2016.09.04

甘口but「背のびなオトナ」♡ イガリシノブさんが教えるNEW色っぽメイク

今までの色っぽメイクより少し大人な、NEW色っぽ顔=21歳のアリサ顔。そのチーク&リップのプロセスを大公開。イガリさんによる各アイテムの選び方・使い方のポイント解説も、しっかりチェックしてね♡

ヘルシーな甘さの血色ピンク
「ちょっとだけくすんだ感じが狙い目。甘いけど甘すぎないピンクが、背のびな大人って感じ」チークパウダー 52 ¥3400/クルール キャラメル


 #STEP 1. 

Aを頬骨下に小さく


 #STEP 2. 

手で境目をぼかす



ちょっとゴスロリな風味入り

[B]ひと塗りで色づくマットオレンジ 「赤? オレンジ? っていう絶妙なおしゃれ色」 ルージュ ピュールクチュール マット 213 ¥4100(8/19限定発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ [C]ピタッとついて唇をうるぷるに 「唇のコンディションを整えてくれる、リップメイク前の必需品」ハイドロチャージ リップバーム 7g ¥4000/エレガンス コスメティックス [D]じゅわっと染めて生な血色感を演出 「ゴスロリ風味のダークなグロスで唇をトーンダウン」キャンメイク リップティントジャム 03 ¥650(10/3限定発売)/井田ラボラトリーズ


 #STEP 1. 

Bを小さめに塗る


 #STEP 2. 

ブラシにCをとる


 #STEP 3. 

唇全体にのばす


 #STEP 4. 

軽くティッシュオフ


 #STEP 5. 

唇全体にBを直塗り


 #STEP 6. 

山をキレイにとる


 #STEP 7. 

Dを全体に重ねる



リップはマットリズム


イガリシノブさん
 一大ブームを巻き起こしたおフェロメイクの生みの親。おしゃれで必ず可愛くなれるメイクが人気で、ViVi連載「イガリクリニックへようこそ!」も大好評。
photos:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Shinobu Igari/BEAUTRIUM styling:Ruri Matsui model:Alissa Yagi(ViVi exclusive) design:attik text:Hiroe Miyashita

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!