2016.10.25

なうのメイク必修科目! ブームのリキッドシャドウを攻略!

この秋、本格的ブームの予感が、キラキラ系メイク。とはいえ、ひと昔前のような大粒ギラギラ系じゃなくて、輝きで濡れたようなツヤを楽しむためのもの。これは必修科目です! グリッターの新しい使い方を人気ヘアメイク・ぴーちゃん先生に教えてもらおう♡

グリッターリキッドは大胆に塗ってギラつかせる

パウダーよりもみずみずしくて、パーリーな輝きが特徴のリキッド。光が当たるとラメが反射して色が飛ぶから、大胆に塗るくらいが潔いっ!

みずみずしいツヤ
ウォーターベースで軽やか。クラシック フィルム アイズ 02 ¥3000(限定発売中)/RMK Division


➊ 手の甲で量を調節する

ダイレクトにチップで塗ると、ムラになったり量が多すぎたりしやすいから、一度手の甲に出すこと。

➋ トントンと叩き塗り!

クリームチークを塗るときみたいに、まぶたにトントンのせながら薄くベースを作っていく。

➌ 重ねて濃さを調整

1と2を繰り返して、目尻側を長く広めになるように重ね塗りを。ここも滑らせずトントン塗りで。

➍ ブラシでなじませる

何もついていないブラシを使って、ムラを無くすようにサッサッとホウキで掃く感覚でなじませていく。

➎ キワにライン状に引く

上まつげのキワにブラシの幅を生かしてラインを引く。同じアイテム1つでコントラストがつけられる。

▼ ▼ ▼

リキッドシャドウでつやんっ!

目尻広めのフェザー型で反射面を広げる
「塗る面積を広くしておくと、その分光を受ける場所が多くなってツヤで色が飛ぶんです。だから、広くしっかり塗っても大丈夫!」

キワにライン状のシャドウを入れてくっきりさせる
「のっぺりしないように、同じ色で濃淡をつけるといいよ! 全体にのせた後に、キワに太くアイライン風に重ねて目力を出して」

グラデっぽくぼかして肌になじませる
「くっきり広く塗るとアート作品みたいになっちゃうから (笑)、指で広げて境目が自然にボケるようになじませるのが鉄則だよ」

⋆ OTHER PARTS ARE… ⋆

□ 眉の細さとフェザー型アイ

□ ベビーピンクのリップで甘くする

目元がギラギラなのに、リップも強めはトゥーマッチ。可愛げポイントとして、リップはピンク系をチョイスすべし。眉も強すぎるとパッティングするから、細めが好バランス。
Photo/Chizuru Abe(LOVABLE/model),Yasuhiro Ito (still) Hair&Make-up/Hitoshi Nobusawa Styling/Aino Masaki Model/Yui Sakuma(ViVi exclusive) Text/Kazuko Moriyama Design/LaChica

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE