2018.02.02

ただ服を着るだけじゃない!emmaがモデルとして伝えたいこと。

2017年7月号で創刊34周年を迎えたViViが、"世界イチ可愛い"と自負するViViモデルの「素の瞬間」を切り取る、1年間の期間限定連載。第9回目はemma。モードからストリートまで着こなす、モデルとしての幅の広さや、トレンドを敏感に取り入れるおしゃれ感度の高さで瞬く間に人気モデルとなったemma。最近はモデルのみならず、TVやラジオのナビゲーターを務めるなど、その活躍ぶりはとどまることを知らない。大好きだという故郷、北海道の大地を彷彿とさせるマザー牧場で、本音を聞いてみた。

美少女ずかん
Vol. 9

ただ服を着るだけならマネキンでいい。

モデルという仕事をやっている限りは、着せてもらう服をよく見せることがまず大事だとは思うけど、それと同時に自分でも発信できる存在でないと意味ないなと思っていて。

もともとファッションが好きってこともあると思うけど、せっかくこういうお仕事をやらせてもらってるからには雑誌が提案するものとは別に、自分でもいいと思うものをみんなに伝えたい。それが実際に流行ったら嬉しいし、そうやって発信していくことが将来にもつながっていくのかなって思ってる。

自分をプロデュースしていけないと、今の時代、モデルとしては先がないのかなって思うから、それを磨くように意識してます。更に最近は、モデル以外にテレビやラジオのお仕事もするようになって、求められるものがモデルとは全く違うので、収録の度に鍛えられるし毎回勉強のつもりで臨んでいます。

バラ付きレースブラウス¥18000/PAMEO POSE 花柄フレアパンツ¥26000/H3Oファッションビュロー(kloset) ジャケット、ブーツ/スタイリスト私物

・・・つづきは、1月23日(火)発売のViVi3月号『美少女ずかん。』でチェックしてね♡ 普通の女の子に戻れる唯一の場所でのことや、ViViへの想いなどセキララに語ってくれてるよ♡ emmaの素顔がいっぱい詰まったViVi3月号は必見です!!

P R O F I L E
1994年4月1日生まれ。北海道出身。文化服装学院在学中にモデル活動を開始。2014年10月号より本誌専属モデルに。モードからストリートまで幅広いジャンルのファッションを着こなし、本誌でも私服企画が人気を集める。モデル以外に、『A-Studio』(TBS)のアシスタントや『SONAR MUSIC』(J-WAVE)のパーソナリティーとしても活躍中。

美少女ずかん。の記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yujiの星の王子様通信]  
撮影/尾身沙紀(io) ヘア&メイク/福岡玲衣 スタイリスト/松居瑠里 モデル/emma(本誌専属) 撮影協力/マザー牧場 デザイン/アティック

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE