2017.10.03

ローラの素敵すぎるデュアルライフ♡LAを選んだ理由とは?

今回、私たちはローラに会いにLA渡航を決行。半年ぶりとなるカバーストーリーの舞台となったのは、LAから車で2時間ほど駆け抜けた先にある、岩山に囲まれた大地。大好きな’90sの音楽をバックに、思いのままにポージングする。そんな自由な彼女の動きをかっこよくおさえたフォトセッションはスタッフ全員の心に残る、素敵なものとなった。「今回の撮影でLAがもっと好きになった!」と語っていたローラ。40度近い灼熱の太陽の下で撮りおろした、今のローラに注目!!

rola





 

 
ローラはLAでもがんばってるよ~。
いまチャレンジしたいの。
あとで後悔したくないから。
                               
       

少し女っぽく着こなしたいロングマキシドレス。ドレス¥228000/3.1 Phillip Lim Japan(3.1 Phillip Lim)

LAと日本のデュアルライフを始めてもう4年。"来ればくるほど、LAが好きになった"というローラ。今回はLAでの生活のお話を中心にいろいろ語ってくれたよ。
 












Q. 今回、ViViでは3年ぶりのLAでの撮り下ろしでしたがどうだった?
LAにいる間、たまに郊外にドライブに行ったりはするけど、今回の撮影で行ったパイオニアタウンは初めてだったの。行く途中に風車がたくさんあったり、岩山がすごくカッコよかったり、LAにいても普段なかなか行かない場所での撮影だったから、大自然のエネルギーを感じてすごく刺激を受けた一日だった!

Q. いつから日本とLAを行き来するようになったの?
もう4年くらい行き来してるかな~。2年くらい前から頻度を増やして、3週間LA、1週間日本の生活にしたの。 LAみたいに明るくて太陽いっぱいの土地が、生まれ育ったバングラデシュとも似てて、やっぱり自分にあってるんだと思う。

Q. 4年前にLAに来て、失敗したことはある?
4年前は全然英語が喋れなかったから、その時は全く友達がいなかったの。喋れないことが本当に悔しくて……そのとき、中学生英語を一から習い始めたの。本当に「I want……」というところから始めた。人と話す前にまずは基礎をしっかりと覚えなきゃと思ったから。 基礎を勉強すると同時に、常に人と話すように意識してやっていたの。もちろん挫折しそうな時もあったけど、でも途中であきらめるのが嫌いだから、最後までやりきりたいという気持ちで努力したんだ。家にいるときも英会話を流したり、アプリで学んだり、寝る直前まで英語に触れるようにしていたら、自然とどんどん喋れるようになったの。今もまだまだパーフェクトじゃないけど、でももっともっと努力して、夢を追いかけていけたらいいなと思ってるよ。

Q. LAのどこに魅了されたの?
いろんな国の人と会うのが楽しい!っていうところかな。自分もいろんな国の血が混じってるし、LAに来れば来るほど、世界中のいろんな国の、いろんな分野の友達とつながることができた。私は料理がすごく好きだから、LAに住む料理業界の人達と打ち合わせをしたり、それが何かの形になって、より多くの人に伝えることができたらいいなって思っている。そうやっていろんな人と会っていくうちに、忘れかけていた「好き」という気持ちがまた蘇ったり、人の意見で自分の考えがまた深まったりして、自分がどんどん成長していくのを実感したかも。まだまだいろんなことが準備段階で具体的になにかは言えないけど、自分の好きな事でたくさんの素敵な輪をつないで、いままでよりももっといろんな可能性が広がっていくのが本当にすごく楽しいの。

オールインワン¥40000/プーマ お客様サービス(PUMA by Rihanna) サングラス¥3600、フープピアス¥ 5000/lilLilly TOKYO(LILICIOUS) ベルト¥31000/4K(THE Dallas) ブーツ¥94000/JOHN LAWRENCE SULLIVAN

フレアシルエットになった、ニットオールインワン。スポーティーなライン入りなのがポイントです。

9月23日発売のViVi11月号では、LAで頑張っているローラの今の思いやこの他にもたくさんのインタビューが掲載されてるよ! ローラの素顔がつまったカバーストーリーは必見♡♡♡

ローラに関する記事

あなたにオススメのFASHION記事

あなたにオススメのBEAUTY記事

今月のいちおし記事

MODEL:ROLA PHOTOGRAPHER:SARAI MARI(SLITS) MAKE-UP:CHERISH BROOKE HILL HAIR:YUICHI ISHIDA
STYLING:SHINO SUGANUMA COMPOSITION:MAYUKO KOBAYASHI COORDINATOR:Ninetyeight Industries,Inc. DESIGN:attik

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE