2018.09.03

秋本命・ネオンカラーの上級者テク!先取りするならこの3色から♡

この秋、ネオンの濃淡グラデでコーデすると、簡単におしゃれ見え。例えばスウェットの首元や袖口、裾からレイヤードしたネオンをチラリと覗かせたり、全身を同色で揃えてグラデカラーで遊んでみたり、ネオンを差し込んだ色遊びでテク効かせると、一気にオシャレ上級者に見えます。秋は、この着こなし方を味方につければ、一目置かれる存在になること間違いなしです!

今季ネオンは、1パープル 2ピンク 3グリーンから!

簡単なのは白が混ざったような淡めカラーの“ ネオンパープル 
ネオンカラーの取り入れ方に迷っているなら、まずは淡めカラーから取り入れてみて。クリーミーなネオンパープルは、独特の強さもないし、柔らかで女の子らしい優しい印象にしてくれるので、メインのアイテムとして合わせやすいです。

パーカ¥25000/LHPWOMEN ラフォーレ原宿店(AshLey ILLIAMS) スカート¥8400/ザ・ウォールショールーム(THE FIFTHLABEL) ピアス¥1200/バブルス

肌寒い季節になったら、重宝するのがビッグフーディー。メンズっぽいカジュアル感強めな、おっきめカラーフーディーには、チェックのミニスカをあわせて女の子らしさ全開で可愛く着てみて! メンズ服を可愛く着られるのは、おしゃれな証! メイクも盛りすぎないで抜け感意識でラフな感じにね。

可愛らしい色味なのでカジュアルなアイテムで投入。左・レザーパンツ¥12000/ X-girl store(X-girl) 右・シャツ¥2990/WEGO(W♥C)

まだまだブームは健在! やっぱり着たいのが“ ネオンピンク 
女のコの代表カラーであるピンクは、甘く着ないでおもいっきりクールに着こなすのが今っぽい。トレンド大本命のカラーパンツもこんなネオンピンクなら人と被らないはず。今ピンクを着るなら、ちょい攻めた感じがちょうどいい。結局ピンクは女のコの味方だから、最低限の可愛さはキープしてくれるしね。

ワイドパンツ¥10900、デニムジャケット¥10900/QUSSIO タンクトップ¥1940/STYLENANDA 原宿シューズ¥12800/EMODAルミネエスト新宿店

ダボっとしたカジュアルすぎるワイドパンツも、ネオンピンクなら女の子らしさをアピールできる。全体がルーズなシルエットなので、足元は黒の厚底ローファーで重ためにするのがポイント。

左・ライダース¥10000/jóuetie 右・キャミワンピ¥13900/QUSSIO

甘めにも辛めにもしっくりくる万能カラー“ ネオングリーン 
着てみたら意外と肌に馴染んでどんなコーデにも合わせやすいのがビビッドなネオングリーン。辛口にも甘口にも使えるグリーンは、いろんな表情を見せてくれる優秀色。色選びに迷ったらグリーンから始めてみるのもいいかも! きっと頼れる一色になるはず。

ニットトップス¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY) レザーキャミワンピ¥20800/lilLillyTOKYO(lilLilly) イヤリング¥2000/OK ソックス¥1000/ぽこ・あ・ぽこ渋谷109店 サンダル¥14800/YELLO

ワンピースの中のレイヤードニットもネオンを選んで。グリーンなら、ちょっと攻めてるレザーワンピでもしっくりくる。さらにカラーをプラスするなら、グリーンと相性の良いパープルをソックスであわせるのが簡単。

コーデに映える攻めのネオンを選んで。左・ロンT¥6800/CandyStripper 右・フレア
パンツ¥8500/X-girlstore(X-girl)

(左・EJ)中に着たトップス¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY) スカート¥9000/X-girl store(X-girl) パーカ¥5990/GYDA ルミネエスト新宿店 ブーツ¥32000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン)
(中央・Alissa)トップス¥5600/ココディール 巻いたアウター¥8900/ムルーア 新宿ルミネエスト店 パンツ¥13800、ソックス¥2000/STUSSY JAPAN(STÜSSY) サンダル¥12800/YELLO
(右・miu)スウェット¥12500、中に着たシャツ¥14800/STUSSY JAPAN(STÜSSY) スカート¥7000/jóuetie ピアス(3個セット)¥741/クレアーズ原宿駅前店

取り入れるにはちょっと勇気のいるネオンカラーも、ぐっと着やすくなるテクニック。参考にして、トライしてみよう!
Photos:Ko-ta shouji Styling:Kana Tanaka Hair&Make-up:Rei Fukuoka(TRON) Model:Alissa Yagi,Emma Jasmine,miu(ViVi exclusive) Composition:Mayuko Kobayashi Design:Shinji Honda

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE