2017.11.29

八木アリサ、CAになることが夢だった。人生がぐるっと変わった衝撃を受けた出来事とは?

2017年7月号で創刊34周年を迎えたViViが、"世界イチ可愛い"と自負するViViモデルの「素の瞬間」を切り取る、1年間の期間限定連載。第7回目は八木アリサ。アリサと言えば、ガーリーな服はもちろん、辛口なものやエッジの効いたものまで幅広く着こなす、ViViモデルイチのマルチプレイヤー。そんな彼女が、さらなるステップアップを目指し、この秋から演技の世界に足を踏み入れた。商売の神様の鎮座する神田明神にて、新たな一歩を踏み出す決意を聞いてみた。

美少女ずかん
Vol. 7

CAになるのが幼い頃からの夢だった。

ViViに入る前はティーン誌でモデルを少しやってました。当時は部活動の代わりの、放課後の気軽な遊び感覚で撮影に参加してて。今のようなプロのモデルに将来なるなんて全然思ってなくて、CAになるんだって心に決めていました。

ご縁があってViViに顔見せに行ったら、まさかの撮影に呼んでいただける事態に。ViViが一番好きな雑誌だったけど、自分が誌面に出られるとは想定外。初めての撮影に行く時は、北海道から飛行機に乗って、緊張のあまりリュックを下ろすことも、背もたれに背をつけることもできなかった(笑)。この初めての撮影で、いい意味で、モデル人生の中で一番の衝撃を受けました。

紗羅マリーさん、木下優樹菜さん、大石参月さんと私の4人姉妹設定の企画。自分だけ田舎っぺ丸出しで、一人だけつけまつげを2枚くらいつけられたりして(笑)。その現場で初めて「職業=モデル」の方々の現場を拝見。雑誌の中だけで見てたそんな人たちが捨てカットなくテキパキとカッコよく仕事をしているのを目の当たりにして、「うわー!!!」って。頭を殴られた感覚でした。

それからは、ずっと先輩の背中を追いかけてきた。先輩を追いかけて、食らいついて、自分の中で小さな目標ができて。だんだんとそれが、名前がつく企画→2大対抗の企画→ガーリーの代表→ モデルたちみんなでの表紙→ピン表紙、という風にどんどん大きくなってきて。今では、私が入る前からいたのは(トリンドル)玲奈さんだけ。年齢的には真ん中だけど、結構な古株になってきました(笑)。

うさぎニット¥37000(RYOTA MURAKAMI) ファー付きデニムパンツ¥46000(PONY STONE)/ル・シャルム・ドゥ・フィーフィー・エ・ファーファー お花ヘアピン¥2000/WALL(YURIKO ETO) 青ラメブーツ¥13990/EVRIS 新宿ルミネエスト店

・・・11月22日(水)発売のViVi1月号『美少女ずかん。』では、女優のお仕事のこと、玉城ティナと普段話していることなど……、今のアリサの素直な気持ちをいっぱい語ってくれてるよ♡ 素顔が垣間見える表情が詰まったViVi1月号は必見です!!

P R O F I L E
1995年7月31日生まれ。北海道出身。2008年よりティーン向け雑誌にてモデルとして活動を開始。2011年10月より本誌専属モデルに。国内外でのファッションショーへの出演のほか、台湾版ViViの表紙を飾るなど、日本のみならずアジアでも人気を得ている。

美少女ずかん。の記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  
撮影/尾身沙紀(io) ヘア&メイク/信沢Hitoshi スタイリスト/松居瑠里 モデル/八木アリサ(本誌専属) デザイン/アティック

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE