2017.12.21

ドラマ『コウノドリ』で「あの子は誰!?」と話題!宮沢氷魚ってどんな人?

現在放送中のドラマ『コウノドリ』第2シリーズ(TBS)に新キャストの新人研修医役で登場すると、「あの初々しい男の子は誰!?」と話題になっている宮沢氷魚さん。演技に挑戦するのはこのドラマが初めてだが、モデルとしては『MEN’S NON-NO』専属として既に活躍中。父親は元THE BOOMのボーカル・宮沢和史さんで、アメリカ生まれのクォーター。華やかなプロフィールだが、素はまだ初々しさの残る23歳。森栄喜氏のカメラが、その無防備な表情を捉えた。

MY CHARACTER

―家が大好き―

休日は録画しているドラマをずっと見ています。1話ごとに見ると先が気になって仕方ないので、溜めて見るんです。最近Netflixに加入して海外ドラマを見始めたら、長いものはシーズン9とかまであるので大変なことになってます。そんなだから、休日はほとんど出かけないですね。僕、家が大好きなんですよ。母が食器を洗っていたり、妹が勉強をしていたり、そういった音を聞いていると安心するんです。

休日の前日は、高校の同級生やMEN’S NON-NOのモデル仲間と飲みに行くんですけど、家が好きなので必ず終電までには帰ります。撮影の待ち時間が長いときも、一回家に帰るほど。それでボーッとしたり家族と喋ったりして過ごすと、疲れが取れるんですよね。

いつもニコニコしているからか、先輩たちからは「守りたくなる」ってよく言われるんですけど、こう見えてけっこうツッコんだりするんですよ。盛り上げたり、仕切ったりも。でも友達からは〝テキトー〞って言われます。集まりとかの企画はするものの、グダグダになることが多いから。LINEも全然返さないので、しょっちゅう「生きてる?」 ってメッセージが来ます。あっ、でも仕事ではきちんとしてますよ!

AIM FOR AN ACTOR

―父のステージに魅せられて―

子供のとき父親のライブを観に行って、「たった2時間でこんなにたくさんの人に感動を与えるってすごいな」と衝撃を受けて、自分もそんな仕事をしたいと思うようになったんです。ただ僕は歌があまり上手くないし(笑)、俳優のほうに興味があって。それでアメリカの大学に通っていたとき、今の事務所に履歴書を送ったんです。絶対、返事は来ないだろうなーと思いつつ。そうしたら連絡がきたんですよ!

でもその後はオーディションにことごとく落ちて。ヤバいな……と思っていたときに、初めて受かったのが『MEN’S NON-NO』のモデルだったんです。嬉しかったですね。その撮影をたまたま見かけた『コウノドリ』のプロデューサーの方が、僕のことを覚えていてくれていたということもあり、ご縁もあって今回の研修医役のお話を頂きました。演技は初めてなんですけど、Twitterでも「演技の初々しさが役といい感じにマッチしている」とか温かいコメントをいただいています。僕はモデルの先輩でもある阿部寛さんが大好きで。雰囲気が独特じゃないですか。あんなにカッコいいのにどこかコミカルで、〝阿部寛〞というジャンルを確立している。僕もいつか〝宮沢氷魚〞というジャンルを確立するのが、大きな夢です。

I LIKE SPORTS

―オリンピックでインタビュー―

ずっとやっていたスポーツは野球です。それ以外に、シーズンスポーツとしてクロスカントリー、サッカー、陸上、テニス、といろいろやりましたが、全部野球のためという感じですね。今は毎日ストレッチをしながら腹筋をしている程度です。でも別に筋肉をつけたいとは思ってなくて。一度、野球をやっていたときに体を大きくしたんですけど、何か自分で自分が気持ち悪くてすぐ落としたんです。もともとクォーターで肩幅がしっかりある体型だから、これ以上大きくしなくてもいいかな、と。太ることもまったくないですし。高校時代からずーっと64キロで、増減しても0.5キロ以内なんですよ。

スポーツといえば、実は近々の目標として、オリンピックでインタビュアーの仕事をやってみたいなと思っているんです。僕は英語が話せるし、スポーツもいろいろやっていたので、選手の言葉の裏に隠されている思いみたいなものも通訳できたら良いなって思います。『MEN’S NON-NO』でパラリンピックの選手にインタビューさせてもらったことがあるんですけど、とても感動して。そういった生の声をもっともっと聞いてみたいんです。

PROFILE|宮沢氷魚(みやざわひお)
 
1994年4月24日生まれ。アメリカ生まれ、東京育ち。184㎝。アメリカの大学に在学しているときに、現在の事務所に所属。第30回MENʼS NON-NO専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルデビュー。「金曜くらい褒められたい ワタシ、アップデート」(BS朝日)にレギュラーMCとして出演中。10月よりスタートのドラマ『コウノドリ』第2シリーズ(TBS)で、初の演技に挑戦している。

カーディガン¥95000(サイ)、シャツ¥22000、パンツ¥24000(ともにサイベーシックス)/マスターピースショールーム 靴下/スタイリスト私物

ViVi連載 ―tokyo boy cam―

Photos:Eiki Mori Styling:Masaaki Ida Hair&Make-up:Kazuya Matsumoto(W) Interview:Naoko Yamamoto Design:attik

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE