2018.04.17

おしゃれおじさん・木梨憲武が世代の違う三吉彩花と遊ぶなら!?

「洗濯物を一緒に洗わないで」と、父親を邪険に扱っている女子は注目! 映画『いぬやしき』で父と娘を演じた木梨憲武さんと三吉彩花さんが、親子愛のアップデートを推奨!?

ジジイ選抜と娘選抜で出させていただきました(笑)

――謎の事故で機械の体になった初老のサラリーマンと、うだつの上がらない父親を軽蔑する娘。役が持つ心情をどのように捉えて演じましたか?
木梨
「夢も希望もなくなったジジイが、特殊な能力を身につけたことで人助けという〝生きがい〞を見つけたわけで。気持ちは分かりますよ。僕だって家で子どもの気を引こうとしているのに、スルーされることがあるから(笑)」
三吉「私は実生活で父親と仲良しなのですが、周囲の女子からは『加齢臭がムリ!』みたいな意見を聞くことが多くて。だから同世代を代表するつもりで演じましたが、木梨さんに冷たい言葉を浴びせるシーンは心が痛みました」
木梨「『ViVi』読者の皆さん、お父さんに優しくしてますか〜?この映画を見て、ぜひジジイ側の気持ちを理解してくださ〜い!」
三吉「ロボットになったお父さんが空を飛んだり、手で触れるだけで人の怪我を治したり……。CGを駆使した映像がリアルすぎて、一人の観客として私も引き込まれてしまいました。自分の家族や恋人など、身近な人の大切さを考え直すきっかけになる映画だと思います」

――二人は世代も性別も違いますが、撮影現場ではすぐに打ち解けることができましたか?
木梨「もちろん。待機中にはしゃいでばかりの僕に対して、三吉ちゃんはちゃんとかまってくれましたよ。一緒に焼き鳥を焼いたもんね!」
三吉「木梨さんは撮影現場での〝食〞を充実させることに意気込んでいて、『俳優が副業で焼き鳥屋が本業だから』と言っていて(笑)」
木梨「普段は寡黙な佐藤健くんも、焼き鳥は喜んで食べてくれたからね。してやったり!」

――劇中のように自分の体を機械に〝アップデート〞できるなら、どんな能力が欲しいですか?
木梨「難しいな〜。でも、やっぱりロボットになって空を飛びたいかな。渋滞を回避して一瞬でゴルフ場まで行けるからさ。ついでに、自動で玉を打ってくれる能力も欲しい。ぜんぜん、楽しくなさそうだけど(笑)」
三吉「空を飛べても、雨の日は濡れますよ?」
木梨「いやいや、音速よ!音速!雨を吹き飛ばすほどの速さで飛ぶから大丈夫!」
三吉「私は、人助けできる能力に興味がありますが、実際に使うのは怖いですよね。自分が人間ではないことを実感させられるというか……。だから私は、今のままでいいです!」
木梨「その答え、ズルくね?(笑)」

Q.二人で一緒に遊ぶなら、どこに行く?
三吉「海外旅行! 日本語も英語も通じないような国に行きたいですね。木梨さんなら、どんなハプニングが起きても楽しんで乗り切ってくれそうです」。
木梨「僕はどんな国に行っても日本語オンリーで押し通すからね。相手の目を強く見て話せば、大抵のことはなんとかなるんだよ!」

Q.お互いにプレゼントを買うなら何を選ぶ?
木梨「結局のところ、『ViVi』を渡して『何が欲しいの?』って聞くのがイチバン! ジジイ目線のプレゼントを渡すより、それがいちばん嬉しいでしょ?」。
三吉「そんなことありませんよ(笑)。私は木梨さんに総柄のセットアップをプレゼントしたいです。オシャレに着こなしてくれそうだから」

 

Q.実生活の親子関係は良好ですか?
木梨「うちは娘が15歳で、最近は落ち着いてきたけど、昔はケンカばかりしてたよ。いきなり蹴られたときは、強めにやり返したからね。グーパンチで! これは私たちの愛情表現! それでもめげずに睨み返してきてさ。僕のライバルです」。
三吉「めちゃくちゃ仲良しじゃないですか! 私は父親とお揃いのスニーカーを履くくらい仲良しです。私のお願いを何でも聞いてくれようとするので、親子の上下関係が逆転しているかもしれません(笑)」

Q.三吉さん、"木梨パパ"の印象は?
三吉「私から見た木梨さんは、生き方の理想を示してくれる存在です。バラエティ番組はもちろん、アートの活動も、俳優業も、制限がある環境で『自分なりに楽しむ』ことを忘れない姿勢を尊敬しています」。
木梨「ハイ、この後、2000円あげますね(笑)。褒めてくれたら、1回2000円が加算されるシステムだから。一緒に取材を受けることが多い佐藤健くんは、すでに1万円くらい溜まってるよ(笑)」

Q.映画のお気に入りのシーンは?
三吉「やっぱり、体が機械になった木梨さんと佐藤健さんが対決するシーンですね。私の"お父さん"がボコボコにやられてまして……」。
木梨「娘を守るために頑張ったからね。あのシーンは、健くんに殴られながら、しみじみと思ったんだよね。『かっこいい顔してるな~佐藤健!』って(笑)」

木梨さん・ジャケット¥47000、パンツ¥33000/ネペンテス(エンジニアド ガーメンツ) シャツ¥29000/ソフ(ユニフォーム・エクスペリメント) 三吉さん・ワンピース¥35000/Kiwanda.inc(Kiwanda Kiwanda)


P R O F I L E
木梨憲武 1962年3月9日生まれ。東京都出身。お笑いコンビ「とんねるず」のメンバーとして活動する一方、個展を開催するなど創作活動も精力的に行う。今年6月から約2年にわたり、ロンドンと日本各地でアート作品の個展(www.kinashiten.com/)を開く。『いぬやしき』で俳優として16年ぶりに映画主演を果たす。

三吉彩花 1996年6月18日生まれ。埼玉県出身。「ニコ☆プチ」や「Seventeen」の専属モデルを経て、現在はドラマやバラエティ番組などで幅広く活躍。女優として映画『告白』、『旅立ちの島唄~十五の春~』などに出演。
I N F O R M A T I O N
『いぬやしき』
いぬやしき
©2018「いぬやしき」製作委員会 ©奥浩哉/講談社
累計発行部数2000万部を突破する奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクション。ある日、謎の事故によって人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマン(木梨憲武)と高校生(佐藤健)が、それぞれの思いを胸に対決する。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。4月20日(金)公開! 
撮影/東京祐 スタイリスト/大久保篤志(木梨さん)、福田春美(三吉さん) ヘアメイク/北一騎(Permanent/木梨さん)、Paku☆chan(Three PEACE/三吉さん) 取材・文/浅原 聡

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE