2018.08.09

4721

マナザシ、ひんやり。“ネオ大人”顔はクールな目元がポイント

大人顔≠地味メイク! ヘア&メイクアップアーティスト・林由香里さんが、淡い色使いでも遊びを仕込んで、地味にならずに大人っぽく仕上げるメイクを教えてくれました。透明感のあるメイクで、星夏も“ネオ大人”ないい女に♡

涼しげ&キャッチーなラインがポイント

透明感~!な #大人星夏

【A】ひんやり系のパステルブルー。光を受けて輝くパールが華やか。キッカ リッドフラッシュ 02、【B】大人なローズブラウン。濃くはないけど深いカラーが立体感出しに活躍。同 03 各¥3000(8/15発売)/カネボウ化粧品 【C】この夏話題になること間違いナシのマットホワイト。プロ級のラインが描けるブラシも魅力。ディオールショウ オンステージライナー 001 ¥3600/パルファン・クリスチャン・ディオール

まぶた中央にブルーをオン​
目頭を外したアイホールの上部分に【A】をオン。キワまで塗ると腫れぼったく見えるので注意。

くすみピンクで立体感を​
目頭のみに【B】をオン。淡い色でも先に塗ったカラーとトーンが違うのでちゃんと立体感が出る。

白ラインを中央のみに​
上まぶたの黒目の横幅よりやや広めに【C】でラインを。目立つ色を少量効かせるのがおしゃれ!

シャドウは淡〜くラインは短めで大人!


≪コチラもおすすめ≫

8色のシャドウ×1色のハイライター。強く輝くパープルが今回のメイクに◎。クラシック キューティ ¥6700(限定商品)/M・A・C

【D】女っぽさも手に入るまろやかなパープル。薄くも濃くも調整自在。リリカル リップブルーム 08 ¥3500(8/8発売)/THREE

唇の中央にちょんとのせる
リップの量はたっぷりではなく、ちょっぴり。一番濃く見せたい唇の中央に【D】をちょんとのせる。

指でのばし広げる
全体に色を指で広げる。パキッと発色させると大人感が薄れるので、素の唇が透けるくらいに。


≪コチラもおすすめ≫

ややピンクより&シアーなパープル。リップ カラー R R200 ¥1200(8/1発売)、カラーケース¥800/アナ スイ コスメティックス

#大人星夏 のハイライト術

【E】白すぎない光が大人メイクには必要。肌に溶け込むようになじんで輝くシャンパンカラー。ハイライティングパウダー 5222 ¥4500/NARS JAPAN

【E】をブラシで黒目の外側くらいからこめかみまで斜めにふわっと。顔立ちがシュッとする。

Tシャツ¥990/GU クリアピアス¥3200/キャセリーニ

涼しげな色みや透ける発色で、透明感を感じさせる仕上がりを目指して。メイクの主役は白ライン。この夏注目のカラーライナーは、上まぶた中央だけにポイント的に使うと大人っぽいしこなれる!(ヘア&メイクアップアーティスト 林由香里さん)
Photo:Kentaro Kambe(model), Ryoichi Onda(still) Hair&Make-up:Yukari Hayashi(ROI) Styling:Yuka Morishima Model:Seika Furuhata(ViVi exclusive) Text:Chiharu Nakagawa Design:attik

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE