2017.11.19

竹内涼真に恋愛観をインタビュー♡女のコに求めること、そしてイイ男の条件とは?

女のコをふわっとやさしく包み込み、最大限に可愛く魅せてくれる冬の主役アイテムといえば=ニット! 触れるたびにハートの温度まで上げる柔らかなあったかニットが、竹内涼真とトリンドル玲奈の距離をグッと近づける♡

ちょっと特別なときには……

♥ 派手ニット ♥

Reina's Comment
私が選ぶニットといえば、黒ニットとかタートルとかシンプルなものが多いから、違うタイプのニットにも挑戦したい気分。こんな風にフリルみたいなちょっとしたアクセントがあるのもいいな♡ ボトムも同系色でまとめた、こんなベリー配色……気になります。

【REINA】フリルつきリブニット¥8800/Lily Brown タイトスカート¥9200/snidel イヤリング¥16000/イー・エム ピクチャレスク(DRESS UP EVERYDAY) 【RYOMA】ブルーのニット¥220000/ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店(ルシアン ペラフィネ)、パンツ¥23000/阪急メンズ東京(セラードアー)

LOVE

「一言でいえばハッキリしている人が好き。考えや物事の決め方が、だいたい2択の人。好きか嫌いか、やるかやらないか。ちゃんと自分の信念のもと行動できる人がいいなと思います。ボク自身ハッキリしてるタイプなので、思ったことは伝えるし、疑問に思ったことも率直に聞いちゃう。 〝なんとなく探る〞みたいなことができないから(笑)。」

これは「好きな女性のタイプは?」という質問を受け、即座に返ってきた涼真くんの答え。

まずは独自の恋愛観からインタビュー!
もし、好きな人と意見が分かれてしまったら? そんな質問を続けると……。

「うーん、それぞれ違う考え・意見を持ったふたりが、そのまま進んでいったら平行線をたどる一方でずっと分かりあえないですよね……。ましてやそれが男の人と女の人の場合、根本的な違いから絶対に理解しがたい部分があるのも事実。だからこそ、ここは努力が必要! まずはやっぱり男子が理解しようと頑張らないと。少しでも歩み寄る努力をして、いつか2本の線がちゃんと重なるように。そういう意味でも趣味が合ったり、気が合ったり、少しでも共通点はあったほうがいいのかな」

思いやりにあふれ、紳士的な考えを持つ涼真くんに編集スタッフは完全にうっとり♡ さらに取材を進め、女のコに求めること・男として考えるイイ男の条件を聞かせてもらうことに。

「女の人は笑顔で、そしてポジティブでいてくれれば、それだけでいいです。男に必要なのは、なんだろう? 余裕ですかね。余裕のある人って大人だと思うし、カッコいい! ボクは元々の性格が穏やかなほうなので、余裕があるように見えるかもしれない。ただ、何かに集中しているとどうしても短気になっちゃうこともあって、まだまだ修行が必要。でも意識して〝余裕〞を心がけるようにはしています。何においても一歩引いて見るって大事で、基本的になんでも〝感情任せにやる!〞というのは、イイ結果を招かないと思うんです」

24歳とは思えないほど、大人で、客観的で、冷静。こんな彼氏が本当にいたら、世界中の女のコは恋愛で悩まずに済むと思う。

P R O F I L E
1993年4月26日生まれ。TBS日曜劇場『陸王』で、物語のキーとなる陸上部員・茂木裕人を熱演中! ドラマのために練習を重ねたという走りにも注目。毎週日曜、よる9時が待ちきれない!
model:Ryoma Takeuchi, Reina Triendl photography:Takao Sakai(aosora)
[Ryoma Takeuchi]styling:Takashi Tokunaga hair&make-up:Tomokatsu Saito [Reina Triendl]styling:Hitomi Imamura(io) hair&make-up:Hitoshi Nobusawa Design:attik composition:Yuri Sugiyama

最新号の記事をピックアップ

ViVi12月号は
ココから購入できるよ!

あなたにオススメの記事

おすすめのファッション記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE