2018.08.24

愛の国の使者♡Sexy Zoneのセクシー談義。

7年間苦楽を共にしてきたSexy Zoneのメンバーたち。ケンティは言った。I Love Sexy Zone,Sexy Thank You To The Worldと――。そう、彼らは愛でできている。メンバー愛、グループ愛、自己愛、音楽への愛、仕事への愛、スタッフへの愛、ファンへの愛……。愛の国よりの使者が、読者にくれた愛のメッセージ。

女の子のコト、男の子のコト、Sexyに生きるコト……。

♥ セクシー談義

――デビュー以来、セクシー街道を驀進中のみなさんに、女の子のセクシーさについて伺います。女子のセクシーはどんなところに宿ると思いますか?

(佐藤)勝利:(即答で)絶対に〝目〞!!! 目の色とか目の動きって、その人のエネルギーとかニュアンスとか、全部が表れてると思う。

(中島)健人:それわかる! (渡辺)直美さんとか、めっちゃ目つきがセクシーだもん。俺最初、〝自己研磨力〞って答えようとしたんだけど、やめた(笑)。今の勝利の意見に一票! 人って、自分を磨き始めたら目つきが変わるものだから。

(菊池)風磨:俺も女性の流し目大好き! 目って、顔の中で唯一光を宿す場所じゃないですか。ライヴでもさ、ファンの子と目が合うんだけど、目に光があって、それがすごくキレイだなって思う。

マリウス(葉):僕のお母さん、宝塚出身なので、きっと流し目が上手だったと思います。僕はできないから、勉強しなきゃ(笑)。

勝利:頑張れマリウス! 〝CAN〞と思ったら〝DO〞するのがジャニーズだ(笑)。

健人:いいねそれ。なら、〝CAN〞と思ったら〝GO〞するのもジャニーズだ(笑)。

風磨:あとは、女性特有のセクシーさで言ったら肌。男とはやっぱり違うじゃないですか。触れた時に水っぽい感じがしたり。……あ、俺まだ触れたことないですけど(笑)。

健人:初心(うぶ)だなぁ。

(松島)聡:僕は、女の人特有の姿勢が好き。座っているときも、立っているときも、歩いているときも、色っぽいなと思う瞬間ってあるの。スニーカーを履くときとか、長い髪をヘアゴムでまとめるときとか……。「これでスタンバイOK」ってなるような、気合が入った仕草を見ると、「おおっ!」って思う(笑)。
――では、自分以外のメンバーが一番イキイキしている瞬間は?

風磨:マリウスは、日本語じゃなくて英語をしゃべってる時。なんつっても〝これ見よがし感〞がすごいから(笑)。

マリウス:そんなことない! 今は日本語を一番使っているから、日本語のほうが色々微妙なニュアンスを表現しやすいんだけど……。

健人:でも、特番(※7月1日放送の『Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか⁉』)のときの菊池風磨とマリウスの殺陣は、超カッコよかった。一瞬たりとも脱力しない、あの攻めてる感じが。

風磨:セクシーと言えば、俺らが弟子入りさせてもらった梅沢富美男さんはセクシーだったよ。本物のエンターティナーのオーラがすごかった。殺陣も、言ってみれば〝エンターテイメント〞ではあるんだけど、目に殺気があるというか……。

マリウス:聡ちゃんは、ツアーで静岡に行った時、すごくイキイキしてた。地元愛がすごいから、人って好きな場所にいると、イキイキするんだなって。僕もいつかみんなを連れてヨーロッパを回りたいな。

健人:ワールドツアーでね。それは、夢じゃなくて現実にしなきゃ。

聡:勝利くんは、ギターを弾いている時がイキイキしてる。音を奏でる佐藤勝利は、すごく真剣だし、ストイックだし、のめり込んでるよね。

マリウス:イキイキしているといえば、FIFAのときの健人くん! イキイキを超えて、もう別世界に飛んでいっちゃってた。すごいんだよ! 健人くんて、日本代表の試合から、自分たちの人生を学び取ろうとするの! どうやったらSexy Zoneが王者になれるか。そういうことを汲み取ろうとしてる。

健人:ベルギー戦の香川真司選手を観て、俺は学んだんだよね。Sexy Zoneが世界に羽ばたくためには、5人全員がファンタジスタになって、誰も想像し得ないような華麗なシュートを決められるようにならなきゃいけないってことを。でも、そんな中でもハットトリックを決めるのは俺でありたい……。何が言いたいかというと、I Love Sexy Zone,Sexy Thank You To The World(笑)!
――(笑)じゃあ次は、自分以外のメンバーがセクシーだなと思う瞬間を教えてください。

健人:勝利は、(映画の)「ブルース・ブラザース」の真似をした時。スーツを着て、サングラスをかけて、イキに決めてた。

勝利:何で知ってるんだよ(笑)! めっちゃ俺のブログ見てるじゃん(笑)!

健人:やっぱりね、人間って、その人の意外性が見えたときに感動するんだと思う。勝利は、本気で笑いを取りにいく時がセクシーだよ♡ 意外性とはちょっと違うけど、マリウスは、こういう撮影の時スーパーセクシーだよね。

聡:うん! 絵になる!

マリウス:でも、5人の中で身体付きが一番セクシーなのは風磨くんじゃない? やっぱり、鍛えている感じが……。

風磨:鍛えてねーし。ナチュラルボーンです。

マリウス:それがすごい、昼寝で筋肉がついちゃうんだもんね!

風磨:俺、昼寝筋すごいッスよ。(女性スタッフに)見ます? ……見せないよ(笑)!

マリウス:ねぇ健人くん、聡ちゃんのセクシーなところを言って。

健人:え? ない(キッパリ)。

風磨:(手を挙げて)はいはい! ……松島のセクシーなとこ? あ、ねぇわ(笑)。

マリウス:僕は……(少し考える)。

風磨:ちょっと待って。俺、言えるかもしれない……やっぱ、ねーわ(笑)。

マリウス:(困った顔で)僕、今言おうと思ったけど……。

勝利:もう時間ないから早くして!!

マリウス:えっと……。あ、本当にないです(笑)。

全員:(爆笑)

勝利:じゃあ僕が言うよ。松島は、何でも一生懸命なところ。バラエティに出て、面白くないときも多いけど、すべりそうなことでも何でも全力でやるから。

マリウス:あとは、ちょうどDVD&Blu-rayが出たばかりだから宣伝! サマパラ(※『Summer Paradise 2017』)の「Break Out My Shell」は超セクシーです! 知らない人は是非観てほしい。
――これからのSexy Zone は、どんなメッセージを観る人に手渡していきたいですか?

聡:僕らが伝えたいのは、人間誰しも〝可能性〞があるってこと。汗を流しながら、時には涙を流しても、目の前にあることを受け止めて、目の前の壁を乗り越えようと頑張っているので。

健人:たしかに。それが今僕らに出来るたった一つのことだと思う。

勝利:自分たちの気持ちとして、物事には、誰よりも熱量を持って臨みたい。どんなときも躊躇せずに全力でいたいです。

風磨:俺は、〝今〞ってことかな。常に今を全力で生きているので、僕らが大人っぽいことをするとき、「大人っぽいことは、大人になってからすればいい」っていう人もいるけど、今の僕達が背伸びをすることも意味があることなんじゃないかな。

マリウス:僕は、正直でいたい。アイドルとしてだけじゃなく、一人の人間として、心から湧き上がるメッセージを発信したい。人の気持ちを動かすのは、誰かの〝本気〞や〝本音〞だと思うから。
――最後に、セクシーになりたい読者にアドバイスを!

マリウス:自分に自信を持つこと! 自分のいいところを見つけて、ちゃんと愛すること。自分を好きになって、自信を持つと、必ずオーラが出ます。どのスターも自信があるから輝いていると思う。

勝利:僕は思うけど、「雑誌を読んでセクシーになろう」って向上心を持った時点で、女の人はセクシーだと思います。そういう気持ちが大事!

健人:まさにそれ! ViViを手に取った時点でもうセクシーは始まってるよ!

ViViの公式Twitterでは #セクゾキャンペーン やります

■ INFORMATION
2011年11月、ジャニーズ史上最年少の平均年齢14.4歳でデビュー。2013年から5年連続で紅白歌合戦に出場。2018年は彼らにとって飛躍の年。8月25~26日は、日本テレビの「24時間テレビ41」でメインパーソナリティを務める。昨夏に開催された5人のソロコン&ユニットコンが収録されたDVD&Bluray『Summer Paradise2017』が好評発売中!

#Sexy Zone に関する記事

Composition:Noriko Yoshii Text:Yoko Kikuchi

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE