2017.11.18

風に吹かれても可愛い♡自由奔放な前髪が冬バングの新ルールに!

ぱっつんは定番だし、オン眉も飽きてきた……。そんな前髪のマンネリを打開してくれるのが、NOTいい子なわがままバング。浮かせてorうねらせて奔放な動きをつけるのが、冬バングの新ルール!


H a i r  S t y l i s t


 TETRO AIKOさん
Instagramaiko_morioka

風に吹かれて乱れても可愛い

B E F O R E

モデル
永井麻央さん

HAIR DATA
前髪は目の上ラインの長さで設定し、散らかってる状態でも可愛く見せるために、ドライの状態で放射状にカット。32㎜のコテで前髪の毛先をワンカールしたあとに、表面をフォワードとリバースをMIXして巻き、不ぞろいなカールをつけ、手でバサッとほぐして完了。
ちこちに散る前髪を
3つの巻きで表現
前髪全部を同じ方向に巻くと散りにくい。毛先をワンカールしてからフォワードとリバースをMIXして巻けば、不ぞろいな動きが実現。
ふわんふわんと浮いたような軽やかさが魅力のこのバング。隙間から肌が見えるシースルー効果もあって、色っぽさがUP。

H a i r  S t y l i s t


 OFF 村島穂菜美さん
Instagramoff.hairsalon

パーマをかけるなら前髪にも!

B E F O R E

モデル
中西かれんさん

カーディガン¥1900/原宿シカゴ神宮前店 チョーカー/スタイリスト私物

HAIR DATA
前髪パーマで少し上がることを想定し、目の下の長さで丸みをつけてカット。全体は低めにレイヤーを入れて、ラフな動きを引き出す。前髪は平巻きでウェービーに、全体は縦巻きのパーマでダレたような動きをつける。半乾きの状態でムースをもみこみ、自然乾燥を。
ムース+自然乾燥で
うねりをしっかり出す
パーマによるうねりはかなり繊細。中途半端にならないよう、半乾きでムースをもみこみ、自然乾燥して動きをしっかり出すのが鉄則。
髪全体に動きをつけたら、前髪も動かしちゃうのが今年流。クセ毛っぽいアンニュイなうねりで、前髪の印象だけでこなれる!
photo:Toshiaki Kitaoka(model) styling:Nozomi Kobayashi,Miku Ishikawa text:Hiroe Miyashita design:mashroom design

あなたにおすすめの記事をピックアップ

ファッション関連のおすすめ記事

ビューティ関連のおすすめ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE