2018.01.09

トリンドル玲奈を何度も救った、意外すぎる「正義のヒーロー」とは?

ViVi本誌の連載『レイナのナレタライイナ』は、毎月トリンドル玲奈が“なれたらいいな~”って思う憧れの人になりきってみようというコンセプト。毎回撮影を担当してくださるのは、川島小鳥さん。今回は、『天使にラブ・ソングを…』になりきってみたよ♡

『天使にラブ・ソングを…』とは

1992年公開のアメリカ映画。殺人現場を目撃し命を狙われる身となったクラブ歌手が、匿われた修道院で様々な騒動を巻き起こすコメディ。聖歌を勝手にゴスペル風にアレンジしたりと、彼女の出現により厳格で退屈な修道院が活気に溢れていく。

@銀座線 銀座駅 9:00am

サングラス¥14000/eyes press(SABRE) その他/スタイリスト私物

―― 正義のヒーローはどこにいる!?

みんなはヒーローに憧れたことある?

『美少女戦士セーラームーン』とか言うのが一般的なのだろうけど、私の場合は『ちびまる子ちゃん』。あのテキトーな性格と、ピンチもなんとかなってしまう強さと。日曜の夜に何度救われたことか(笑)。

この連載を読んでくれている読者の方は、そろそろ私が堅物で真面目一辺倒な人間だと理解してくれているかもしれませんが、その通り(笑)。

そんな自分が自分らしくて好きではあるけれど、時に不安に押しつぶされそうになったり疲れちゃったりするんだよね。そんなとき、『なんとかなる!』って言葉をかけてくれる、いわば少しテキトーな人がいると気が楽になって生きやすくなる。私にとってまさに正義のヒーローなのです。

ある人の存在でまわりが明るくなったり元気がでたり。そんな、人を笑顔にするパワーを持った人ってヒーローだと思うの。立派に平和を守ってる。私も誰かにとっての正義のヒーローになれてるかなぁ。このお仕事を通して、世の中の誰かの助けに少しでもなれていたら本望デス。

てことで自論。正義のヒーローは星の彼方から来たっていうのはウソで、家族や友人、恋人……案外身近なところにいるはず。みんなも自分なりのヒーローに出会えていますように。

2017年の人との出会いに感謝しつつ、来年もどうぞよろしくお願い致します♡
ヘアメイク/Paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/松居瑠里 モデル/トリンドル玲奈 構成/筒井裕子 デザイン/attik

トリンドル玲奈に関する記事

ファッションおすすめ記事

ビューティおすすめ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE