2017.09.02

Sサイズさんも安心♡「ロンスカ」でスタイルアップさせるための8つのテク!

肌見せで抜け感をキープできない秋の、スタイルUP方法を徹底検証。「重く見えない?」「ロンスカに着られちゃわない?」って心配な子、必読です!!

テ ク 1

Vカットパンプスでつま先まで視線をつなぎ、脚長に!

Vカットパンプス¥5900/REZOY 花柄フレアスカート¥12000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 レースアップブラウス¥8400/Lily Brown パールピアス¥1900/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ファーバッグ¥2999/スピンズ

スタイルUPを考えると、やっぱりパンプスが最強。中でも甲がV字にあいたものは、裾からつま先までを分断せず、スーッと脚を延長して見せてくれるんです。つま先が尖ったポインテッドなのも美脚の秘訣。
テ ク 2

トップス明るめ×ロンスカ暗め。色のメリハリを効かせる。

イレヘムスカート¥1990/WEGO パフスリーブニット¥9500/snidel メガネ¥1998/スピンズ ファーバッグ¥14800/サミール ナスリ ルミネエスト新宿店 パイソン柄サンダル¥8000/アダストリア(JEANASIS)

トップスを明るめカラーにすれば、それだけで全体の印象がスッキリ。暗めカラーのロンスカはシアーな素材を選ぶのがベター。上はニットで下はシフォンと、素材でもメリハリをつければもう完璧。
テ ク 3

ロングスリット入りなら美脚効果&抜け感演出が一気に叶う♡

ロゴスカート¥8500/X-girl store ラメパーカ¥7000/jóuetie サングラス¥2990/GYDA ルミネエスト新宿店 バッグ¥7800/ムルーア 新宿ルミネエスト店 ショートブーツ¥49000/フィルム(ザ キャットウィスカーズ)

ラフなパーカに女っぽいスリット入り、そのギャップにドキッ♡ 縦長ラインを強調しつつ、チラリと覗く肌で "抜け"をキープ! トップスの肌見せは難しい季節だけど、これならイケるでしょ?
テ ク 4

腰位置をとにかく高く!! 胸下からのスーパーハイウエストを選ぶ。

ハイウエストスカート¥12800/lilLilly TOKYO(lilLilly) リブニット¥990/GU ピアス¥5900/キャセリーニ(ル・ベルニ) バッグ¥9250/サミール ナスリ ルミネエスト新宿店 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

これまでのハイウエストを超える、スーパーハイウエストが新登場! 腰位置さえ高く設定すれば、バランスキープは確実です。ストライプの縦線効果も相まって、驚くほどの脚長に錯覚!
テ ク 5

ひざからの裾透けスカートなら、ミニスカ級に軽さを出せる

レースタイトスカート¥15000、 オーバーサイズGジャン¥12000/snidel ロゴT¥1380/ザラ・ジャパン(ザラ) ベレー帽¥3700/サミール ナスリ ルミネエスト新宿店 バッグ¥3990/バロックジャパンリミテッド(AZUL BY MOUSSY) サンダル¥8900/titty&Co.ルミネエスト新宿店

トップスINをしなくても、 こんなに好バランス。露出してる感じはしないけど、脚が透けて見えるからしっかり軽さを出せる優れモノ。タイトでもフレアでも、その効果は同じ♡
テ ク 6

ロングベルトを垂らして縦長ラインを強調する!!

ロングベルト¥1599/スピンズ リブトップス¥3990/EVRIS 新宿ルミネエスト店 花柄レーススカート¥9800/MIIA ファーサンダル¥4900/R&E(weewillie)

大注目のロングベルトも有効! ウエスト位置もマークできる上に、端を垂らせば縦長効果もある一石二鳥のアイテムなんです♡ ブルートーンのコーデに際立つ白をピック。少し細めのベルトでシャープな印象をつくって。
テ ク 7

秋も人気は健在! オフショルで顔周りをすっきりさせる。

フリルオフショルニット¥10800/lilLilly TOKYO(lilLilly) 切り替えデニムロンスカ¥21000/FURFUR ロゴキャップ¥2900、グリッターチョーカー¥500/スピンズ ひょう柄ブーツ¥5555/H &M カスタマーサービス(H&M)

ブランドプレスも実践していた鉄板テク。タイトなオフショルで上半身をぴったり&すっきりさせ、目線を上へと導いて。顔周りが寂しいときは、チョーカーやキャップを足せばOK。
テ ク 8

首元にスカーフをON。ポイントを上につくる。

スカーフ¥3800/RD ルージュ ディアマン ベルト付きイレヘムスカート¥4900/アダストリア(Heather) ニット¥3500/ダズリン フープピアス¥700/スピンズ ミュール¥5900/REZOY

顔周りにアクセントがあれば、重心が上がって見えるもの。スカーフを前で結んで、その存在感を思いっきりアピールしちゃいましょ! スカーフの雰囲気に合わせ、深色のカラーブロッキングでレトロにコーデ。

秋は肌見せできないから、テクニックを使って乗り切っちゃおう!!

あなたにオススメの記事

Photos:Kenji Nakazato(model),Saki Omi,Tohru Daimon,Tatsuya Hamamura(snap) Makoto Muto(still) Styling:Rina Kato Hair&Make-up:Konomi Kitahara Model:Alissa Yagi,Emma Jasmine,miu(ViVi exclusive) Composition:Noriko Yoshii Design:attik Cooperation:EASE

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!