2018.05.15

4306

『ティファニーで朝食を』の名シーンを再現したエル・ファニングが超かわいい!

ティファニーが、2018年の新広告キャンペーン「Believe In Dream」を発表。 新作のジュエリーコレクション「ティファニー ペーパーフラワー」とともに、『ティファニーで朝食を』の名シーンにオマージュを捧げた、現代版・『ティファニーで朝食を』をみることができます。スウェットパーカー姿の主演エル・ファニングが、とにかくかわいいので、要チェックです!

『ティファニーで朝食を』の名シーンが再現! エイサップ・ファーグ×エル・ファニングによる"夢"のコラボ

女優、エル・ファニングがニューヨーク五番街の、ティファニー本店のウィンドウを覗き込む、モノトーンのシーンからスタート(1961年の映画『ティファニーで朝食を』でオードリーが朝食をとりながらウィンドウを覗き込む、あの名シーンを再現しています)。

そして場面は、現代のニューヨークの音楽や、色彩あふれる夢のような世界へと変貌。流れる楽曲は、エイサップ・ファーグがオリジナルの歌詞を手掛けた、『ティファニーで朝食を』でも流れる「ムーン・リバー」のリメイク版です。

貴重なレコーディングの舞台裏のメイキング動画

自由な精神を持つ、革新的な女優とミュージシャンの組み合わせは、「ニューヨークは何でも起こりうる場所であり、ティファニーは夢が現実となる場所である」というティファニーの根本にある理想を象徴しているそう。

素敵すぎ♡ ティファニーの各コレクション×エル・ファニング

今回のキャンペーンは、新作ジュエリーコレクション「ティファニー ペーパーフラワー」と、「ティファニー T」、「ティファニー キー」、「ティファニー ハードウェア」の各コレクションのアイコニックなジュエリーを織り交ぜつつ、ニューヨークシティのクリエイティブな精神や、ティファニーの魔法を称えた内容となっています。

ハーレムから羽ばたき、夢を現実にしたエイサップ・ファーグ

「僕はハーレムの出身です。ティファニーの有名な五番街本店からは遠い場所ですが、ミッドタウンにあるハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインに通学していたため、毎日ティファニーの五番街本店の前を通って帰っていました。何年もティファニーの前を歩いて通り過ぎていただけの僕の顔や声、僕の作った歌詞が、そのブランドストーリーの一部になる日が訪れるとは夢にも思いませんでした。これこそ、現実に起きた【夢】なんです」

#TiffanyBlue,#TIFFANY&CO.,#TiffanyPaperFlowers 

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!