2017.09.26

圧倒的なビジュアル!玉城ティナが内に秘めている未来予想図とは?

7月号で創刊34周年を迎えたViViが、"世界イチ可愛い"と自負するViViモデルの「素の瞬間」を切り取る、1年間の期間限定連載。第5回目は玉城ティナ。思わず目を奪われるその圧倒的なビジュアルの内側に、繊細だけど誰にも崩せない「自分」というものを持っている。オーディションをきっかけに僅か14歳で脚光を浴びた彼女も、今年ついに歳を迎える。少女からオトナへと変わる今、めまぐるしく過ごしてきた街・東京を旅する。

美少女ずかん
Vol. 5

〝オトナ一歩手前〞浅草の休日。

― 職業・玉城ティナ。

モデルになりたくてこの世界に入って、今は演技の仕事もさせていただいて。

最近では自分でちょっと書いたりもしていて。
本を読むのは昔から好きだったから、いろいろな人と接して毎日の中で感じたことや、年齢を重ねることによっても変化していく自分の考えを残していけたらなぁと思って今、書き溜めています。

「作家」なんていうとおこがましいけれど、今自分が立っている場所よりも大きく名乗ったほうがいつかそこにハマる気がして。

すべてのベースには「表現」があるのかも。「玉城ティナ」っていう肩書の人間になれたらいいな、と思っています。

― 恋愛は、「待つ人」。

真面目な小・中学生でした。
成績もまぁまぁ良く、陰気だったから男の子との思い出もほとんどなくて(笑)。

初恋は……、学校の先生だった気がする。恋っていうか憧れてただけだけど。誰かを好きになることはあっても、自分から狙いを定めてアプローチすることはほとんどないです。押しに弱いんです、私(笑)。

自分から好きになった人は、私のことを好きになってくれないんですよね(涙)。

友達には、「好きだなんて相手に気付かれてないから!」ってよく言われます。自分が思っているより、100倍くらいの行動を起こしたほうがいいよって。恋愛に対しては、どうしたらいいかわからない、ってまだ思っています。不器用すぎて、距離感がつかめない。私を好きになってくれる人には、恐縮です、っていつも思います。

恋愛は、まだこれからかな。

― 20代を迎えるこの1~2年が一番大事。

今はとにかく何でも挑戦したいです。
もっといろんな人に私のことを知ってもらって、お仕事の面でも幅が広がればいいなと思います。あと、もっと写真をちゃんと撮られたい(笑)。今みたいに、スタッフのみなさんからアイディアをいただくだけだと申し訳ないから、何をやりたいかを自分からもっと発信できるようになりたいです。

ベルト付きペプラムシャツ¥32000/MIKIOSAKABE(Jenny fax) 花柄ミニスカート¥8800/Lily Brown ウッドソールシューズ¥33000/MATT(MURRAL) ソックス/スタイリスト私物

ちょうど最近、2週間集中して映画の現場に入っていたのだけど、恋愛をして女の子が変わっていく姿を演じるのが初めてで、なおかつ原作がある作品だったから、かなりプレッシャーでした。

モデルと女優、作品を作るという意味ではどっちも一緒だけど、映像はより長い時間、役に向き合うから、そういう意味では毎日が挑戦でした。

実は、初めて演技の仕事をした時は、もう絶対やりたくない!って思ったんです。現場の雰囲気もモデルの仕事とは全然違うし、何でこんなに大変なことをやらなきゃいけないんだろう?って。レッスンもほとんど受けたことがなくて、いきなり演技を始めたので、最初はとても恥ずかしかったけど、今はいつでも役に入れる。いつのまにか女優の仕事が、自然と自分の一部になっていました。

― デビュー時の印象を払拭したい時もあった。

17歳くらいの時に、一時期、自分のイメージを一度フラットにしたいと思っていました。デビュー時のイメージがあまりにも強くて。

だから一回フラットにして再構築しよう、ともがいたこともあったんだけど、やっぱり変わらないな、好きなものって。だから、好きなものを貫くことに決めました(笑)。

でも、「好きなものって何?」と聞かれると、まだそれをはっきり答えるのが難しい。「これです!」って、まだ何ひとつ言えないんです。その曖昧さがいいところでもあり、悪いところでもあるんだと思うんだけど。

私は天秤座なので、常に秤にかけてる感じなんです。

何かにグッと重きを置く時ってどういう時なんだろう?って自分でも興味がある。今はモデルに傾いてはいるけど、女優に傾いた時に自分はどうなるのかなって。秤に載せたいことが3つとか4つとかに増えた時に、自分の中のバランス感覚がどう変わるのか、何を目標としていくのかが知りたい。

こういう風になりたい!っていう未来予想図がまだ、自分の中に定まっていないから、自分で探しにいくしかない。自分、起きろ!って感じです(笑)。

袖フリルトップス¥23000、フレアスカート¥36000/WALL(MIYAO) ブーツ¥14800/lilLilly TOKYO(lilLilly)

……9月23日発売のViVi11月号『美少女ずかん。』では玉城ティナの素の表情がもっとたくさん見れるよ♡ ぜひチェックしてね!!
 

P R O F I L E
1997年10月8日生まれ。沖縄県出身。 2012年7月、講談社主催の「ミスiD 2013」のオーディションにてグランプリを獲得し、同年10月号から本誌専属モデルに。2014年8月号ではViVi史上最年少で単独表紙を飾り話題になるなど、モデルとしての活動のほか、女優として『PとJK』、『貞子VS伽椰子』など映画にも多数出演。

あなたにオススメの記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  
撮影/尾身沙紀(io) ヘア&メイク/中山友恵(ThreePEACE) スタイリスト/松居瑠里 モデル/玉城ティナ(本誌専属) デザイン/アティック

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE