(CD+DVD)、¥2800(CD)/rhythm zone

 
PROFILE.
橘ケンチ(9月28日生まれ、神奈川県出身。O型)、黒木啓司(1月21日生まれ、宮崎県出身。B型)、EXILE TETSUYA ( 2月18日生まれ、神奈川県出身。O型)、EXILE NESMITH (8月1日生まれ、熊本県出身。O型)、EXILE SHOKICHI (10月3日生まれ、北海道出身。A型)、EXILE AKIRA(8月23日生まれ、静岡県出身。A型)。2012年シングル「THINK’ BOUT IT!」でデビュー。昨年EXILE THE SECONDと改名し本格始動。同年9月にはAKIRAが加入することが発表され、10月より全国アリーナツアーをスタートさせた。
撮影/伊藤元気 取材・文/上野真由香

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!