2017.11.18

先取り系女子がこの冬したい「バッドガール」メイク♡重×軽のバランスで今っぽさUP!

この冬絶対にやってほしいメイクを大人気ヘアメイク・イガリシノブさんに教えてもらったよ♡ 色っぽさもクールさも持ち合わせたイマドキの"バッドガール"で、おしゃれ顔になっちゃおう!!

イガリシノブ
BEAUTRIUM所属。ViViを始め数々の媒体で活躍。多くのモデルや女優から愛される時代を牽引する実力派メイクアップアーティスト。発売中の『イガリ印 365日メイク図鑑』(講談社)もチェックしてね!

囲みEYEに眉もリップも効かせて

超太ブラウン眉×ちっちゃめLIP

【a】肌になじむベージュからブラウンまで。眉にはもちろんシャドウにも! ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品 【b】やや斜めにカットされた平型ブラシ。しっかり眉が思うまま。アイブロウ ブラシ ¥3500/アディクション ビューティ 【c】バイオレットとシマーなチャコールカラー。デュオアイシャドー 3911 ¥4200/NARS JAPAN(11/10限定発売) 【d】なじませもぼかしも楽勝のオレンジ。リップブレンダー付きで便利。YSL リップライナー 13 ¥3300/イヴ・サンローラン・ボーテ 【e】マットで落ちにくい♡ マット シェイカー 189 ¥3000/ランコム 【f】シュッシュすると輝きブロンザーが! ブロンズブースター グロウブースティング シマーベール ¥2300/ノアビューティー

実は頬にキラキラをオン♡
太眉とオレンジのちっちゃめリ ップを引き立てるのは、チークゾーンに散らしたキラキラのパウダー。重×軽のバランスをとることで、自然と今っぽい雰囲気も高まるよ!
❝おしゃれすぎて近よりがたい。
そんな時代の先取り系女子になれる
のもワルメイクのいいところ。❞

ワルメイク
シャドウで目を囲う
【c】の右側の色を細い筆にとり、目全体を囲うようにのせる。特に下まぶたの目頭側にしっかり入れること。

眉はブラシでしっかりと
【a】アイのパレットの濃い方2色を【b】のディクションの眉ブラシにとり、眉頭近め・眉尻長め・太めに描く。

チークをキラキラに
【f】をチークゾーンメインにシュシュっとふきつけたあと、少し離して顔全体にも軽く吹きつける。

ペンシルで下地を
【d】をリップ中央にぐりぐり塗ったあと、【e】をグラデリップ風に重ねる。最後にまた【d】をぐりぐり中央に重ねる。

みんな大好きな太眉だけど、よりしっかり太く描くとモードなおしゃれ顔になりつつ、高めワルな雰囲気に。

「ただ太く描くだけじゃなく、眉頭同士を近づけて眉尻も長めに描いて、顔の中で圧倒的に眉の存在感を高めるのが大切。リップはレディなマットオレンジでちっちゃめに。そんなアンバランス感を楽しんでこそ、イマドキのバッドガール!」
Hair&Make-up:Shinobu Igari(BEAUTRIUM) Photographs:Yuichi Akagi(model),Young Ju Kim(still) Model:Reina Triendl Styling:Miku Ishikawa Text:Natsuko Tohriyama Design:ma-hgra

最新号の記事をピックアップ

ViVi12月号は
ココから購入できるよ!

おすすめのビューティ記事

おすすめのファッション記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE