2018.08.03

『おっさんずラブ』で話題!金子大地、共演者にイジられる!?

そのヒットが社会現象になったドラマ『おっさんずラブ』。そこでモンスター新入社員・マロこと栗林歌麻呂を好演し、 「あの男の子は誰?」と話題になったのが金子大地さん。地元・北海道で開催されたオーディションを「ノリで受けた」ところ、俳優・モデル部門賞を受賞。次々と出演が決まり、あっという間に若手演技派俳優として注目されるように。が、本人はそんな早すぎる環境の変化にまだついていけてないよう。戸惑う21歳の心を森栄喜氏が写し出した──。

MY CHARACTER

―極度の人見知り―

休みの日は家にいることがほとんどです。何となく音楽を聞いたりテレビを見たり、寝たり……、クソみたいな休日です(笑)。

でも最近、好きなものの世界観が一緒という友達ができて、飲みや遊びに出かけるようになりました。

18歳で北海道の石狩から東京に出てきて、ずっと友達がいなかったんですけど。僕、極度の人見知りなんですよ。子供の頃から知っている地元の友達とは、バンバン喋るしアホなこともいっぱいするんですけど、慣れていない人とは距離を詰めることができない。

だからドラマの現場でも、共演者に話しかけられないですね。必要最低限のやり取りをするだけ。

ただ『おっさんずラブ』の現場は、僕が最年少だったこともあって皆さんイジッてくださって。撮影中はよく飲みにも行 ってましたし、僕の中ではかなり喋ったほうです。

僕、心を開いたら〝明るいヤツ〞なんですよ(笑)。自分から遊びにも誘うし、リーダー的に仕切ったりもしますし。あー、でも日によって落差が激しいかもしれません。友達からは、「お前はよく分からない」と言われます。でも、とくに直したいと思っているわけでもないんですよね。

AS AN ACTOR

―ずっと焦ってきた―

将来のこととか何も考えてなくて。ただ高校3年のときに地元でオーディションが開催されたので、珍しくて友達とノリで受けたんです。そうしたら俳優・モデル部門で優勝して、あっという間に東京に行くという話になって。

「田舎を出られる」と最初は嬉しかったんですけど、行った後は「何で来ちゃったんだろう」と。友達もいないしゴミゴミしていて孤独だし。

思うのは、東京にいると考え事ばっかしているな、ということ。結果を出したくて勉強すればするほどストレスが増えていく。上京して4年目ですけど、いまだに〝戦いに来ている〞という感覚です。だからしょっちゅう石狩に帰ってます、回復のために。

でも、いいこともいっぱいありました。ずっと、「この世界に入ったからには……」と焦っていたんですけど、今は「純粋に一つ一つ頑張ろう」と明確になりました。

僕は、大人の世界に行きたい思いが強かったんです。でも今はそれはいらないんじゃないか、それよりも今しかできない表現をしよう、と。そう思えるようになったのは、友達から刺激を受けたおかげです。もがいていない人とつるんでいたら、何も気づけないままだったと思うから……。

ABOUT MY BODY

―バスケがしたい!―

中学、高校ではバスケ部に入っていました。小学校のとき仲良かった友達に誘われて始めて、ドはまりして。中学ではかなり本気でやってたんですけど、高校ではもう「楽しく」という感じになってました。

でもバスケは今もたまに、無性にやりたくなります。そんなときは友達と公園でやったりするんですけど、僕としては試合がしたいんですよね。

去年は『明日の約束』(KTV)というドラマでバスケ部のキャプテン役をやらせてもらって。久しぶりに大人数でプレイできたので楽しかったです。

バスケ以外にやってみたいスポーツは、とくにないですね。今は何もスポーツはしていないし、体作りもしていません。体質的には太りにくいので、食事も好き勝手に摂ってます。お酒を飲むのも好きだし、脂っこいものも平気で食べる。ただむくみやすいので、撮影前日のラーメンは控えてますけど。

理想の体型は、ちょいポッチャリ。ちょっとお腹に肉がついているくらいが、気取ってなくていいかなって。だって、鍛えていると「あいつ、モテようとしてんな」と思われそうで嫌じゃないですか(笑)。

衣装/すべてスタイリスト私物


PROFILE|金子大地(かねこだいち)
 
1996年9月26日生まれ。北海道出身。179㎝。「アミューズオーディションフェス2014」の俳優・モデル部門賞を受賞し、デビュー。4月期ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でイマドキ新入社員を好演し話題に。公開待機作品に映画『家族のはなし』がある。
Photos:Eiki Mori Styling:Kyu(YOLKEN) Hair&Make-up:Mai Yamazaki Interview:Naoko Yamamoto Design:attik

ViVi連載 ―tokyo boy cam―

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE