2017.09.02

高杉真宙「女の子と花火大会に行ったことがない」!?その理由とは?

7月に21歳の誕生日を迎えたばかりの高杉真宙さん。俳優歴はすでに9年目。濃厚な10代を送ってきただけに、夏の思い出もきっと濃厚なはず、と期待して伺ったところ……!? "真夏のメモリー"についてたっぷり語っていただきました!!

女の子と花火大会……行ったことないですね(笑)

ファブリーズのCMに登場する三兄弟の、爽やか長男で有名な高杉真宙さん。初登場時は15歳だった彼も、先月21歳に。その直前の、19歳から20歳の終わりまでを7人の写真家が追った写真集『20/7』が発売された。

「去年の5月頃から約1年かけて撮っていただいたんですが、僕自身が一番自分の変化を感じられて面白かったです。20歳になったときは、『もう大人だし、男っぽく見られたい』という気持ちが強くなって。それで去年の冬から筋トレを始めたことで、特に変わったかな、と。その"最新"の僕が、写真集の最初の、半沢健さんに撮ってもらったものです。『男に憧れられる体』が目標だったのですが、骨っぽく撮っていただけたので、嬉しかったです」

12歳で俳優の世界に入り、その3年後には映画で主演を務めるようになるなど、あっという間に売れっ子に。自身でも「波乱に満ちていた」という10代を送ってきた。

それだけに夏の思い出を聞いてみても、出てくるのは仕事に絡んだものばかり。

「去年の夏は映画『PとJK』の撮影で函館にいたので、函館山から夜景を見たことが印象的でした。今年も夏休みはゼロになりそうなんですけど、やはり撮影で愛知県の知多半島に行くので、時間を見つけて観光しようかなーと。有名なひまわり畑があるらしいので、それを見てきます!」

あまりにストイックな思い出ばかりなので、思わず「もう少し、夏祭りデートをしたとか、そういうのはないですか?」と尋ねたところ……。

「僕、人混みが苦手なのでお祭りとか全然行かなかったんですよね。強いて言えば、漫画が好きなので、コミケに毎夏行ってたぐらいです。友達は女の子と花火大会とか行ってましたけど、そういうのも全くなくて。子供の頃、海、川、湖の全部で溺れているので、水系も苦手。違う意味で、ほろ苦い思い出ばかりですね……。でもまだ21歳になったばかりですから、これからたくさん作りたいと思います!」

P R O F I L E.

1996年7月4日生まれ。福岡県出身。2009年に俳優デビュー。9月には2本の出演映画『トリガール!』と『散歩する侵略者』が公開予定。趣味は漫画を読むことと散歩。

I N F O R M A T I O N.
20/7』 2nd PHOTO BOOK
高杉真宙 写真集

20歳の高杉真宙を7人の写真家が様々な視点で切り撮った写真集。そこには20歳直前のまだあどけない表情から、男っぽくなった最近の姿までが余すところなく収められている。これまでの人生を振り返ったロングインタビューも必読! ¥2500/ワニブックス

・・・8月23日に発売されたViVi10月号には、高杉真宙くんのサイン&メッセージ付き写真集の応募券がついてるよ!! どしどし応募してね!!
撮影/北岡稔章 スタイリング/森山優花(S-14) ヘアメイク/堤紗也香 取材・文/山本奈緒子

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE