2018.07.18

人気ロックバンド・THE ORAL CIGARETTESにギャップ萌え♡

ViVi世代に圧倒的人気を誇るロックバンド、THE ORAL CIGARETTES。激しいサウンドと聞き流せないような深い歌詞が、聴けば聴くほどハマる! と話題です。クールなビジュアルとは裏腹に、全員関西出身ならではのトーク力の高さがギャップ萌え♡ ViVi初登場ということで、どんな人たちか探ってみました♪ ここでは、本誌未公開のカットも大公開♡

僕ら、ステージ上とオフのときのギャップが激しいです(笑)

――まずは自己紹介という意味も含めて、THE ORAL CIGARETTESはどんなバンドでしょうか?

山中拓也
「僕たちは結成当初からずっと、人間が目を背けたくなるような感情をあえて歌ってて。例えば恋愛でいうと嫉妬とかドロッとした部分も、人間らしさがあっていいよねと肯定する歌詞を書いて、サウンドはそれに反比例するような疾走感があったり、一方で爽やかなバラードもあったり。すごく幅広く楽曲を作ってるバンドなんじゃないかなと思います。メンバーのパーソナルな部分でいうと属性が分かれてて、ギターの重伸と僕は闇属性(笑)。作るものも普通じゃないっていうか偏屈で、基本暗い。いつもあきらと雅哉がボケあったりふざけあったりしてるのを僕らはシーンと見ています(笑)」
鈴木重伸「はい。2人はデキてるんかな、みたいな感じでほっといてます(笑)」
中西雅哉「いやいや、兄弟みたいな感覚なんですよ。さっきも僕が作業してたら横であきらがずっと『遊ぼうや〜、遊んでくれへんかったら出かけるで〜』って絡んできて(笑)」
あきらかにあきら「昔はかまってくれたのに、最近かまってくれないんですよ……」
山中「僕ら、ステージ上とオフのときのギャップが激しいと思います(笑)。でもステージ上でしかさらけ出せないものもあって、自分で意識して抑えてる部分の人格を歌詞に還元していくっていう側面もあるんですよね」
鈴木「そうやって拓也が書いた歌詞を見ると“俺もこういう部分持ってるよ”ってサウンドで返したくなるし刺激をもらうんです」
中西「僕は拓也の歌詞って聴いてると立ち止まりたくなるんですよね。聴き流せるような音楽とは違って、つい手を止めちゃう瞬間があるというか」
あきら「僕も拓也の歌詞が好きで“ここは言葉が強いから音をなくしてより届くようにアレンジしよう”とか、“言葉が強いからこそ俺も一緒にハモることでより覚悟が決まるよね”みたいなことを一緒に考えられるので楽しいです」

左から・あきらかにあきら(Ba/Cho) 山中拓也(Vo/Gt) 鈴木重伸(Gt) 中西雅哉(Dr)

――メンバーもリスナーも、拓也さんの歌詞の世界観のトリコ。ラブソングの中にはグサッとくるような恋愛観もあり、『Whatyouwant』の一節“きっと願い事つ叶うなら(中略)ずっと愛される人であること”に拓也さんの本質が表れている気がして探ってみると……。

山中
「ずっと愛される人っていうのは“自分らしくいる人”。この人に巻き込まれたいと思わせるくらい自分を持ってる人って魅力的で、筋が通っててブレない。最近は媚びを売るのが愛されるための手段みたいになりつつありますけど、相手が自分にアプローチせずにはいられないってくらい自分を高めておくのも大事だと思います」
――愛されるために自分を抑えてる女子には耳の痛い一言、参考になります! ところでみなさんの好きなタイプ、教えてください。

山中「僕は目のキレイな人が好きです。目ってその人が出ますよね。あとポニーテールが好き(笑)。顔まわりが出るのがいいですね。あと黒ってエロいよな?」
あきら「エロいし大人っぽい。黒い服から白くて細い腕が見えるのも好き!」
中西「僕はおでこさえ出てればいいです(笑)。相手との壁がない感じがするし」
(全員笑)
中西「服装もカジュアルなのがいいですね。露出されると恐縮しちゃうんで」
鈴木「僕はひらっとしたロングスカートが女性っぽくて好きです」

――なるほど♡では最後にViVi読者へメッセージをお願いします。

山中「音楽とファッションってすごいつながりが深いと思っていて、好きな音楽が一緒な人とは意外とファッションも共通する部分があったりするんですよね。だから、ViVi読者の中に僕らを好きと言ってくれる人がいたら嬉しいですし、音楽だけじゃなくキッカケは何でもいいんで“私と近い部分あるかも”って思ったら曲を聴いてみてください!」


P R O F I L E
THE ORAL CIGARETTES
2014年メジャーデビュー。関西圏から各地での対バンやワンマンツアー、大型フェス等で着実にファンを増やす。昨年は映画『亜人』主題歌として『BLACK MEMORY』が起用され話題に。ワンマンで日本武道館や大阪城ホールのチケットを即完させ、秋からはアリーナ4公演を含む全国ツアーを行う、人気・実力を兼ね備えた、今最も勢いのあるロックバンドです!
I N F O R M A T I O N
Kisses and Kills
Kisses and Kills
タイトルに 〝kiss〞 と 〝kill〞 という相反するワードを使ったのは、「〝静と動〞 や 〝陰と陽〞 のように相反するものを持っていてこそ人間なんだよ、というメッセージが込められています」とVocalの拓也さん。映画『亜人』主題歌の『BLACK MEMORY』はもちろん、疾走感のあるバンドサウンドに人間の本質を問うような鋭いリリックが印象的なリード曲『容姿端麗な嘘』など全10曲を収録し、彼らの人気が爆発しそうな勢いを感じられる一枚です! 発売中。¥3500(CD+DVD/初回盤)¥2800(CD/通常盤)/A-Sketch
撮影/石川淳平 取材・文/上野真由香

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE