2018.06.24

安室奈美恵からの生きるヒント!時代のミューズが語る、人生で本当に大事なこととは?

時代のミューズであり続ける安室奈美恵さんと、10代の頃から安室さんの大ファンだという、作家・LiLyさんがガールズトーク。すべての女のコたちに捧げる、生きるヒントを聞き出してもらいました。

安室ちゃんからすべての女のコたちへ

どんなふうに生きていこう? 

人生の節目だけでなく、ふとした時にも頭をよぎる。これは誰もが決して避けては通れない、自分自身への大きな問い。正解はいつだってひとつじゃないし、考えているあいだに時代すら移り変わっていく。そんなふうに流れゆく私たちの人生と、時代のミューズ「安室奈美恵」。

彼女はいつだってその生き様で、私たちを魅了する。

アーティストという枠すら超えて、安室ちゃんが国民的スターとして愛され続ける理由はここにもあると常に感じてきた。とても極端なはなし、ヒトは言葉より何より、その生き方にだけはウソがつけない。そして、その根底の魅力はありとあらゆるすべてに漏れる。

運も波も味方につけることで時代に選ばれた、稀有なミューズ。
確かにそう。
だけど安室奈美恵はそれすら超えた。

時代の方が、安室奈美恵に常に影響を受けている。

1996年、安室奈美恵が『ViVi』のカバーガールに抜擢された年。
’ 90年代に社会現象を巻き起こしたアムラーファッションに身を包んだ22年前の『ViVi』のカバーを見て、「眉毛、こんなに細かったんですねぇ」と現在の安室さんが目の前でクスリと笑う。

たったそれだけで泣きそうになってしまうのは、私自身が10代の頃からの大ファンだという理由から、だけじゃない。

2018年。
安室奈美恵のラストの年。

今を生きる私たちは丸ごと、昨年の秋に突然発表された「安室奈美恵、25周年での引退」という衝撃ニュースの中にいる。

渋谷109には昨年、安室ちゃんの巨大ポスターが飾られた。アムラー全盛期の彼女を起用した20年前のdocomoの広告なのかと思いきや、当時のヘアメイクやスタイルを現在の安室奈美恵が再現したものだ。白いブーツにミニスカートの安室ちゃんが手に持っているのは、当時まだ普及し始めたばかりだった「ケイタイ電話」。

街ゆく人々は足を止め、時代の節目を写そうと渋谷の空にスマホをかざした。その光景を丸ごと包み込むように、センター街のスピーカーは絶え間なく彼女の曲を流し続けた。

「Baby もうどのくらい一人でyou've been tryin' Baby もう Don't cry ♪」(Baby Don't Cry)

涙でぼやけた視界の片隅には、私と同じように指で涙を拭う女性のシルエット。
他人同士の私たちが他人同士のまま共に泣く理由は、きっと同じ。
「安室奈美恵」と共に、自分のこれまでの人生のメモリーレーンが頭の中を駆け抜けてしまうから。

’81年生まれの私は、そんな大勢の中の一人。
安室奈美恵という存在そのものに、色濃く影響を受けて育ってきた。
青春時代に安室ちゃんを通して女の子の新しい生き方を学べたことが、その後の人生にくれたギフトは数え切れない。感謝してもしきれない。だからこそ今、現代を20代として生きる読者を持つ『ViVi』で、安室ちゃんに聞きたいと願うのは―――。

「かわいい」よりも「カッコイイ」。安室奈美恵からの「生きるヒント」。

3月某日、都内某所。22年前の初カバーから最多の
――だけどこれが最後となる――
『ViVi』のカバーシュート。

最新アルバム『Finally』の曲がスタジオに次々と流れる中、安室奈美恵が最新ルックを自分のものにしていく様を目の当たりにして、私たちは息をのんだ。

どこを切り取っても一貫してクールだった彼女が、
撮影の終盤になって 初めてカメラの前で笑顔を見せると、
モニターの前にいるエディターたちから 「ワッ」と感嘆の声があがった。

無数に焚(た)かれたカメラのフラッシュ以上の光を放ち終えると、
スッとリラックスした表情に戻ってインタビューのために椅子に座る。

机には、ViVi編集部が22年間の彼女の登場ページを
一冊にまとめた分厚い本のプレゼント。

「わぁ、すごい。ありがとうございます」と頰をゆるめてから、
華奢な指先でページをめくる。
「眉毛、こんなに細かったんですねぇ。ビックリ!」
目の前には、クスリと笑う安室さん。

込み上げる涙をおし込みながら、最初にたずねたのは’90年代という時代について。

「すごく昔だなぁと感じます。だけど、あっという間はあっという間……!」。

安室さんは穏やかな表情でゆったりと話しだす。

「若い子は大人っぽく大人っぽく背伸びをする時代でしたよね。
子供には見られたくなくて、
当時はみんなものすごく背伸びをしていましたよね」

自分よりオトナな人に憧れる姿勢。

’90年代後半。

当時流行っていたのは、〝キレイめ〞と呼ばれるオトナっぽすぎるほどに大人びた格好。

10代の女の子たちは、厚底ブーツで底上げした長身にマキシ丈のロングコートを着て、ハイブランドのバッグを手に持った。

今になって思えばその分不相応すぎる格好に笑ってもしまうけれど、
それでも当時は、
実年齢以上の大人っぽさがサマになること=イケてる条件。

例えばミュージックステーション出演時の
安室ちゃんの黒いパンツスーツ姿こそ、
背伸びの先の目標だった。
そんな彼女自身の中にも、背伸びをしている意識はあったのか。

「ものすごくありました。

とにかく周りの大人に(自分は)子供だと見られたくなくて。
ただ、あそこまで背伸びする必要はなかったのかなぁとも思います。
その時はその一瞬しかないから。
子供っぽいのも(人生の)一瞬。
大人には、年齢を重ねるたびに、
それはもうイヤでも自然となっていくものだから。
でもやっぱり、若い頃はそうは思えないですものね」

背伸びとセットでついてくる焦りについても、
「焦りは、もう」と深く頷く。

「ほぼ焦りという時代でしたね。
曲がヒットしなかった頃は特に強かったですし、
摑んだチャンスは絶対に逃してはいけない!
とか、常に何かをピンと張っている状態で。
でもずっとそうだと疲れてしまう部分もあるから、
意識して リラックスすることも大事。
ただ、それって難しいんですよね」

過去を振り返って今の大人としての目線で声をかけ、だけど最後には気持ちもきちんと当時まで戻して、安室さんは若い世代の焦りも背伸びも肯定する。

「若さって、その辺も全てパワーで持っていけちゃうから。羨ましいなって思うくらいです。だから若い方は、もっとガンガンにいけばいいのに!って」

若さからくる焦りは、一番の原動力。

「だって、勢いもありますもんね!」
と安室さんは笑顔で若い世代の背中を押す。

「背伸びも焦りも力にしていろんなことにどんどんチャレンジしたらいいと思います。若いうちって、たとえ失敗しても立ち直るのも早いですし。周りの大人が笑って許してくれる時期というのも実は短いですから」

当時から完成形のように私たちの目には見えた安室さんの中にも、
思い返すと恥ずかしくなっちゃうような失敗はあるのだろうか。

「もちろん、いっぱいあります。デビュー当時は、自意識過剰でトゲトゲしかったですし、自分の意思を貫くことがカッコ良さだと思いすぎちゃっていたので。〝私は笑いません〞とか〝ピンクは着ないので〞とか、やたらと言い通していたという……(笑)。媚び、なんてものはもう絶対に(ムリ)……という感じで。生意気でした。でも、10代ですものね。ふふふ。もういろいろ、張り切っていましたね(笑)。熱かったですよね、気持ちも、いろいろなものが」

過去の自分をドライに客観視する安室さんが面白くて、一緒になって笑ってしまう。(続く)
  • 1
  • 2

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE