2018.04.05

美肌とは、クレンジングと洗顔に始まり、終わる。なんで!?

乾燥、毛穴悩み、ニキビ……、ViVi世代に多発する肌悩み。そのすべての元凶は、間違った洗顔にある可能性大。"洗顔で肌が変わる"を合い言葉に、正しい洗顔を覚えよう!

美のプロフェッショナル
美容皮膚科医
髙瀬聡子 先生
 
ウォブクリニック中目黒総院長。 わかりやすい肌ケア解説が人気で、美容業界にもファン多数。

人にはなぜ洗顔が必要なのか

例えばメイクをしていない日も、洗顔は必要なの? 洗顔の目的って何?


 
汚れ皮脂
老化を早めるから
「汚れや皮脂が肌に残ったままだと、炎症が起きたりニキビができたりする原因に。さらに肌の免疫力も低下して、結果、老化を早めてしまいます」(髙瀬先生)

寝る前にはメイクを落とさなければいけない?

遅く帰った日はメイクを落とすのがめんどう……。オフしなきゃダメ?


 
メイクは肌に炎症を
起こす存在だから
「メイクは肌にとって異物であり、本来は肌に必要ないもの。それが肌に残っていると炎症を起こし肌トラブルにつながります。一日でも油断は禁物」(髙瀬先生)

本当に正しいクレンジング・洗顔とは?

まずは洗い方をチェック。トラブルを防いで美肌を叶える正しい洗顔法はコレ!
クレンジング
ゴムやターバンで髪をまとめる
髪が顔にかかっていると洗い残しの原因となり肌荒れのもとに。必ず髪をまとめてから洗顔を。

メイクが濃い部分からなじませる
なじませるのに時間がかかる目元などから始めて、顔全体へとクレンジング剤をなじませる。

細かい部分は指先でクルクル
小鼻などの細かい部分は指先でクルクルと。プロセス②③ともこすらないよう軽いタッチで。

流す前に水を足し乳化させて
オイルを使う場合は、流す前に乳化させること。水を少量足して白濁したら乳化したサイン。

ぬるめのお湯で洗い流す
35~36℃くらいのぬるま湯で流す。シャワーのついでに洗う場合も、洗顔の時は温度を下げて。
洗 顔
テニスボール大の弾力ある泡が理想
洗顔料を泡立てる。テニス~ソフトボール大で、押してもはね返す弾力感がある泡がベスト。

洗顔ネットが超便利!!
少量の洗顔料でも簡単にモコモコの濃密泡が完成。抗菌剤配合で衛生面にも配慮。泡立てネット 2P ¥380/ロージーローザ
 
泡のクッションで摩擦を防いで洗う
肌と手の間につねに泡があることを意識しながら、泡を転がすように顔全体をやさしく洗う。

縦・横にすすいで洗い残し防止
ぬるま湯で全体的にすすいだら、手を横にしてさらにすすぎ、額やあご下なども残さず洗い流す。

泡の流し残しを鏡でチェック
鏡で泡が残っていないかを確認。額の生え際、フェイスライン、小鼻など要チェック。

ゴシゴシ厳禁! おさえるように
タオルで拭く時にも注意が必要。ゴシゴシこすらず、やさしくおさえるように水着を拭いて。

これであなたもクレンジング&洗顔のプロになれる!
photos:Yuzo Touge(model), Young Ju Kim(still) hair&make-up:Sayoko Yoshizaki(io) styling:Aino Masaki model:Emma Jasmine(ViVi exclusive) design:LaChica text:Hiroe Miyashita

ファッションに関する記事

ビューティに関する記事

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE